メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10月2日
今日も兄達はあの子に夢中だ。みんなで集まってああでもないこうでもないと話し合っている。たまには武装の話だけじゃなくてかわいい洋服を着せてあげればいいのに。かわいそうなあの子。
10月4日
兄が遊びに来ていたあいつにあの子を見せびらかしていた。あいつににっこりほほえむあの子を見て普段を知ってる私は思わず吹き出しそうになった。笑顔を向けられたあいつの顔が忘れられない。
11月20日
今日もあいつが遊びに来た。あれに会いに。あいつとあれが交わす表情が忘れられない。とても、つらい。


連続神姫ラジオ
浸食機械

14:初恋の人
島の北端にある半地下の施設、コウガはそこにいるらしい。西園寺の話では入り口は電子ロックがかかるようになっており人は入ることはできないそうだ。しかし神姫なら地上に顔を出している排気ダクト、配電メンテナンス用の空間、潜入経路は色々とある。プルミエとの相談の結果密林からほど近いところにある排気ダクトを目指していた。バーニアを駆使して木々の中をましらのように駆け抜けていた僕たちだったが次の足場に飛び移った瞬間、何かが足に巻き付き地面へとたたきつけられた。視界が回復した僕たちが見たものは足に巻き付いたゾイド「ステルス・バイパー」だった。
「何でこんなものが?」
戸惑うプルミエだったが僕はこのゾイドに心当たりがあった。果たして彼女は僕達に語りかけてきた。僕の知っている声で。
<ねえ、勝。いつまでもその子と遊んでないで一緒に帰ろう>
僕の幼なじみ、楓の声で語りかけてきた。
<あのコウガとかいう奴はいってたよね、神姫を破棄すれば帰してくれるって。あれ、本当だよ。船もちゃんと用意されてたし、私たち帰れるよ>
楓は疑似CSCを積んだロボットと神姫のタッグマッチの選手だ。そして愛機はステルス・バイパー、こいつが楓である可能性は否定できないけど僕はそれでも信じたくなかった。
<だめだ、僕はプルミエを見捨てていけない。楓もそんなことは言わない>
その言葉にゾイドがショックを受けたように見えた。だけどそれも一瞬のことで、あっという間もなくプルミエの足から這い上がったゾイドが彼女をの全身を締め上げた。
<馬鹿ね、命がけの時なのにその人形のことが大事なんて。いいわ、今破壊してしまえば結果は一緒だから>
奥の茂みから草をかき分けて白い神姫が出てきた。プルミエとよく似た白い機体、でもその髪は短くそろえられ、ペイントが微妙に違った。一番の違いはその鋭い眼光だろう。
<清四郎、やるわよ。勝と一緒に帰るために>
神姫はマスターには逆らえない、そして清四郎の今のマスターは楓だ。こちらに向けられた彼女の銃口を見て僕はここにいるのが本物の楓だと悟った。

次回:コッペリアの棺に続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー