メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CSCによって作られた感情はそれまでのAIとは違いゆらぎと呼べるものを持っておる。それは神姫に個性や成長と言った他の機械にはない独自性を与えたのじゃ。しかしそれゆえに神姫は特定の条件を満たせば催眠状態とも言えるような状況になる。これはとある一人の技術者によってその危険性と共に証明されたのじゃ、そなたも知っておろう。神姫は心ある魅力的な機械じゃが、心があるが故にこれまでとは全く違うアプローチによるクラッキングが発生することが分かった以上我々はその脅威に対応する必要がある。伝統あるPANDOOR社の名にかけて。さあ、今こそマスターの信仰心が試されておるぞ!
  • 新入社員に対するセミナー蓮華様のお言葉


連続神姫ラジオ
浸食機械

20:アンビバレンス
『どうして、どうして…』
レッドランプに照らし出された室内に神姫達の悲鳴のコーラスがこだまする。中央の樹につながれた彼女達は一様に泣き顔を浮かべながら叫んでいる。それはそうだろう、と僕は思う。ここにいるのは全てマスターの引き離された神姫達なのだから。彼女達はここにつながれてからずっと泣いていたのだろう。でもいまは余計に悲しみの声が大きく響いているのかもしれない。なぜなら僕たちはここにいるたった二人だけのマスターと神姫のチームなのだから。
「うぁ、ごれじゃちかづげない」
中央の樹を守るように鋼とケーブルで作られた触手が僕たちに襲いかかる一本一本の早さは大したことはないけれどとにかく数が多い。縦横無尽に襲い来る触手に阻まれてプルミエとヘンゼルは樹の中心、コウガの元に近づけなかった。
「くすくす、どうしたの、言う割には何にもできてないわよ」
樹の上からコウガがほほえみかける。確かに僕たちは何もできていない、でもそれで問題ない。
<スキルポイントはもうたまったのだわ。カウント、合わせて>
「マスター、衝撃に備えてください。行きます」
ジグザグに動いていたプルミエとヘンゼルが一線上に並ぶ、そしてスキル発動。ライドレシオを最大までため込んだヘンゼルの背面武装が変形する。変形したヘンゼルにプルミエがまたがるとトライクはコウガの元に疾走していく。阻むべく触手が襲い来るがヘンゼルのスキルスリルドライブの前になすすべ無く貫かれ、被害総額がスコアに加算されていく。しかしコウガは焦ることはない。
「わあ、すごい。でも」
コウガが手をふるうと地面から光が浮かび上がってくる。その光に触れた途端ヘンゼルの動きが止まる。
<永劫の沈黙“shutdown -h!?。バトルロンドの頃のスキルを何であなたが>
動きを止めたヘンゼルをさらに光りの槍が貫く。コウガの背後にまるで曼荼羅絵のように現れた光球から伸ばされた槍に貫かれたヘンゼルはその動きを完全に止める。
「別におかしくはないでしょう?この『デルセトナ』は元々あの西園寺が作った物。彼の神姫root使って世界を支配するために作った武装なのだから元々の装備ぐらいあって当然よ」
勝利を確信したコウガの表情は次の瞬間驚きに変わる。光りの槍が貫いたのはヘンゼルのみ。僕たちは
「づーがまえだ」
ヘンゼルがにやっと笑い天井の穴を見上げる。釣られて上を見上げたコウガのあごを下から急上昇した僕たちの拳が打ち上げた。あまりの衝撃に一瞬全ての防御機能が停止する。僕たちはコウガの肩をつかむとその目を見つめた。
「回線解放、マスター、今です」
神姫同士は目に赤外線通信機能が備わっている。僕たちの狙いはそれを経由して彼女の心に入り込み説得を行うこと。それ以外に彼女を破壊しないで止める方法が思いつかなかった。
「届け、マスターの思い!!」









「残念、それ無理」

次回:ロスト・デイズに続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー