メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注意


この話は相当過激な内容が含まれています。
たぶんのwikiに掲載されるSSのの中でも1番非道であろう人間が登場します。
なので下記の注意を熟読し、覚悟を置いてからご覧ください。


その1、神姫に対する第12話以上の暴力描写が出ます。

その2、ある地域の集団の姿が描かれますがこれは実在の団体、組織は関係なく全くのフィクションです。

その3、ある意味究極に近い残虐、犯罪表現があるので自分的に18禁レーティングでも掲載してよいものか?と考えさせられました。でもあえてのせます。
倫理的問題があれば即刻削除しますので厳しい目でコメント等での連絡お願いします。

その4、今回の話は読まなくても本編の話の筋に支障はありません。
なのでこういった表現のお嫌いな方、呼んでいる途中で気分を悪くされた方は即刻ブラウザの戻るボタンを押してください。

その5(これは見なくても全く問題ありません)、この話のセリフは全て外国語だと思ってください。まあ吹き替えなイメージで。



武装神姫のリン
インタールード1「煉獄」

中央アジアの某国の中心都市。
そこは第2次世界大戦後の日本を再現するかの様な高度経済成長を遂げ、今では高さが数百メートルを超えるビルが立ち並ぶ。
しかしその一方で犯罪の種類も多様になった。
貧富の差もいっそう激しくなりダウンタウンでは暴動や強盗、略奪が繰り返される。
そんなダウンタウンでも通常はこういった街で力をもつであろうチンピラやギャングといった集団でさえ深夜は人が寄り付かない場所がある。
それは寂れた5階建てのビル。
20世紀の末に建設されてであろうソレの外装は酸性雨やその他もろもろの影響ではがれ、所により鉄筋のフレームが買垣間見える。
そんなビルの1階だけが外装を交換され、バーらしき看板を構えている。
もちろん昼間は普通にバーとして利用されるし客のタイプも多様だ。
しかし深夜は昼の様子がうそのようにドア部分には大きな鉄の格子、いやそれは正に網。隙間は数センチしかなくドアの元の色がかくれるぐらいだった…それがが出現し、黒服の男が門前を固めた。


午後10時を回った頃。
大き目のハイヤーが乗り付け、ドアが開く。
そこからはかなり美形といえるであろう男が現れた。
彼はその国で人気のファッション誌のトップモデルであり、正にスターというのにふさわしい。
そんな男がなぜこんな所にくるのか?
男は黒服にメダルを見せる。それは"契約者"である証。
それを見ると黒服は懐から無線機らしき端末を取り出して報告。
そうしてやっと鉄の格子が地面へ吸い込まれるように身を潜めた。
男はドアをくぐり、昼は隠されている地下へ続く階段を下り、地下室にたどり着く。

ソコには数人の同じくアジア系の男が数人いた。そのなかのリーダー格であろう男が"客"に声をかけた。
「いらっしゃいませ」
「やあ、今日も来ちゃったよ」
「いえいえ、貴方様はお得意様ですから。大歓迎ですよ」
会話は数秒。
そして"客"から男に大量の紙幣が渡される。
「確かに、3回分ですね」
「ああ、今日も3時間たっぷりと楽しませてもらうよ」

そうして男はその先にある個室へ入る。
ソコには3つのベッドと女性の体が、しかしそれは本物ではない。
『ドール』とよばれ、AIを搭載した擬似的にSEXを行うための機械。今で言えばゲームに出てくるようなアンドロイドに近い。
が、法律の網をくぐるギリギリの物品のために日本製ロボのような本物に近い感情表現は出来ない。
ただ男性の興奮を促す動きをするだけだった。
それがベッドに横たわっている。
しかし先ほど男が払った金額はそのアンドロイドが普通に1体、それ以上は買える金額だ、ならなぜ?


「あ……!!!」
突然ソレが声を上げる。確かに音声を発することも可能だが、この声の震えは明らかに恐怖を感じているときにしか出ない声だった。
「今日も君が1番かいいねえ、ここは客の趣向を良くわかってる」
男が擬体に触れる。
「やめ……やぁ…!!」
「うーん、反応が実にいい。こんな身体だというのに、クックック」
男が触れた擬体は明らかに成人女性のモノとは違う。
どう見てもそれは少女そのものと言えるサイズである。
そしてその擬体の頭部は無く、そこには人間の頭部と同じほどのサイズの基盤、そして基盤の上のマットには本来この国では販売されていないはずの神姫-ハウリンタイプが体中に基盤から出たコードをつながれ拘束されている。
即ち…極限に生に近い感覚を男性に感じさせるようにアンドロイドの擬体につなげたのだ、神姫の頭脳、そして体の全ての感覚を。

「やだ、やめてよ、やめてえ!!!」
ハウリンがマット上で手足を動かす、だが擬体は動かない。
神姫側からの命令は受け付けないからだった。
「うるさいよ、今夜も俺に犯され、尽くすんだ。」
「ヒィ!!!!!!」
おもむろに擬体の局部、まだ二次性徴さえ起こしていない形状、サイズ。
スリットにしか見えないそれを無理やり両手で広げ、指を突っ込む。
「ヒグギュィ!!」
もちろん男はローション等は使用していない。

そのためハウリンを通常のバトルでは経験しえない激しい痛みが襲う。
「まだまだ、泣くには早いよ」
モデルの仕事の際には決して見せないであろう歪んだ笑顔で言葉を返す男。
「ほら、もう濡れてきた。反応がはやくて助かるよ」
そして男が指を引き抜く。そこには微量ではあるが愛液に似た液体が糸を引いていた。

「あ…ぅぅう」
「もう十分だろう?さあ、挿れるよ」
「そ…んな、まだ」
無言で男は先ほどと同じように全くの加減もなしにそそりたった一物をドールのそれに無理やりに挿入した。

「あ!!ああぐぅいうううううう!!」
悲鳴というにもあまりに悲壮な声を上げるハウリン。
男のモノはその穴には大きすぎる。
もちろんドールはそういった問題もクリア出来る。
「ピッ」
処女膜を貫くのとは違う、明らかに肉を裂く音が聞こえた。
「あぁaaaaaa………!!!!!!!!!!」
その音を聞いても動じず、そのまま男は無言でピストン運動を始めた。
個室に神姫の小さな口からは想像も出来ないボリュームの悲鳴が木霊す。

そう、この擬体の局部上面には小さな切れ目が入っており、限界を超えるとそれにあわせて身が裂けるように調整されていた。
その痛みは戦闘でも決して感じることがありえない、人間の少女ならその痛みに耐え切れずほとんどの場合ショック死、もしくは失血死するからだ。
そんな痛みを安全装置の解除で強制的に覚醒させられ続け、意識を途切れさせることを許されず感じさせられ続けるハウリン。
彼女の"痛み"を彼女以外の誰がわかってあげられるだろうか?
確かに幼女愛好の趣味を持ち、それがエスカレートして犯罪に手を染める者もいるだろう。だがそれは相当なリスクを伴うことであり、捕まればほぼ刑務所からは一生出られない。
しかしこのケースどうだろうか?
神姫はあくまで玩具。おもちゃの部類で感情がどれだけ豊かだろうが「人権」といった物は彼女たちには認められない。
なら、神姫と無理やりに性交を行うことは犯罪でありえるか?
答えはNo。

もちろんこの小説の主人公である藤堂 亮輔とリンが直接繋がると言う事象はありえない。確立はゼロである。
身体のサイズをこのような15cmサイズに決定したのは、かわいらしさもあるがマスターと神姫が直接交わることが出来ないようにという意味もある。
それは神姫を開発した科学者たちが課した"けじめ"である。

それをこのような方法で回避すると言うのは思いつかないことは無いだろう。
だがこのドール自体日本には流通しない。
大きさの問題でなんとかアジアの闇ルートで流通するのみだ。だから間違ってもこのような事態が日本国内で起こることは無い。

このハウリンも少なくとも日本で流通するものとは言語系統が違う。
多分欧米諸国で販売されているモデルであろうと推測される。


「んkdんすぁhgりわんrgん・kにいkぃぃ!!!!」
ハウリンの人工脳にあふれる情報の種類。それは痛覚。
普通のマスターの元に行けば、もしくは多少は人格の歪んだオーナーでもここまでひどい行いはなかっただろう。

腕や足が千切れたなら反対の手足で動けばいい。
たとえ腹に風穴を開けられてでもこのハウリンは素体が動く限り平然と戦闘を続けられるのではないか?
そう予想してしまうほど、ハウリンの感じるソレは強く、激しい。
絶えず与えられる痛覚情報の連続処理によって、人工脳の限界を超えてオーバーヒート寸前のハウリンの頭部から煙が漏れてきた。
「ふぅ!!! そろそろか!!」
それを確認して男はそれまででも常人であれば十分に快感を得、絶頂を迎えるであろう頻度のピストンの速度をさらに上げた。
「荷shフェウw場ウgrジェ苗wkgんrかん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ggkくぁ」
彼女の痛みを表す言葉がもしあるとしたら、それは地獄の業火、"煉獄"。これしか思い当たる節は無い。
そうして完全な機能停止、もしくは完全に人工脳が焼きつき、壊れる寸前なのを知ってか知らずか、それでも男のピストン運動は止まらない。

「くっ、ハッッ!!」
そうしてやっとのことで男は1回目の射精を迎えた。
少女の身体を模した擬体の内部で水風船を破裂させたかのような勢いで濁液が放出され、すぐに許容量を超えて隙間からあふれ出す。

そうして開放されたハウリン。
だが男は部屋の奥、カーテンを開ける。
ソコには成人女性のサイズのドールが同じ体勢で待機しており、その頭部には同じようにアーンヴァルタイプの神姫が接続されていた。

「k、きゃぁああああああ!!」
アーンヴァルは男を確認したとたんに発狂したかのような悲鳴に近い絶叫をあげてオーバーヒート。頭部からはすでに先のハウリンと同じような焦げた臭いがした。
中枢ではないが、内部回路がいかれたらしい。

男は"店主"を呼ぶ
「おい、"教育"がなってないな。俺を見ただけでコレだ…」
「もうしわけございません、なにぶん前回の記憶がトラウマになっているらしく…」
「いいから代わりをよこせ、まだ1発目なんだ」
「はい、ただいま…」

そうして部屋を後にする"店主"
「ふん、幼女愛好趣味で極上のサディスティック。最低の性癖を持つ野郎だ、だが最高級の金づるだ。しっかりサービスはしておくことにしよう」
そう階段を上りつつ呟いた。

そうして"客"は神姫との擬似性交を楽しむ。
そうして予定の3時間が過ぎようとしたころ。
"店主"は予想もしない連絡を受ける。
それは

「本部サーバー中枢に大部隊での神姫による襲撃アリ、至急帰還求む、繰り返す……」

そう、SSFとリン・ティアをはじめとした神姫犯罪を憎む者、職として、または信念を持って正義を振りかざす者。
それら全てが彼ら、「べーオウルフ」を裁きにやってきた。
そしてその部隊の一部はその"バー"をもすでに包囲していることを"客"はおろか、"店主"をはじめとした「べーオウルフ」メンバーさえも気付いていなかったのだ…

第13話へ続く
TOPへ




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー