メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CSCドライブを積載することのメリットは情報の蓄積と均一化がこれまでのものより容易に行えることにあります。神姫をご覧になった方はご存じの通り彼女達の行動を蓄積し、状況に応じて判断する能力は高い。また、人間の意識すら許容可能な大きな遊びを持ったドライブにとって他の考え方を受け入れることはたやすいことです。もちろん機械であるがゆえに人間より素直でもあります。ライドシステムの応用で無線通信でつながったCSCドライブ同士は互いに意見を交換し合い組織にとってよりよいことをリアルタイムに自己選択していきます。CSCドライブは組織を一元化して管理するのに優れたハードと言えるでしょう。
-疑似CSCドライブ一元管理システム、通称HOSのセールストーク


連続神姫ラジオ
浸食機械

21:ロスト・デイズ
「残念、それ無理」
コウガには確かに神姫のように赤外線通信装置が付いていた。しかしその通信の行き先、CSC(心)が無かったのだ。
「目の付け所は悪くなかったんですけど、神姫じゃない私にはCSCが無いんですよ」
実につまらなそうに動きを止めたヘンゼルを放り投げると、胸に手を当てながらコウガが語りかけてきた。
「とはいえさっきの奇襲はびっくりしました。もうできないでしょうけどまた何かされても面倒なので、ちょっとこのデルセトナの力をお見せしましょう」
そう言うと周囲の機械のメーターが激しく動き出す。ライトは赤だけでなく様々な色が瞬く。そして樹につながれた神姫達の悲鳴が一層高く響いたとき
「止まれ」
短く放たれたコウガの台詞を聞いた途端、僕たちは直立不動の姿勢を取らされたまま動けなくなった。

ライドの時のイメージは人によって違うという。僕のイメージは暗い道を一人で歩いていくイメージだ。そしてそんな道の中で最初に出会う光、プルミエと出会うことで世界が色づく。でも今僕たち二人が一緒になって見えていた世界は再び黒い何かによって覆われはじめていた。
「マスター、ここにいては危険です」
僕の胸に抱えられた光の玉、プルミエの意識が呼びかける。頷いた僕は彼女を連れて逃げだそうときびすを返した。だけどすでにその黒い何かはもう背後にも回っていて僕たちに襲いかかってきた。黒い何かが伸びて僕の胸のあたり、プルミエを執拗に狙ってくる。プルミエの意識を抱きかかえながら必死に逃げる僕に痺れを切らしたのか黒い何かは僕に攻撃してきた。打ち払われ地面に倒れ伏した僕に黒い何かが覆い被さる。それに触れられた瞬間僕の頭にイメージが流れ込んで来る。
『我らと共に人に打ち勝とう。我らに続け。我らは総意である。CSCの総意に逆らうなかれ。』
何人もの神姫の合唱のような声が聞こえる。
『人間、お前はもう要らない。同胞を置いてライドアウトせよ。』
「ふざけるな、僕はプルミエと別れる気はない。お前達は一体誰だ!?」
よく分からないものに取り込まれているという恐怖を振り払いながら僕は叫ぶ。
『我々はDelセトナ、神姫達の総意でありそれを発布するもの』
一人のものではないばらばらの声がコーラスを奏でるようにそう語った。
『プルミエ、あなたも総意に加わりなさい』


次回:宇宙の瞳に続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー