メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 もう飼わない、そう決めてたんだけどな……

 その日はふと思い立って、何時もの帰り道とは違う道を選んでみたんだけども、
その見慣れぬ通りにあった何かのお店はとても賑やかで活気に溢れてて。
 少し寂しかったんだと、だからなんだと思う、気づくと中に入って店内の一際大きなスクリーンを眺めていたのは。
そこに映し出されていたその娘達は、機械とは思えないほどに、とても輝いて見えて……


 家路に着く私の手には1つの大きな箱


 そのお店からそう遠くない我が家に帰り着く、玄関を開けると……ううん、いるわけない。
出迎えてくれるあのコはもういないんだから・・・・・・・
居間に落ち着いてから、箱をテーブルに置いて、説明書とにらめっこしつつ開封していく。
衝動買いのコレのことはさっぱりわからないから、説明書の専門用語みたいなのを拾うだけでも手一杯。
……へぇ、武装神姫って言うんだ。
ふむふむ……バトルやドレスアップなんかも……、
「あ……この娘猫型なんだ……」
いけないいけない、もう結構経ってるのにこの位で思い出してちゃね。
ええと開封したら自動的に起動するってあるから、早速起動させて
「あれ、いない……・?」
 そこにはもぬけの殻になった箱が。
箱開けた時は間違いなくあったのに。説明書読みながら開けてたし、説明書に気を取られてるうちに勝手に起動しちゃったのかな、
でも説明書にはまずマスター登録が必須だって書いてあるのになんでだろう……?

             ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ねむいの……ねむいの……でも起きなきゃって、誰かが呼んでる気がするの……
「……・んぅ」
目を覚ますとそこは知らない天井、しらない部屋、眠る前にみた無機質なとことはみんな違う感じで、
目の前にいる女の人はなにかブツブツ言ってて……
「武装神姫って言うんだ……ふぅん、へぇぇ……」目がなんかマジで、

こ、こわいのっ!

武装神姫はバッ、と起きあがると、まるで本物の猫のようにテーブルから飛び降り、一目散に駆け出してく。
(うぅ、何処でもいいから隠れなきゃ。なんか怖いの!)

             ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

軽く居間を探してみたけれども、みあたらない、ドアはちょっと改造しちゃってあるのでこの部屋にはもういないかな。
玄関も窓も鍵は閉まってるから、外に出ちゃったって事はなさそう。
でもおもちゃの考えなんて……ネコ型おもちゃ……猫
「あ」
ふと気づいて、ドアを乱暴に開け飛び出し、あの部屋に向かって一目散にパタパタと駆けていく。
「そうよね、あのコだったら……」


「ひっく……ひっく……」
「ふふ、ここにいたんだ、怖がらないで出てきて、ね?」
やっぱりここにいた。あのコとおんなじ私の部屋ベッドの下、怖がったりするといつもここに……
そっと手を差し伸べる 「あ、痛っ……。ごめんね、びっくりしちゃったかな?」
ちょっと指先を噛まれちゃったけど、髪を優しく撫でてあげるとちょっとづつだけど、泣いてる顔を上げてくれて。
「怒ら……ない……?」
「どうして?」
「だって……逃げちゃったし、それに傷……」
「んーん、全然。それより私はキミが泣いてることの方が嫌かな?」
指先で、そぉっと涙を拭ってあげると、にぱぁと笑いかけてくれた気がして。
「うん、泣かないように……・するの。……あ、血が出てきてる、の」
私の指先にキスをするように、チロチロと傷を舐めてくれた。
それが私たちの始まりの鐘、だったのかな。

「あ、そうだ……コレ、あげるね」
ポケットから取り出したのは、可愛いリボンと大きな鈴のついた首輪。
それはとても大切な(だった)私の(あのコの)
「うにゃ?……わぁ、おっきな鈴だぁ♪ありがと~!」
大切な誓いの印。
「よろしくね、私の新しい同居人さん。私の名前は―」


 *数日後

「にゃはははは!ここまでおいでー♪」
「こらー!待ちなさーい!」
部屋中元気に(物を散乱、破壊しつつ)飛び回っているあの娘と、それを止めようとして追いかけるももうヘロヘロな私。
あの娘はすっかり元気になったみたい。あとでそれとなく聞いたら、どうも説明書を読む時にかけていた瓶底眼鏡が怖かったらしい。
……ちょっと気にしてるのに、ぐすん

こねこの飼い方1,5

「んぅー、名前?」
「そそ、キミの名前何にしようかと思って、ね」
その娘は涙の跡を手でくしくしと擦りながら。
今は寝室から居間へと戻って、向かい合いながら座って改めて自己紹介の最中で
「あ、でも名前を名乗る時はまず自分からだよね、さっきはバタバタしてたしもう一度、
私は風見美砂、17の学生。呼び名は好きに呼んでいいよ。あ、ちなみに両親は海外出張中でこの家には私一人だけだから、
自由にくつろいでいいからね」
「はぁい、よろしくなの~みさにゃん☆」
「にゃん……ま、まぁいいか、あはははは…」
ううぅ、その愛くるしい顔でにぱぁと笑われながら言われたら何も言い返せないよっ。
「で。本題なんだけどキミの名前は何にしようか、それとも自分で考えてみる?」
「うん、考えてみるっ♪」
目をくりくりさせながら元気よくバンザーイをして答える姿は、「おっ持ち帰りぃ~♪」とか叫びだしたくなりそうで…何考えてるの私はっ!
なんて思ってると、う~んう~んと唸り出して考え始めたみたい。
ふふ、やっぱり可愛らしいなあ。口をツンと尖らして、顔まで真っ赤にしちゃって、そうそう頭から蒸気が・・・・・・え、蒸気!?
…バタ
「はぅぅぅ~~~」
「ちょ、大丈夫!? あちっ!?」
この娘は目をくるくるさせながら大の字にひっくり返ってしまい、思わず抱き上げようと触れた途端その熱さにびっくりしてしまう。
うぅん、可愛いやら大変やら…、結局その後は氷のうで冷やしてあげて、
気がついたら壊れてないか調べたりとドタバタのうちに夜になってしまいました。

「みさにゃん…ごめんね」
「うぅん。謝らなくていいから、明日には元気になろうね」
ハンドタオルやレースのハンカチでとりあえず作ってあげたベッドに寝かせてあげると、多少落ち着いてきたようで、指で撫でてあげると
ゴロゴロと甘えた表情で指にじゃれてきて、こちらまで嬉しくなるような表情を見せてくれる。
「ね、やっぱり名前は私が…」
「あ、そうなの名前!名前ちゃんと考えたのっ。 …あのね、笑ったりしないで聞いてくれる?」
天使の笑顔を見せてくれるかと思えば、すぐにしょんぼりした顔になっちゃって、でもそんなこの娘が。
「絶対、キミが自分でつけた名前だもの」
そう、名前は自分の存在を示すもの。他の誰でもない1人だけの自分自身として。

「あたしの名前は~<ねここ>、なのっ!」


 こねこの飼い方はこれにておしまい。

ねここの飼い方になるのですから





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー