メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

100体の神姫がいればその数だけ物語があります。
あなたは神姫とどんな物語を紡ぎますか?
-神姫黎明期に活躍した伝説のユニットの言葉

連続神姫ラジオ
浸食機械

23:哀夢
「お待たせしました、当店特製ケーキセット二つとミルクティージェリカンです。それではごゆっくり」
駆動機付きのカートを操ってメリエンダータイプのウエイトレス神姫が僕たちの注文の品を運んできてくれる。僕の向かいに座った人はたおやかな仕草でティーカップを口に運んだ。僕とプルミエもつられて自分の飲み物を口に運ぶが湯気を立てたそれを慌てて飲み込もうとしたため口の中をやけどしそうになった。
「ふふ、慌てなくていいのだわ。もうあの時のように急がなくてもいいのだから」
目の前の女性、グレーテルさんが優しく微笑む。
「今回はありがとう。おかげで最後の神姫の引き取り手が決まったのだわ。あなたがお友達を紹介してくれたおかげで彼女は孤独にならずにすんだのだわ」
あの事件の後、島にはマスターに捨てられた神姫が大量に残された。多くの神姫にが元のマスターの元に帰っていったが何体かの神姫には行き場所がなかった。グレーテルさんはそんな神姫達の里親捜しをしていたのだ。
「でもこれでやっと終わったんですね。グレーテルさんの仕事は」
「そんなことはないのだわ。これからは引き取られていった神姫達の心のケアもあるし、元の鞘に帰って行った神姫達の様子も見てあげなくちゃいけない」
はきはきとこれからのことを語るグレーテルさん。だけどその表情にはわずかな曇りがある。
「協力者も集まってくれたから、これからはマスターへの神姫に対する意識の啓発運動と神姫達の心のケアをできるボランティア組織を始めるのよ。春からは神姫センターに就職も決まったし忙しくなるわね」
冬の空はまだ薄曇りで重苦しい空気を携えている。凝った庭が売り物のこのカフェの窓から見える景色も寒々としたものだった。僕たちの呼気で白く曇ったガラス越しに外の景色を眺めながらケーキを口に運ぶ。やがて飲み終えたティーカップをテーブルに置くと先ほどのメリエンダー型が三人分の食器を下げにきてくれた。


「ぞんなにいっじょになりだいんだ、だったらあだじがいっじょにいてあげるよ」
僕ら以外誰もいない空間のはずだった。だけの彼女は当たり前のように割り込んできた。
「みんな、めをざましなざい。こいづといっじょにいるこどはマスターをうらぎるこどだよ」
「まさか、そんなこと」
突如黒い塊が僕たちから離れ、視界が戻る。僕たちは機械の触手に絡まれて動けないでいた。目の前には驚きの表情を浮かべて一点を凝視するコウガ。その視線の先には、自ら中央の樹につながったヘンゼルがいた。
「おもいだじなざい。マスターとずごじだひびを」
その声に呼応するかのように樹につながれた他の神姫達が涙を流す。それは今まで流していた悲鳴の涙とはまた違うものだった。
「やめろ、そいつらを惑わすな」
「まどわじているのはあなだだよ。あなだのかっでないめーじをおしづけるな」
突如僕たちを縛っていた触手が力なく地面に倒れ伏す。それは他の神姫を樹につないでいたケーブルも同じだったらしく彼女達の拘束も解けていった。そしてコウガとデルセトナをつないだポイントを守っていた強固なガードも。
<今だ、プルミエ>
「はい、マスター!」
拘束を解かれたプルミエの渾身の一撃、ビームソードの一刀両断がコウガとデルセトナを切り離す。コアを失ったデルセトナは無念の声を上げるかのように天を仰ぐとその全身にともっていた計器の光が消え失せる。そしてゆっくりと地面に倒れ伏した。


次回:バトルをしようよに続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー