メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「鬼ごっこ、しようか」
 あまりに唐突な彼女の言葉。それに対してフーは。
「は?」
 理解が追いつかなかった。ぽかんと開いた口が塞がらない。
「何を、言っている」
「いや、それはこっちのセリフ。
 私はそもそも空を飛びたいって言っただけ」
「しかし、相手をしろと貴様は言ったではないか」
「鬼ごっこには相手が必要よね?」
 冷静に考えれば間抜けな台詞を、真顔でサラリと言ってのけるニクス。
「では何故武装を身につけた!」
「そのままじゃ飛べないから当然。貴方だってそれは一緒」
「それは……そうだが」
 ニクスの正論に、フーも追撃の矛を収めざるを得ない。
「……さて。もういいかしらね、おふたりさん?」
 そこに強引にフェリスが割って入り、二人もそれぞれの表情と共にOKとの返事をする。
「じゃルールの確認ね。
 先に鬼を決めて、鬼は5秒後にスタート。タッチしたら攻守交替。
 それで10分経過した時に鬼だった方が負けね。
 範囲はこの飛行場エリア内で、ドーム内だったら高度は自由。何か質問は?」
「火器の使用は」
「ダメに決まってるでしょ……ロック掛けときなさいよ」
「……了解した」
 当然とばかりに質問する側と、当たり前だと思わず頭をかく返答側。
「じゃ、鬼を決めるわよ。外れたら鬼ね」
 そう言って、フェリスは懐からコインを取りだす。
「表」「じゃあ私は裏ね」
「それじゃ」
 そして親指でコインを弾き、手甲で受け止める。
「――表ね」
 その結果を見て、運命の女神役は、にししと愉快そうに笑う。
「相変わらず運が無いわね。ニクスは」
「ほっといて」
「はいはい、それじゃ始めるわよ。3カウントで開始だからね」
 3、2、1――と早速カウントを刻むフェリス。

「ゼロ!」

 合図と共に、フーは高機動モードに変形。フルスロットルでロケットのように垂直上昇。
「おー、速いはやい。流石新型ね」
 手をかざして眩しそうに空を見上げるフェリスと、その隣で相変わらず微妙な不機嫌顔で佇むニクス。
「じゃ、行くわ」
「いってらっしゃい、相棒さん」
 コツン、と、手の甲を打ち合わせる二人。
「跳べっ」
 ニクスはそのまま、軽やかに飛び立つ。



 【第2話 誰がために】


「――ふむ」
 高機動モードであるサイドワインダー形態のフーはめいっぱいスラスターを噴かし、新しい装備の様子を窺う。
 それは彼女の記憶領域とは若干の差異が認められるものの、推進器回りに関しては概ね以前のままと言えた。華奢な身体になったことによる耐G性能へのマイナス要素も誤差の範疇。
 このバイクに跨るような飛行姿勢に違和感はあるものの、致命的な差異は無い。
 これは“彼女”にとっての初飛行でもあり、手探りなのはニクスと大差は無かったが、これならば後れを取る事は無い。フーはそう判断した。
「おっと」
 高機動型の名の恥じぬ加速を見せたフーだったが、なまじ直ぐに天井に届いてしまう為、急制動を掛けつつ片翼だけスラスターを吹かして滑らかなスピンターンを行う。
 ここまで一気に高度を取れば、早々追いついては来れないだろう。そう思った彼女。しかし。
「!」
 ターンした彼女の眼前には、不機嫌な表情の宿敵がいた。
「――」
「きさっ!?」
 ニヤリ、と不適な笑みを浮かべる、黒衣の天使。
「――!」
 天使は気合一閃、鋭角付きの膝蹴りを繰り出す。フーは反射的にガードを試みる、が。
「っ!?」
 それはフェイントだった。
 攻撃と見せかけ、蹴りを空転させて大きく身体を捻りこみ、回避運動を試みようとしたフーの後ろに素早く回り込む。
「なぁっ!?」
 その動きの素早さに、なりふり構わない急加速をして逃げながら、フーが叫ぶ。
「貴様、攻撃はしないと言ったではないか!」
 先程の動き、それは確かに攻撃だった。戦場を幾つも潜り抜けてきた戦士の勘がそう告げている。
「してないわよ? それは、貴方がそう思っただけの話でしょう」
 だが、返ってきたのは思いもよらない言葉。
「なっ! その殺気で言う言葉か!?」
 その言葉に更に激高する彼女。しかし不利な状況がそれによって変化する訳でもない。
「ちっ」
 フーはスピードによって直線でニクスを引き離すものの、なまじ高速なだけに小回りが利かない。
 エリア内に留まるための減速を強いられるフーに対し、軽量で加速・制動に優れたニクスはコーナーごとにフーの背後にぴたり迫っては背後からプレッシャーを与え続けてくる。それはまるで、獲物が弱るのを待つ猛禽のよう。
 やがてフーは減速を避ける余り、常に緩やかな旋回を続けて、大きな円を描く様に上空を旋回する。
 このコースならば確かにニクスでは追いつくことは出来ない。だが。
「糞がっ」
 ――それは彼女に、敗北以上の屈辱を与えていた。

「――アイツ、楽しんでるわね」
 地上で見守るフェリスが、ポツリと呟く。
「どえすめ」

 空中では、ループの輪からニクスが引き離されつつあった。
 しかしその表情に、焦りの色は無い。
「……っと、そろそろ頃合いかな」
 そして彼女は軽やかにターンを決め、今までの飛行コースを逆走し始める。
「なぁ!?」
 そしてそのままのコースで飛行してきたフーに真正面から突進。
「くっ!」
 ここで速度を落とせば、今度こそニクスに食い付かれる。そう判断したフーはあえて正面衝突のコースを維持する。
(まさか本当に激突する気はあるまい)
 そう信じて突っ込む。
「・・・」
 しかし、ニクスはコースを変えない。変えてこない。変えようとしない。
「馬鹿か!」
 フーの脳裏に、先刻の悪夢がフラッシュバックする。思案する余裕は、既に無い。

「くっそぉぉぉぉ!」

 相手の表情が読み取れるほどの距離で、彼女は機首を引き起こす。
「――」
 その時のニクスは――狂おしい程に、笑っていた。
(バケモノめ……)
 そして彼女はフーの背後に食い付き、弱った獲物を仕留める。
「ぃひゃ!?」
 お尻に、タッチ。

「……ほんっと、楽しそうね」
 地上には、シト目で青空を見上げる相棒の姿。

「さぁ、攻守交替よ」
「キサマブチ殺すぞ! 何処まで侮辱すれば気が済むのだ!」
 一方の空中では、距離を保った二人が睨みあっていた。
「こんな遊びの範疇でブチ殺すだなんて、貴方の器量小さくない?」
 再びサラリと言ってのけるニクス。しかし普通に考えれば十分セクハラである。
「それにこれは、貴方が先に仕掛けた事よ」
「何を、ふざけた事を……」
「わからない? ……ならいいさ」
「この……悪魔」
「残念だけど、私は天使よ」
 禍々しく笑う、墜ちた天使。蒼く澄んだ瞳が、今は紅蓮の炎のように狂おしく輝く。
「――続けましょ、“遊び”を、ね」
 瞬間、その瞳が、姿が、零距離まで跳躍する。
「なっ!?」
 逃亡側が自ら距離を詰めてくる。
 その通常なら考えられない行動に驚愕したフーは、身動き一つ出来なかった。
「――終わりよ」
「ぁ……あ」
 彼女はその狂気の瞳から溢れる殺気に竦み、怯え、委縮する。
「――」
 そして彼女が悪魔と信じる者の刃が、振り下ろされ――
「あだっ!」
 彼女の首が後ろにぐにゃりと曲がる。――軽く、デコピンで。
「じゃ、追いかけてきなさいよね。鷲頭さん」
「お、お……お前なぁぁぁぁあ!」
 想定すらしていなかった行動に、ワナワナと震え、怒り、そしてあらん限りに、叫ぶ。
 しかし相手の姿は遙か彼方、その声は届かない。
「貴様に、貴様なぞに、この我が……負けてたまるかぁ!」
 闘志を取り戻した彼女は、ニクスを猛追する。

「……あの、ばか」
 相棒は、嬉しそうに、匙を投げていた。

「楽しくなって、きそうね」
 高度を下げて一気に加速しながら、ニクスは呟く。
「――待てぇ!」
 その後方からは、鬼の形相でフーが猛追する。
 双方の出力差からその距離はぐんぐん縮まり、豆粒のようだったフーの姿が、次第に大きく、やがて表情も読み取れる距離へと迫ってくる。
「っと、このままじゃ追いつかれるけど。さて」
 さらに一人ごちるニクス。彼女は機首を大きく下げ、急降下を仕掛ける。
「――チ」
 つい先日、同じ戦法でひと泡吹かされたフーは追撃しない。
 獲物を狙う鷹のように、ひたすら高空からニクスを睨む。
『へたれ』
 わざわざ通信越しに呟く、自称天使。
「戦術だ!」
 ご丁寧にも通信を返す、自称戦士。
『それじゃ、その戦術とやらで捕まえてみなさいな』
 そう更に返してくる獲物は、地面スレスレを蛇行しながら逃亡していた。
「ああ、貴様の首根っこを掴んで握りつぶしてやる!」
 そう息巻くフーだったか、状況は芳しくない。
 地上が巨大な壁になる為に、高高度から迂闊に突っ込めば減速しきれず、彼女の方が地面と激突してしまう可能性があるからだ。
 そのリスクを回避するには、自身も低空飛行する他ない。だが相手より高度を取ることの優位性を放棄する事にも繋がる。――しかし。
「やむを得ん、か……」
 覚悟を決めたフーは、一気に機首を下げた。赤茶けた荒野の大地が、ぐんぐんと彼女に迫る。
 しかし装備が大仰かつ高速な分、小回りの利かないフーには不利な状況と言えた。
 それでも同じ土俵に立たない限り、勝負そのものが成立しないのだから、選択の余地は無い。
「来たか。――さて、と」
 そんな二人の前に、大きく聳え立つビル群が姿を現す。野戦基地のある区画だった。
「鬼ごっこと言えば、こうでしょ?」
 ニクスはビル群にに飛び込み、その間を軽々とすり抜けていく。
「くっ」
 フーも追従するが、高速の一撃離脱戦に慣れてきた彼女にとって、この障害物だらけの区画はデストラップに等しい。
 少しでも不利を解消する為に人型に再変形し、運動性を確保してからビル群に突入する。
「ほらほら、追いついてみなさいな」
 くるくると妖精のように舞いながら、ビル群の間を縫うように飛行するニクス。
「ちいっ」
 フーも必死に追い縋るが、軽やかに舞うニクスの動きに翻弄され、全く追いつけない。
 ビルの間をすり抜けるように複雑なループを描いて飛ぶ二人。それは確かに空中で繰り広げられる鬼ごっこだった。
「ほらほら、鬼さんコチラ」
「~~!」
 しかし、勝敗は明らかなように見えた。
 縦横無尽に飛び回るニクスに全くついて行けず、フーは無為にエネルギーを浪費するばかり。
「このぉ!」
「っと」
 まれにニアミスする時があっても、ニクスは身体を捻ってするりと躱してしまう。
(このままでは……)
 フーの顔に、焦りの色が浮かびはじめる。
 戦事ではないとはいえ、ここまでコケにされては彼女のプライドが許さなかった。
「――」
 やがてフーは、その足を止める。
(何か考え付いた、かな)
 流石にニクスも警戒し、ビル越しに対峙して、その窓から反対側のフーの様子を窺う。
「――フ」
 その時、彼女は復讐に燃え滾るその瞳で、真っすぐにニクスを射抜いていた。
 そして、その彼女は、再変形を行った――突撃形態。
「しまっ――」
 ニクスが叫んだ瞬間、破砕し、宙に舞うガラス片と共に、フーが眼前に出現した。
「ハ!」「ぬわあっ!?」
 禍々しい笑みと共に、そのまま激突。
 弾丸と化したフーの勢いは凄まじく、二人はそのまま奥のビルに突っ込み、ガラス窓をブチ破り内装を粉砕し、更にはそのビルを飛び出し、今度は別のビルの壁にブチ当たり、巨大な噴煙と共にやっとその動きを終焉させる。

「……あの、ばかぁ」
 そして、本気で頭を抱える相棒。

「アンタ……バカ?」
「貴様程では……無いさ」
 そして、今だ煙が充満するフロア内では、装備類が複雑に絡みあったまま動けない二人の姿があった。
 装備はまっ黒な煙を噴き上げ、二人とも修理しなければ再び飛べそうには無い。むしろ二人とも生きて――稼働しているのが不思議とすら言えた。
「――フフ」
「――ハハ」
 やがてどちらともなく笑いが零れ、盛大に笑おうとした、その時。

「ぶわぁっつかもぉぉぉおおおおん!!!」

 二人の脳天に、稲妻が走った。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー