メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そのじゅうよん「そして明日は笑おう」



「ティキ。いつまでもそんな所にハマってると、大好きなフィナンシェとマドレーヌがなくなっちゃうよ?」
 僕は本棚の、本と本の隙間で僕に背を向けて体育座りしているティキに声をかける。
 僕の部屋のテーブルの上には、ティキお気に入りの洋菓子と、温かいロイヤルミルクティーが用意してあった。
 しかし当のティキの返事はと言うと、
「……要らないのですよぉ」
 ……餌付け失敗、か?
 あの日の敗北以来、ティキは時折唐突にこんな風に落ち込む。
 思い出しては、その度に自身の不甲斐なさを噛み締めている様だ。
 そしてそれは僕も同じなのだけれども。
「そっ……か。じゃあ仕方ない。これは全部僕がいただくと言う事で」
 僕はそう言って洋菓子に手をつけようとする。

 がたっ

 本棚から聞こえるその音に、僕は笑みを浮かべて手にした洋菓子を音がした方向へ差し出した。
「無理が持続しないなら、最初から素直になろうね」
「うにゅぅぅぅ~~~~ わかったですよぉ~」
 しおしおと本棚から這い出てきたティキは、テーブルの上まで器用に色々と伝ってやってくると、ちょこんと音がしそうなくらい可愛らしく座る。
 ティキがそうすることがわかっていた僕は、ティキが座った事を確認し、手に持った洋菓子を改めてティキに差し出す。
 ティキは不機嫌そうな顔を隠すわけでもなく、黙ってその洋菓子を食べ始めた。
「……食べる時くらいは笑って食べようよ」
 無駄な事は分かりきっているけど、それでも僕はティキに笑う事を薦める。
 それに対し、もぐもぐと咀嚼しながらあっさりと無視を決め込んでくれた。
 ……武装神姫ってのはオーナーの指示には従うものだろうに。
 でも実際のところ、彼女たちにも擬似的とは言え意思があるわけだから、オーナーの全ての欲求に答える事は出来ないんだろうと僕は思っている。
 感情、意思がそこに存在する限り、常に命令に従っていては彼女達自身にストレスが生じるわけで。
 大体、オーナーと呼ばれるものが人間である限り、矛盾を内包しない命令を与え続ける事は出来はしない。
 そんな負荷や矛盾からの安全装置として、『非絶対服従』が用意されていると僕は思っている。……あくまでも個人的な考えで、実際はそんなもの無いのかもしれないけど。
 でも、もし『絶対服従』が根底に存在しているなら、神姫達にはなぜ感情があるのか?
 完全に命令を遂行する為の機械でいいのなら、もちろん感情なんてものは障害にしか成りえない。
 感情や意思がある事で柔軟な対応を求めるのであれば、絶対服従なんてありうるはずも無い。
 しかし現実にはオーナーの命令に逆らえず、違法改造とかを受けてしまう神姫も居る訳で。
 ……なんだか話がそれた。
「お……おいしいね」
 無駄な努力を繰り返す僕。こういう時、女の子の扱いに慣れる人ならどんな行動を起こすんだろうか?
 だけど生憎と僕は、女の子の扱いに疎い一高校生で、その手合いの経験が圧倒的に不足している。付き合った女の子に一切手を出せないくらいに。
「マスタ」
「はい?」
「こういう時は黙って見守って欲しいのですよぉ」
「……ハイ」
 神姫に諭されるオーナーって一体……
 って、僕なんだけど。
「……………………」
「……………………」
「……………………」
「……………………」
「……マスタ、こういう時は慰めて欲しいものなのですよぉ~」
 ……なんて理不尽な!!
 もちろんそんな事口に出したりしないけど。
「あー、なんて言うか、元気出せ?」
「心がこもっていないですぅ」
「ソンナコトナイデスヨ、マゴコロイッパイデス」
「なんで棒読みですかぁ?」
「それはね、牛肉が入っているからだよ」
「そんな昔の、しかもマイナーなCMネタ、誰もわからないですよぉ?」
「そんなツッコミが素敵なキミにはこのお菓子をあげよう」
「元々テーブルにあったのですよぅ」
「いやぁ、やっぱりフィナンシェはセブ○イレブ○に限るよね」
「誤魔化すにしてもミエミエ過ぎですぅ」
「イヤだなぁ、ティキ。まるで僕に誠意が無いみたいじゃないか」
「今まで一緒にいて、今が一番誠意が感じられないですよぉ!」
「それはきっとティキの瞳が曇っているからさ」
「今曇っているのはきっとマスタの性根ですぅ!!」
「そこまで言うと僕が可哀想でしょ?」
「自分で自分のことを可哀想って言っても説得力無いですよぉ!?」
「そうだね。……だからティキも自分が可哀想だなんて思っちゃダメだよ」
「――!!」
 何も言えないティキ。
 言葉を続ける僕。
「負けた事に対する悔しさも、それに囚われてるばかりじゃ意味が無いよ。だから…… だから僕達はその悔しさを糧にしよう。時には立ち止まることも、間違いじゃないけど、ただ失敗や敗北に落ち込むだけじゃ僕もティキもそこで終わっちゃうから」
 僕をジッと見つめるティキに、ぎこちないながらも精一杯の笑顔を浮かべて。
「だから、我慢しないで今はいっぱい泣いてさ、そして明日からはまた一緒に前を見ようよ。ね?」
 ティキは僕を見つめたまま、ぽろぽろと涙をこぼす。
 そしてそのまま顔をクシャクシャにして、わあわあと声をあげて泣き出した。
 僕はそんなティキの頭を、指でそっと撫でる。
 その僕の指を両の腕で抱きしめ、ティキは泣き続けた。



 ひとしきり泣いた後、ティキは僕に照れた様に笑いかけ、そして何も言わずに洋菓子を口にする。
 それを見て僕も照れ笑いをすると紅茶をすすった。
 紅茶はすでに冷め切ってしまったが、それでも悪くないと僕は思った。

終える / もどる / つづく!




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー