メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 神姫とは。
 ある世界においては、全稼働型の美少女アクションフィギュアのことである。

 神姫とは。
 またある世界においては超高性能AIを搭載した、主人に従う心と感情を持つフィギュアロボットのことである。

 神姫とは。
 古今東西あらゆる属性を取りそろえ、抜群の容姿と戦闘力を兼ね備える完璧超人(?)である。

 神姫とは。
 主人の好機に槍となり、なにより生活に潤いを与えてくれる存在である。

そして鷹峰家の神姫とは……

『ハーヤーテー!!』

別に東京の朝空に響き渡ってはいないが、ハヤテは少女の声を聞き即座に自分のベッドから飛び起きた。
鷹峰ハヤテは十五歳。職業は高校生……予定。
予定というのは、今は中学校卒業後の高校への準備期間であり、まだ高校生ではないからである。

「……どうしたの、ナギ」

眠たげな眼をこすりながら、ナギの声のするほうを向く。
すると小さな二つの液晶画面に向かっていた少女が、不機嫌そうな顔でこっちを向いた。

『バトルハウスで100連勝できない!!』

彼は苦笑いをしながら、あぁ、と思った。

「朝からゲームですか」
『何度やっても60くらいで止まってしまうのだ。
 ハヤテ、もうマルチバトルでもいいから助けてくれ』
「……そうだね、面白そう」

彼はそう言いながら部屋の扉に手をかけた。

「じゃあ、着替えて顔を洗ってくるよ。
 そしたら僕も入ってあげる」

神姫とはいえ、少女のいる部屋で着替えるのは抵抗があったのである。

『……わかった、早く済ませろよ』

心の中で「はい、お嬢様」と言いつつ、ハヤテは廊下で着替えを済ませ、洗面台で顔を洗った。

「ただいま」

樫の木でできた扉を、極普通に開ける。

『遅い!「ハヤテ」なら全力疾走で来るところだぞ!』
「いや、階段もあるしそれはちょっと」

ハヤテは3DSを起動しながら言う。

「……それで、どんな作戦で行こうか」
『雨パでいいだろう』
「え? 僕晴れパなんだけど……」
『えー? そうなのか?
 じゃあ私に合わせろよ』
「えぇ? でも……
 うーん……」
『あー、もういい、私はこれで行くぞ!』
「え、え? じゃあ僕もこれで……」

バトルの明暗を分ける2人のパーティの相談しないまま受付を済ませる2人。
だがそのパーティの中身は……

「あれ、ナギ普通のパーティで行くの?」
『そういうお前も普通のじゃないか』
「それは、ナギに合わせようかと……」
『私もお前に……
 おっと、始まってしまったな。
 む、相手は初戦から強いのを繰り出してきたぞ……』
「大丈夫、たたみがえしがあるよ……ほらっ」
『おおっ!』

彼女を防御技で守って見せると、少女は感心の声を上げた。
彼女こそがハヤテの神姫であるナギ。ハヤテのごとく!のヒロインである三千院ナギをモデルとしたれっきとした武装神姫の一人である。

「主を守るのは、執事の務め、だよね」
『うむ、これで安心して積めたぞ!』
「よし、じゃあ攻撃だ!」
『うむ!
 ……当たった! 凄い! やったぞハヤテ!』

協力により、見事強力な相手を倒した二人はお互いに賞賛しあった。

『やっぱり、ゲームは二人でやると楽しいな』
「寝起きでマルチバトルするとは思わなかったけどね、ところで」
『ん?』
「このハヤテのごとく!のノベライズ版一巻プロローグ風のオープニングの流れはいつまで続くの?」
『そうだな、そろそろやめるか』

というわけで、普通の流れに戻ります。


第1話 「ナギのごとく!」


本日4月6日。
あれからもう十日が経とうとしていた。
もちろんあれとは、ナギが鷹峰家に来たあの日である。

「……はぁ、もう明日は学校かぁ……」
『学校?』
「言ってなかったっけ。
 明日は高校の入学式なんだ。
 だから、明日から学校」
『なんだ、お前ニートじゃなかったのか』
「……違うよ。
 っていうか、生徒手帳見せたよね?」

休暇中ニートのような生活をしていたのは確かであるが。
ナギが鷹峰家に来たことも相まって、二人でゲーム三昧な毎日を送っていたのである。

「そうだ、ナギは僕が学校行ってる間どうするの?
 ……ナギも学校来る?」
『誰がそんなもの行くか。
 家でゲームでもしているさ』

(そう来ると思ってた)
原作でも不登校気味で一日中家で漫画とゲームをしておりスーパーインドアライフを全力で満喫しているようなヒロインである。
(連れてけなんて言われたらどうしようかと思ってたけど、余計な心配だった)

「じゃあ、ナギは家で待機ね」
『……ハヤテもサボったらどうだ。
 ゲームの続きをしようじゃないか』
「僕は初日から学校をサボれるほど、ナギみたいに神経が図太くないからね」
『む!あれは別にサボったわけではない!
 ただちょっとその……たどり着けなかったと言うか……なんて言うか……』
「でも登校中に海に行こうとしたり勝手にはぐれて時間を潰そうとしたり……」

※ハヤテのごとく!4巻参照。
 アニメではそのシーンは削られてました。

『うるさい!とにかく私は学校には行かんからな!
 一人で一人用のゲームでも漁っているから安心して学校に行ってくるがいい!』
「あはは、はいはい。
 さて……じゃあ」

時計を見ると、もう11時50分。
あと10分もすれば4月7日。入学式の日だ。
ちなみに学校が始まるのは8時40分である。
(通学の時間とか計算して……7時くらいに起きればいいかな。
 やっぱり最低でも7時間は寝たいから、そろそろ……
 でも、やっぱり初日から遅刻は嫌だし、もう少し早く?)

『ハヤテ?』
「とりあえず、アラームをセット……」

ハヤテはスマホを操作し、アラーム機能の画面を開く。
時間を6時にセットし、音量を最大に、ちゃんと設定されたのを確認し、携帯を閉じた。

「それと、明日持っていくものは……
 上履きと、筆記用具に、財布に、携帯電話(スマホ)に……
 あと、ゲーム機も……」

復唱しながらバッグに詰めてゆく。
(こんなものかな)
確認を終え、ハヤテは歯を磨きに行くために立ち上がる。

「じゃあ、僕は歯を磨いて寝るよ。
 ナギもクレイドルに戻ったら?」
『あぁ、そうだな。
 ハヤテが寝るんじゃ仕方ない、私も寝るさ。
 ……でも、電気を切るのは戻ってきてからだぞ、いいな』
「わかってるよ」

ナギは一人で眠れない、という部分も再現されているようで、
こういった細かい再現もファンであるハヤテとしては嬉しいところである。

「ただいま」
『おお、戻ってきたか』

そう言ってナギはクレイドルに座り込む。

『それじゃあ、もう寝るぞ』
「そうだね、それじゃあおやすみ、ナギ」
『うむ、おやすみ』

ハヤテはナギがスリープ状態になったのを確認し、そのままベッドに転がりこむ。

(学校か……
 ……確かに二人で一日中ゲームしてたいって気持ちはナギと同じなんだけどな)
ハヤテはそう思いながら、眠りについた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー