メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そのじゅうご・ひとつめ「さあ反撃の狼煙を上げろ・1――いまはおやすみ――」


「――くうぅぅぅぅぅっっっっっっっっ……出来たあぁぁぁぁーー!!」
「出来たですよぉぉぉぉーー♪」
 日曜日の早朝、雄叫びを上げる一人と一体。はっきり言って近所迷惑。
 何しろまだビックリマン(一体幾度目のリメイクか!)すらやっていない時間だから、迷惑千万甚だしい。
 僕らの声に反応し、夜も明けぬ空の下近所の犬の遠吠えが木霊する。
 ……さすがに控えよう。
「早速取り付けてみようか」
「ハイですぅぅぅぅぅ♪」
 ティキも僕と同じく少しハイになってるみたいだ。
「と言いたいところだけど、まだこんな時間だし、少し仮眠とらせて。今日中に絶対試運転とバトルもやるから……」
「えうぅぅ、仕方ないですぅ。ここはティキが我慢してあげるのですよぉ~」
「ホッホッホ、そうしてくれるとありがたい」
 なんだか僕もティキもおかしなテンションのまま、兎に角仮眠を取る事に決定。
「悪いけど、ティキはそのままクレイドルで寝てね。さすがに充電しとかないと拙いから」
「仕方ないですねぇ~。今日は我慢するですよぉ♪」
 僕のうちにあるクレイドルはベッド兼用の高価なものではなく、純粋に機能のみしか目的とされたものだから、ティキには酷く使い勝手が悪いらしい。
 その代わりに別にベッドを用意してあるのだけど、ソレはそれで不便だったりする。
 金銭面だけで言ってしまえば、ウチみたいなスタイルの方がお得なんだけど、神姫にとってもオーナーにとっても不評だと言うのはうなずける話だ。
 だからこそ、神姫がリラックスできるような商品が売れているわけだけれども。
「それじゃあ、おやすみ。また後でね」
「おやすみですよぉ☆」
 そういって僕はティキをクレイドルにセットした。
 ティキの意識がなくなる。
 それを確認し、僕はとりあえず今感じている空腹をどうにかしようと、台所に向かった。
 ……これがトラブルのキッカケになるなんて、その時はまるで思っていなかったんだけど。
 台所に行き、僕は食パンを一枚取り出す。
 本来僕はご飯党なのだけど、さすがに寝る寸前に満腹になるまで食べるわけには行かないので、薄いパン一枚と牛乳で空腹を紛らわした。
 トイレに行き、歯を磨き終える頃になると、さすがにもう眠くて眠くて。
 僕はすでに思考能力を半減させていて、本当にそのままベッドに潜り込んだ。
 なんか忘れてる気もするけど……
 だけど、ま、いいか。
 おやすみなさーい♪



 今回の新装備を完成させるにあたって、僕は色々と人に頼ってばかりいた。
 僕の力なんて小さなもので、そんな僕一人でこの装備を完成させる事なんて、夢のまた夢。
 自分に対して過大評価をしないようにした僕は、それでも必要以上に自分を貶めたりもしない。つまり、自分にそれだけの力が無い事は事実でしかなく。
 僕は天才でも無いし、それ以上に専門的な知識も無いから、頼れるものには頼らざるを得ない。
 だからジイ様とエルゴの店長さんにジェニーさん、そしておまけで日記を残してくれていた親父には感謝している。
 事の起こりはやはり親父の日記だったりする。
 なんだかんだ言っても僕は親父の日記を頼りにしていたし、それに答えるだけの知識を親父は持ち合わせていたから、たとえ大人として問題があったとしてもありがたいと思える。
 親父が生きていた頃は、こんな風に親父に頼ったりしなかった。考えてみると、それはとても親不孝だったと思う。
 ……今更、なんだけど。
 兎に角、親父の残した日記と同じフォルダの中にあった『ティキ武装強化案』なるファイルを発見できた事が第一の取っ掛かりで、これを発見できていなければティキの新装備は違ったものになっていたはずだ。
 少なくとも、新規飛行ユニットに移行するという選択肢は僕の中にはなかったんだから……

終える / もどる / つづく!




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー