メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ジェネシスちゃん、大丈夫っ!?」
「な……なんとかっ。振り落とされないようにするだけで精一杯ですが」
音速を突破し、周囲には音もなく戦場を駆け抜ける二人。
二人が通り過ぎた空間には、直後凄まじいソニックブームが巻き起こり、周囲に配置されていた不運な敵機が吹き飛ばされていく。
それは時間にすればほんの一瞬なのだけれど、激しいGに耐える二人には一瞬とも永遠とも思える時間の流れ。
そして正面に、巨大な電波塔のような建造物が見えてくる。
周囲に敵は今のところ見当たらない、どうやら主力の大半は3~4エリア周辺に配置していたみたいだ。
「あれです! あそこから突入しますので」
「……了解っ。加速解除!……きゃぁっ!?」
ジェネシスを投下するため加速を緩めた途端、塔の根元より複数の強烈な閃光がねここに襲い掛かる。
急速回避して直撃は避けたけど……明らかに今までとは違う精度だ。

「今のは……あいつなのっ!」
「あれは……ネオボードバイザー・ガンシンガー!」
塔の根元に佇む巨大な人影。
それはジェネシスが使用するリボルケインの原型機、ソードダンサーの姉妹機であるガンシンガー。
そして、その巨大なアーマードモジュールの装着者となっていたのが……

「エスト!?」


ねここの飼い方・劇場版 ~十一章~



塔より全周波に渡って通信が流されてくる。
その声はそれなりに若い男の声だ。だが声質は歪み、他者を憎しみ蔑む様な雰囲気を滲み出させている。

『どうかね、正義の味方気取りの愚かな武装神姫ども。
 その正義気取りにお答えして最高の舞台を用意して差し上げたよ。
 友人を打ち倒して世界を守る、か。それとも倒され朽ち果て、我等の手先になるか。お前たちの運命はそれだけだ。』

塔の前に佇むエスト。……いや、今はガンシンガーと言うべきだろう。
彼女の全身はブリガンディモードになったガンシンガーと一体化していた。
「エストちゃん、どうしちゃったの!?」
思わず叫ぶねここ、だが彼女は一切の反応を示さない。その目に輝きは鳴く、ただ命令に従うだけの殺人マシーンのような虚ろな目。

『彼女は思った以上に頑強だったがね、我等の技術力を持ってすれば不可能ではなかったよ。フフフ……無益な抵抗だったな。
 ……そして、今は我等の忠実な番犬だ。精々楽しく遊ぶ事だな』

「そんなっ!?」
『嗚呼、忘れる所だった。彼女ごと破壊しても一向に構わんが、その場合全データが修復不能、ついでに本体側も自壊するようしておいた、まぁ精々頑張りたまえ』
男が言い終わると同時にエクセルビームライフル“ロンゴミニアド”を構え、連続して狙撃をしてくるエスト。
『ねここ急速回避!』
「やってるけど、でもっ!」
再び再加速を掛け火線から逃れる。しかしその射撃は正確かつ高出力で、直撃こそないけれど各部装甲がチリチリと悲鳴を上げ始めている。
それに、しがみ付いているだけのジェネシスへの負担が大きい。
『ねここはエストちゃんの相手を! ジェネシスはこのまま突入してください、急いで!』
「しかし、ねここだけではっ!」
「行って! ……何時までも背中に乗られてると……足手まといなのっ!」
ねここはそう断言。でもその目からはポロポロと涙が溢れ流れて……

「わかりました……マスター、リボルケインを!」
『おぅ! やっちまえジェネシスっ』

シューティングスターよりダイブ、自由落下していくジェネシス。
やがて、彼方から飛来した戦闘機にタイミングをあわせ絶妙に着地。

「モードブリガンディ!」

ジェネシスが鋭く叫ぶ。同時にリボルケインが展開、ジェネシスを包み込むようにして装着。
白銀の帝王、爆誕!

『続いて行くぞ!』
「了解です……ツゥゥゥゥゥル!!コネクトォォォォォォ!!!」
リボルケインに続き彼方から飛来したマイナスドライバーを、天高く掲げた右腕に装備!
「ディバイディング!!ドライバァァァ!!!」
そのまま勢いを殺すことなく、いやそれどころか推力を全開にして塔の基部に特攻をかけるジェネシス。
「…若い…」
だがその突入位置を容易に予測したエストがチャージングチューブを接続したロンゴミニアドを構え、最大出力でジェネシスを撃ち砕かんと待ち構えていた。
特攻してくるジェネシスを悠々と待ち受け、その破壊の槍で粉砕せんとするエスト。
『ねここ!』 「そんなこと、させないのっ!」
ジェネシスを撃ち抜かんとするため、ねここへの砲撃は止まっていた。砲撃が停止した瞬間ねここは艦首を翻し、主砲のローエングリンを放つ。
目標はロンゴミニアド。だけど旋回中に発射したビームは目標を外れ、エストの足元へ着弾。

「死ね」
「おりゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」

フル出力の一撃は直撃コースを外れ、虚しいエネルギーの浪費と終わる。地面を抉ったビームはエストの足場を切り崩し、それが運良く照準を狂わせたのだ。その隙にジェネシスは電脳空間を切り裂き、中心部へとダイブを敢行する。
『ち、追えエスト……Gを八つ裂きにしてしまえ』
「は……」
まだ開いたままのゲートへ突入せんとするエスト。だが、その寸前、側面からの一撃にエストは大きく吹き飛ばされる。
ねここが加速をかけて体当たりをかけたのだ。シューティングスターの推力に物を云わせた強引で強烈な突進。
そのままゲートの前に立ちはだかり、ファイティングポーズを取る。
やがて吹き飛ばされたエストもゆっくりと立ち上がる。重装甲で全身を覆ったエストにダメージは感じられない。
出力と装甲が違いすぎる。だけど……

「絶対に……ここは通さないんだからっ!」



『どうだジェネシス、中核反応はあったか?』
「はい……キャッチしました。あと50」
一方ジェネシスは制御プログラムの階層まで潜り込んでいた。
やがて彼女の前に姿を現す、空中に浮かぶ巨大な金属球。神姫よりもそのサイズは遥かに大きい。
「……あれですね、一気に行きます!」
ジェネシスが全身に内装された砲門を展開する。Gのキャノンが、両腕のビームユニットが、腰のヴェスバーが。
そして周囲には残存していたドラグーンが。全砲門が目標である金属球へと照準を合わせられる。
その時、金属球に赤いラインが浮かびあがる。それは金属球に目の様な模様を書き上げ、同時に内部より何本かの細長い円柱状のフレキシブルアームがせり出してくる。
「な!?」
ジェネシスがその変化にひるんだ瞬間、アームの先端より放たれる多数のリングレーザー。
ブリガンディモードでは小回りに欠けるため、大きく回避半径を取らざるを得ない。攻撃態勢を解除してスラスターで回避行動を取る。
更に追撃のつもりか、目に相当する部分から極太の拡散レーザーを発射。
ジェネシスはリボルケインを巡航形態にチェンジさせて一旦後退、間合いを取る。
『……ありゃタングラムか。自衛プログラムとして、HOSの暴走起動用プログラムに融合させてやがる』
「逆に言えば、アレにワクチンを撃ち込めばこの事態を収拾出来るわけですね」
『そうなるな……よし、全力でぶちかましてやれ!』
「はいっ! モードブリガンディ!」
全推進系を全開にし、超高速で突撃。咆哮と共に再び鎧を纏い、悪を断つ剣と共にタングラムへと突き抜けてゆく。
それを迎撃するように、タングラムの目からは極太の収束レーザーが射出される。だがそれをエクスカリバーで歪め切り裂きながら突撃するジェネシス、そして。

「必殺!リボルクラッシュ!」

雷光一閃!
彼女の鮮やかな一撃は、巨大なタングラムを完全に真っ二つに分断させた。そのままデータの藻屑となって崩壊していくかに見えたタングラム。
だが…
「そんな、復活した!?」
ジェネシスの叫びが木霊する。一瞬崩壊していくかに見えたタングラムは損傷部分を修復、直ぐに元の状態へと復元を果たしてしまった。
「アイツは無敵なんですかマスター!?」
『ちょっと待て、今のでデータが取れた。……何処からか修復プログラムが流入して復元されたらしいな。流入元はこの近辺じゃない……ルート検索。……いた。補修プログラムを持ってるのは…ガンシンガー!』


『……という訳で、アイツを倒さないとワクチンが投与出来ないみたい。ねここ……お願いっ』
『しかも厄介な事に同時にだ、片方だけ破壊しても互いに補完しあうらしくってな。ジェネシスの方は準備万端……あとは其方次第だ』
「な……なんとかやってみるのっ!」
そうは答えてくれるものの、戦況は悪い。
元々ネオボードバイザーと武装神姫では出力と装甲に雲泥の差がある。
出力に物を云わせ総計5門のビーム砲を連射、尚且つエストの高い処理能力によってその射線は正確無比。
ねここもイリュージョンシステムで撹乱を行うものの、砲撃ではエスト諸共吹き飛ばしかねないので迂闊に攻撃が出来ない。
『何か手段があるはず……何か』
ガンシンガーのデータを手元のコンソールに呼び出し、機体特性を調べ上げる。
変形システムを搭載してる機体は大抵の場合各種機構が複雑になり、脆い部分が存在しやすくなる。その辺りに突破口がないだろうか。
だがこの機体は全身に渡ってフレームが走ってる上に、素体と合体することにより負荷の分散を図ってる。
太腿部分は露出してる。しかしエストに一部でも傷を付けた場合どんな悪影響が出るかわからないので、迂闊に脚部を切断するわけにも……
アーマーの配置状況はどうだろう。脚部、腕部…胸部、これなら…いけるかもっ。
『ねここ、今から送る戦術を試してっ!』
「あいあいさー☆」
ねここにも私の気持ちが伝わったのか、急に陽気な声になる。
シューティングスターを背負ったまま、軽やかに幻惑のダンスを踊る。背中に重量級の物体を背負っているとは思えない身軽さ。
ガンシンガーの周囲に出現し続ける無数のねここ。それに対して全身の火器で片っ端から撃ち落してゆくガンシンガー。
だけど全て素通り、ホログラフが虚しく拡散するだけ。何故ならねここは……
「こっちだよっ!」
遥か上空、相手の真上から急降下を掛ける!
同時に両舷のローエングリン砲口部からビーム刃を展開。それはライフルの全長に匹敵し、サーベルというより長大な騎兵槍とでも言うべきシロモノ。
中世の騎兵のように、いや其れとは桁違いのスピードを以って空間を駆け抜ける流星。
『馬鹿め、一撃で撃ち落してやれエスト!……どうした、おぃ! 早くしろ!』
それは偶然、いや彼女の意思の力による必然か。ほんの僅かに、だけど確実に動きの鈍るガンシンガー。
「……せ……ぃ、さ…せませんっ!」
うっすらと瞳に生気の戻ったエスト。だけど彼女は覚悟を決めた様に瞳を閉じ
「私……もろとも……」
閃光となって迫ってくるねここ対し遺言のように呟く。

「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

ずぶりという音がしそうな程、易々とガンシンガーの左右胸部上面に深く突き刺さるビームランサー。
それはガンシンガーの装甲部分のみを貫く様に……
唯一の支えが外れ、剥がれ落ちる胸部装甲。同時に装甲の支えを失ったエストの身体もグラリと崩れ落ち始め……そこを両腕でキャッチ、そのままガンシンガー本体より引き抜いて一気に離脱するねここ。
ガンシンガーの胸部装甲はポンチョのように上から被せる方式、だから上面装甲を切り離せばそのまま引き抜けると思ったのだ。それは大成功。
そして急旋回し、抜け殻だけになったガンシンガーへ再び槍先を向ける。

『ねここ、フィニッシュ!』
「了解なのっ、ねここブースタァー!!!」

最大加速して正面から突っ込む!
ガンシンガーからは無数のビームが放たれるものの、先ほどまでの正確無比な射撃とは無縁の素人以下の乱射程度だ。
激突寸前、自らを切り離し急速離脱するねここ。
先程までねここがいた場所には、背部に装着されていた旋牙が前方配置され唸りを上げて回転している!

「ゴー!!!」

『なんだとぉぉぉぉぉぉ!?だからドリルは取れと言ったのだぁぁぁ!!!』

ガンシンガーの各部に深く食い込み、抉り、そして突き抜けるシューティングスター。さしもの重装甲も全推力を背に受けた旋牙とビームランサーの破壊力には無力だった。
そして突き抜けたシューティングスターが旋回、そのまま天頂から最早残骸となったガンシンガーへと最後の突撃を掛ける。
修復される可能性がある限り完璧に破壊しなければいけない。

「……ごめんねっ!」

同時刻
ウイング内に仕込まれたGのキャノン、両腕のビームユニット、腰のヴェスバー。そして周囲のドラグーン。
全砲門を、既に戦闘力を無力化させ瀕死のタングラムへと向け、射撃体勢を取っていたGが咆哮する!

「この力……今こそ解放の時!」


二つの場所で同時に発生する閃光、それはこの戦いの終焉の鐘を鳴らすかのよう……


~終局~


「ホストコンピュータ、完全に乗っ取られました! 制御…不能!」
「電源落ちません! 主動力室ごと止めないと無理ですっ」
制御室にオペレーターたちの報告、いや悲鳴が響き渡る。無益と知りつつも全力で対処しようとする人々。
やがて、ドサリと背後で何かが崩れる音がする。

「そんな……馬鹿な……」

つい先程まで絶対の自信を漲らせ指揮を執り続けていた、彼らのリーダー格の男。
ソレが椅子に崩れ落ちたのだ。
「脱出しましょう教授! 乗っ取りによってこちらの場所が判明したとしても確保した足止め用の神姫どもがいます。ヤツらを盾にすれば十分時間は稼げます。今のうちに……」
傍らにいた若い男がそう助言する、だが……

「残念でしたね、皆々様♪」
後背のドアが突然無礼に開き、逆光と共に一人の少女が現れる。
「な…貴様何処から!? いやそれ以前に警備は何をしている!?」
責任を擦り付けたいのだろうか、誰に向かってかも判らない怒号で叫ぶ男。
「何処って……此処のドアからに決まってますでしょう。それと、暴走神姫たちも残さず返して頂きましたよ」
挑発的な瞳で切り返す少女。
「そんな筈はあるか! 何百いたと思ってるんだ!? おい、やっちまぇ!」
傍らで立ち尽していた警備用のアムドライバーに命令、いや嗾ける。
彼らには対人攻撃防止プログラムはない、少女を有機物の塊にせんと一斉に飛び掛ってゆく。
「ふん、遅いね」
次の瞬間、間接部を綺麗に切り裂かれボトボトと床に落下していくアムドライバーたち。
少女の前に、天使と見紛うばかりの-翼-シルエットを持った武装神姫が浮遊していた。
「ありがとマルコ。助かるわ」
「何言ってるんです、わざわざ挑発なんかして。万が一だってあるですからね」
まるでピクニックにでも行くような調子で会話をする二人。
その隙に反対側のドアから脱出しようと、何人かの男が慌てふためきながらも駆け出す。

「全員動くな!」
発砲音の後、反対側のドアが倒れる。誰かがドアの接合部分をショットガンのような物で破壊したのだ。無論その誰かはすぐ判明する。
倒れたドアの向こうには今しがた拘束命令を飛ばしたアーンヴァル型の神姫と、数十体に及ぶヴァッフェバニー型が銃器を構えて殺到していた。
驚き倒れた男の一人が、混乱しつつも懐から拳銃を取り出し神姫を撃ち抜こうとする。
だがそれは無益だった。銃を突きつけた時点で銃身がドロドロに誘拐してしまったのだ。
それはアーンヴァルが放ったレーザーライフルの一撃。彼女らもまた対人用として殺傷力のある武装を装備していたのだ。
「それ以上抵抗すると……痛い目みますよ?」
敗北を悟る男たち。全員が力なくその場へと項垂れた。



「あれ……私何やってるんだっけ」
「ボクなんでこんな格好してるんだろ?」
ワクチンの効果は直ぐに現れ始めていた。
それまで暴走し、獲物を求め彷徨っていた神姫は次々に正気に戻っていく。

満身創痍の十兵衛とリン。
それを延々と包囲し続けていたホイホイ軍団も、乗っ取り成功により消滅。
二人の目の前でキラキラとポリゴン粒子に変換され消えてゆく。
「……勝利……か…」
「みたいです…ね。つ…つかれましたぁ」
へにょりと背中合わせでその場にへたり込む二人。でもその表情は達成感に満ち溢れていて。


「終わったみたいですね、よかった……二人は無事でしょうか」
気の抜けた表情で溜息混じりに呟く雪乃。
「大丈夫ですよ。貴方が信じてあげなくてどうするんです」
今度は自分の番だな、と雪乃を励ましにかかるココ。
「そうですね……」

「おーぃ、ユキにゃ~ん♪ ココちゃ~ぁん☆」
彼方から聞こえるねここの声。
二人が声の方を見合わせる。そこには夕日をバックにジェネシスのリボルケインに乗り彼女たちの下へやってくる、ねここ、ジェニー、エストの姿が。
「ねここーっ♪」
思わず手を振りながら飛び出してゆく雪乃。
「ユキにゃんっ☆」
嬉しさのあまり、リボルケインから思わず飛び降りダイブ!
「わ…っ、よ・・・っと。……ふぅ、危ないですよねここ」
「ユキにゃん、ナイスキャッチなの☆」

「……おかえりなさい、ねここ」
「うんっ、ただいまっ♪」
そこには何時もの、見る者全てを幸せな気持ちにさせてくれる、満面の笑みを溢すねここがいたのでした。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー