メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装神姫のリン
第12,5話「進化の予兆」
これは俺とリンが小さな挑戦者を迎える前日の話である。


「う~ん……これはダメか」
「ダメですねぇ」
「じゃあ、こっちは?」
「コレもちょっと違和感が…」
「あーーー これで終わりか……」
俺とリンは戦闘スタイル、技に変化をつけるべくエルゴに行ったのだが、良いものが無く結局流通向けの神姫向け装備のカタログに目を通しきってしまった…

「だめかな??」
店長が話しかけてくる。
このエルゴの品ぞろえの豊富さ(数もさることながら厳選されていて、かつ比較的リーズナブルな品)を持ってさえ解決のしようが無い。

今回のお目当ては「空戦装備」
セカンドリーグともなると空を飛べないというストラーフでは当たり前のことでさえ戦闘での不安要素になってしまう。
例えばホーミングミサイルを次々と避けるのはステップだけではどうしても限界がある。
結果、ミサイルや射撃武器を扱う「やり手」が相手の場合は5割の確率でこっちが距離を詰める前に結構なダメージを負ってしまう。
なので思い切って飛行できるパーツを追加しようと思ったんだけど…カタログにはリンの好みに合うパーツが無かった。
アーンヴァルのユニットは直線方向には絶大な推進力を誇るがどうしてもユニットが大きめになるうえ、熟練しない限り小回りは期待できない。
今までのリンのスタイルはレッグユニットのばねを生かしたステップや宙返りなどで敵を翻弄する戦い方だ。
だから空戦でも膨大な推進力が必要なわけではなく、どちらかというとジャンプを補助する瞬間的な加速だ。
なので既存のパーツでは条件に合うものが無いという現状だ。
まあ個人ディーラー系なら条件に見合ったパーツも見つかるかもしれないが、高価だし破損時の保証が無い。
保障があれば格安で修理してもらえるが、保証がないと修理でも新品の6割ほどのお金が掛かる。これはリーグで闘う上で重要だった。

「う~んなかなか無いものだね~ 普通にコレをいれば見つかると思ったんだけど…」
店長もあきらめムードだった。
俺も朝から何時間もカタログとにらめっこを続けていたためか、結構肩がこってたりする。
まあそこは今リンがほぐしてくれてるんだけど
「今回はあきらめて改めてネットで情報収集してはいかがですか?」
肩のコリをひざた足を使ってほぐしながらリンが提案する。
「まあ、しょうがないか…」
そうしてエルゴを後にした。

とソコに電話が。表示を見ると係長と出ている。今日は休みなんだけどな。と思いつつ通話ボタンを押した。
「はい、藤堂です。」
「お、今日は早いな。」
「用件はなんでしょうか?」
「ああ、先日君が契約を取り付けた会社なんだが、君の提案したユニット内部のパーツだけじゃなくて神姫の装備品販売も視野に入れているとことらしい。で近々もう1度君と話をしたいそうだ」
「そうですか…分かりました。どうも」
何気なく電話を切りそうになったが俺はそこでピンと来た。
「あ、すみませんけどあちらさんの会社の方がいまそっちにいたりするんでしょうかね?」
「ああ、電話じゃなくて直接ウチの来てくれたよ。で君が休みでちょっと落胆してるな」
「分かりました30分ほどで行きますので、すみませんがよろしくお願いします」
「おい、来るのか? 仕事熱心だねぇ わかった伝えておくよ」
いそいで電話を切ると俺はリンを連れて走り出した。

そうしてすぐさま家に帰って、スーパーに出かけてる茉莉とティアにメモを残し、スーツに着替えてリンにはフォーマルっぽい服を着せて愛車を駆って会社へ向かった。
高速を使って会社へは20分ほどで到着。

そして俺は取引先にあるプランを持ちかける。
それは「島田重工製MMSの強化ユニット販売」だった。
具体的にはアーンヴァルとストラーフに一番効果の出る強化ユニットを製造し島田重工のライセンスをもらって販売するというわけだ。
島田重工の承認があればかなり大規模な展開が可能である。たしかに承認を取り付けるのは難しいと思うができればそれは大きな力になる。
強化ユニットの案はかなりの数が頭の中にあった。
というのもバトルをはじめてからというもの、エルゴに行く前から量販店では必ずリンに合うパーツを探すことを日課としていたためだった。
まあ捜索の結果は毎回散々だったけど…

この強化ユニットのプランを取引先も善処するということで今日は話を終えた。





その数日後、小さな挑戦者たちに初めて「烈空」を破られてしまった俺たちはトレーニングに励んでいた。
リンに向かって無数のミサイルが飛来する。
しかしリンは銃はおろかナイフ1本でさえ持っていない。
「そこ、バックステップから跳躍!」
「はい!」
「ランダムに連続ステップ!」
「!」
「そこだ、さいたまっは!!」
「ええぃい!!」
ディスプレイ上にはミサイルの着弾ギリギリから地面を滑るかの様に移動するリンの姿。ミサイルは誘導が切れて地面に着弾。次々と誘爆していった。
そうだ、次に俺たちが目指したのはあるアーケードゲームのテクニック。
その名も「さいたまっは」
詳しい説明は割愛しようw
現状の装備で敵のミサイル等の誘導の高い攻撃をできるだけ回避するために会得した技術だ。
まあこれはバーチャル限定なんだけど…セカンドなら通用すると思う。

そこに電話が、相手は取引先
「もしもし、藤堂ですが…」
「休暇中にいきなりですみません。」
「いえいえ、で話とは?」
「あの件なんですが…話はけっこうすんありと行きまして、島田重工さんはトライアルにあなたの神姫を使いたいそうです。」
「な、本当ですか?」
「はい、なんでも強化パーツは島田さん所でも近々プランを立ち上げようとしていた所だったらしいです。で強化のコンセプトもほぼ同じらしくトライアルで結果が出せれば藤堂さんのプランをそのまま採用するとのことです」
「分かりました、近く返答をしますと伝えてください」
俺は震えを押さえて電話を切った
「マスター?」
俺の様子を不思議に思ったリンが首をかしげる。
俺はそんなリンをいきなり抱きしめた。
「ちょっ、い、いきなりはダメですぅ」
「すまない、舞い上がっちゃって」
「で、なんだったんですか?」
「ああ、リンにも空が飛べるようになるって」
「本当ですか! でも飛ぶだけなら…」
「安心しろ。お前…というかストラーフに合った高機動型のユニットだ。」
「でもトライアルって」
「俺はリンのことを信じてる。お前も俺を信じてくれれば必ず結果は出るさ」
「マスター」
「明日からがんばるぞ!!」
「はい!」

そうして日が暮れていく中を俺はリン肩に乗せて歩く。
しかしそのパーツを別の場所で使うことになるとは、俺たちはそのときは全く考えもしなかったのだ。
燐の13 「進攻」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー