メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神姫の願いを叶えるために強くあり続けようとした大地さん。

自分が壊してしまった神姫を守るために大人になろうとあがくグレーテルさん。

己の神姫を愛するが故に他の全てを踏みにじっても最高の神姫を作りたかった西園寺。

神姫という夢に背を向けて現実を突きつけてきた楓。

僕とプルミエは・・・

連続神姫ラジオ
浸食機械

18:絶望の先
通気口の中に爆音が鳴り響く。コウガの元に潜入しようとして選んだ進入経路内で僕たちは彼女らの熱烈な歓迎を受けていた。多種多様なロボット、ゾイド、MS、さらにはイリーガル事件の際に見られたネイキッド素体達が次々と襲いかかってくる。
「全く、こんな所まで出張ってくるなんて、あきらめの悪い人ですね」
「自分が死ぬこととか考えてないんでしょうか?」
「もっと賢い選択をするべきですよ、あなたは人間なのですから」
「そもそもこっちに人質がいることを忘れてませんか?」
ロボットにはスピーカーがついているのか四方から弾幕の雨と共にコウガの声が聞こえてくる。それらを切り払い、押しのけなから僕たちは先に進んでいく。
「その子を捨てれば楽になれるんですよ、何、また買い直せばいいんですから」
「こんな抵抗なんてやめておきなさい。間接的とはいえ人殺しにはなりたくないでしょ」
「そもそも何でこんなにあなたたちはがんばってるんですか?不思議です」
白いネイキッドを蹴倒しビームソードが迫ってきた戦闘機をなぎ払う。狭い空間で使いづらい大型武器は格納し、スラスターにエネルギーの大半をさく。突っ込んできた不用意なMSの動力部を足のマウントナイフの一撃で貫くとそれを踏み台にして影に隠れていた砲台型に迫る。砲撃型に特化したスクービーは回避行動を取ろうとするが車輪やホバーではない足で逃げ切れるものではない。チップが格納されているポイントにビームソードを突き刺す。こうなってはバリアも意味はない。
「もうあきらめなさい」
<だめだ、絶対あきらめない!僕は・・・君を助けたいんだ、そしてみんな一緒に帰るんだ>
壁をけりスラスターをふかして強引に敵の中に突撃する。足は速いが装甲の薄い戦闘機の群れの中に突っ込み強引に囲みを抜ける。
「私を助ける?実に素敵なジョークですわ王子様」
「では是非とも姫の元までおいでくださいませ。来られるのでしたら」
強行突破した代償は大きかった。無防備な背中を残った敵にさらすことになるからだ。背後では砲撃型のロボット達が僕たちに狙いを定めている。視界の先には下につながる空気取り入れ口が見えていた。あと少し、そこまでたどり着けばコウガの所にたどり着く。
「マスター、後方のエネルギーさらに大型化、砲撃来ます!」
プルミエの悲痛な声が聞こえる。間に合え!





<全く、甘ちゃんなのだわ>
「でぼ、よぐいっでくれだのでず」
ガキンという何かをたたき割るような音が聞こえ、次いで爆発音と衝撃が襲ってきた。
衝撃でバランスを崩して床にたたきつけられた僕たちが振り返るとそこには見覚えのある神姫がいた。
<あたしたちも一緒に行くのだわ。ヘンゼルと一緒にいるために>
炎を背景にして大剣を構えたイーダ型、ヘンゼルがそこにいた。

次回:スクラップのお姫様に続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー