メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SHINKI/NEAR TO YOU
Phase02-7




 大会が終わり、アミューズメントフロアでは後片付けにスタッフ神姫たちが飛び交う。
 ゲーム筐体には<メンテナンス中。ご迷惑おかけします>の表示。すでに夕方、会場を訪れていた観客たちも次々に帰っていく。

 シュンは一足先に会場を去り、一階の喫茶店で休んでいた。
 本当は優勝者としてインタビューなんかもあったのだが、面倒なのでそういうのは全部伊吹たちに任せてきた。
 あのコンビはマスター・神姫揃ってノリがいいから別に問題ないだろう。今度配信される神姫センターの公式ウェブマガジン「武装神姫ジャーナルMAYANO」では、きっと悪ノリした二人がデカデカと載ることになるに違いない。
 ウェイトレス神姫が運んできた紅茶を飲みながら、シュンは向かいの席に目を向ける。
 そちらではワンピースの上に白衣をまとった妹の由宇が、机に広げたタブレット端末を熱心に操作している。端末の先にはクレイドルが繋がれ、そこに腰掛けているのは当然ゼリスだ。

 由宇は嬉々として操作を終えると、ツインテールを揺らしながら顔を上げる。
「うん、ゼリスも武装もどっちも問題なし! お疲れ様♪」
 ゼリスは「ユウ、感謝するのは私の方です」と頭を下げる。ゼリスの言うように、オーラシオン武装と由宇の調整がなかったら、優勝するのは難しかっただろう。その意味で彼女は今日の最大の功労者と言ってよかった。
「ありがとな、ユウ。優勝できたのはお前のお陰だよ。奢ってやるから好きなもん頼んでいいぞ?」
「ホント!? じゃあ、ムルメルティアの無限軌道ロールケーキセットね! やったー、これ前から一度食べてみたかったんだぁ♪」
 ころころ笑みながら、由宇は早速近くのウェイトレス神姫を呼び止めている。……全く、こういうところは年相応に可愛らしいんだけどなあ。

「……ふふん、そういうことなら私も何か奢ってもらおうかしら?」

「わわっ、伊吹!? いつの間にいたんだ?」
「やっとインタビューが終わってね、ついさっきよ。もう~夏大会に向けての抱負とか、シュッちゃんとの関係とかいろいろ聞かれてねー。長くなりそうだから途中で抜け出してきちゃった。ワカナも疲れて眠っちゃったしね」
 上着のポケットでスヤスヤ寝息を立てるワカナを、伊吹は愛おしそうに撫でている。いや、途中で抜け出したって……それって終わったって言わないだろう。
 呆れるシュンに対し、伊吹は「まあ、人気者の特権みたいなもんよ」と気にせずケラケラと笑っている。
「でも、今日はシュッちゃんに奢ってもらわなくてもいいわよ」
 えっ、とシュンが顔を上げる。そこでは伊吹と由宇、ふたりがやさしく微笑んでいた。

「簡単な話です。今日一番の功労者はシュン、あなただからですよ」

 ゼリスまで当然といった顔でシュンを見上げる。
 いや、でもどちらかと言うと僕は足を引っ張ってばかりだったはず。そもそも試合で一番活躍していたのは伊吹とワカナだった訳で……
「な~に言ってるのよ。決勝戦を勝てたのは、シュっちゃんの作戦があったからでしょう?」
「……偶然だよ。たまたまうまくいっただけで、みんなのフォローがなかったら成功しなかったって」
 伊吹にそう言われても、シュンとしては今回の大会は反省することばかりだったのだ。
 作戦にしたってシュンはアルミフォイルを〝チャフ〟にするアイデアを思いついただけで、成功したのは伊吹とワカナによる陽動や、ゼリスの判断が的確だったからだ。シュン一人で成し遂げたものではない。
 シュンがウジウジと悩んでいると、不意にゼリスが彼の頭に飛び乗る。かと思うと――

「――っ!? いってー!」

 額に強烈なデコピンが炸裂した。
「いつまで悩んでいるのですか? もっと堂々としていればいいのです」
 痛みを堪えつつ目を開けると、エメラルドの瞳と目が合った。
「……何もかもひとりでやろうとする必要はないでしょう? 仲間同士で助け合い、長所を合わせ短所を補い合った方が効率的というものです」
 ゼリスらしい単刀直入な理攻めだった。まあ、確かにその通り。
 「それから――」とゼリスは続ける。

「それは神姫とマスターも同じです。足りない部分があったらお互いに補っていけばいいのですよ。少なくとも――」

 ゼリスの小さなささやき――それが、突然の闖入者に遮られた。

「ちゃーっす。兄ちゃんたち、ここにおったんやな~!」
「姐御も一緒か。こりゃちょうどええな!」

「あなたたち、どーしたのよ?」
 唐突に現れた金町兄弟は、口の端をニッとそっくり同じ角度で持ち上げる。
「帰る前にアイサツしとこう思うてたんや。……今日はありがとうな、負けたけど久しぶりに楽しい試合やったで」
 晴れ晴れとした笑顔の兄、笑太。
「前の街は退屈やったけど、これからは姐御を目標に頑張ることにしたんや。よろしくな~」
 同じく笑みを浮かべる弟、福太。ふたりとも負けた悔しさを感じさせない、さっぱりした態度だった。
 そんな双子の屈託のない笑顔に、伊吹も自然と顔がほころぶ。
「ふふん、挑戦ならいつでも歓迎するわ。また楽しいバトルをしましょうね?」
 もちろん、と双子は嬉しそうに返事をする。
「せやけど、お兄さんの作戦には負けたわ。あんな方法でオレらのコンビネーションを破られるとはなあ、仰天したで!」
「シュン兄ちゃんも、今度はシングルバトルで勝負しようや!」
 ふたりのキラキラした眼差しに、なんだかシュンまで嬉しくなってきた。

「ああ! また一緒に試合しような」

 シュンの返事に満足そうに頷くと「じゃあ、また会いまひょ~」と言いながら金町兄弟は帰って行った。
 去り際に「次は負けへんからな」と啖呵をきるアテナとそれを抑えるリアナを見送りながら、ゼリスもどこか嬉しそうだ。

「さて……あたしたちもそろそろ帰りましょうか?」
「えぇ? このケーキ食べ終わるまで待ってよー」
 見送りが終わって伊吹がそう切り出すと、一緒にニコニコしていた由宇がとたんに慌て出す。
「……ユウちゃん、半分手伝ってあげよっか?」とチェシャ猫のように笑う伊吹。
 「だめー」と皿を持つユウの手を、いつの間にかテーブルに戻ったゼリスがつつく。「私が手伝ってもいいですよ?」
 ギャーギャーと姦しく騒ぐ三人を眺めながら、シュンは思う。
 さっきゼリスが呟いた言葉。シュンにはしっかりと届いていた。

(少なくとも――私はシュンのことを必要だと思っていますよ)

 なんのことはない。シュンの悩みなど、ゼリスはとっくに気づいていた訳だ。
 その上でスタンドプレーにも走らずに、彼女はバトル中ずっとシュンの指示に従って動いていた。

 ――シュンのことを信頼してくれていたから。必要だと思っていてくれるから。

 ゼリスは、それをずっと行動で示していた。
 ならばこれからは、シュンも行動で示していけばいい。

(自分に何ができるか――じゃない。ゼリスのためにできることをやるんだ!)

 ゼリスがシュンのことを必要だと思ってくれるなら、シュンはゼリスのために今の自分ができることを見つけていこう。
 神姫がマスターを信じて戦い、マスターは神姫のために最大限のバックアップを行う。
 もとより神姫バトルとは、そういうものなのだから――。

 かくして少年と彼の神姫は、新たな一歩を踏み出し始める。

 今は小さな波紋に過ぎないそれが、この摩耶野市に集う神姫とマスターを巻き込んで、より大きな波紋となって疾走してことになることを、彼らはまだ知らない。



     ……To be continued Next Phase.



▲BACK///NEXT▼





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー