メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 バトルが終った後、携帯で時間を確認すると六時を回っていた。そういえば先程までたくさんいた人が心なしか少なくなっているような気がする。夕食時だからだろうか。
 中にはまだ残って頑張っている人たちもいたが、僕は姉さんを待たすわけにもいかないのでウチに帰るため上がってきた階段を下りていった。

 「おい、そこのお前! ちょっと待て」

 そんなひどく乱暴な声が聞こえてきたのは僕が階段の踊り場のあたりまで下りてからだった。
 しかし、引っ越してきたばかりで知り合いがまったくいない僕は、もちろん声をかけられる覚えはまったくないので人事だと思い階段を下り続けた。

 「待てつってんだろ! 無視すんな!」

 再び聞こえる怒声。驚くべきことに女性の声だ。

 「……ねえ、ダイチ。呼ばれてるみたいだよ」

 ランがそう言ってこなければ無視したままさらに歩き続けていたかもしれない。僕は慌てて足を止め、振り返った。
 そこには一体の神姫を肩に乗せた女が立っていた。僕を追って走ってきたのか、少し息をはずませている。
 身長は僕と同じくらい、いや、相手の方が高いかもしれない。間違いなく百七十センチは確実にあるだろう。きれいな金色に染められ軽くウェーブをかけられた髪が遊びなれた大人のような印象を与えていた。大学生だろうか? 顔は美人といえば美人だが、先程の乱暴な言葉遣いも手伝って、どこかキツそうな印象を受ける。なんとなくタバコが似合いそうな顔立ちだった。
 肩に乗せている神姫はサンタ型のツガル。上から下まで完璧なパンキッシュファッションで着飾っており、ツガル特有の少し生意気そうな顔でこちらの様子を伺っている。

 「なにか用ですか?」

 呼び止めたからにはなにか用事があるのだろう。
 とりあえず女は年上っぽいので敬語で返事をする。
 女は息を整えるためか、一つ深呼吸してから口を開いた。

 「やっと止まったか……。呼んだら返事くらいしろよな」

 そんなことを言われても、まさか僕が呼ばれてるとは思わなかったのだから仕方がない。僕は弁解しようかとも思ったが、早く帰りたいのとめんどうくさい気持ちもあり、とりあえず「すいません」と素直に謝っておいた。すると女は気にしている様子も見せず、口の端を吊り上げて 「不敵な笑み」という言葉がこれほどぴったりはまる笑い方はないなと僕に思わせる顔をした。その表情はどことなく僕をからかおうとしている時のランに似ていて、僕の背筋に少し嫌な予感が走った。

 「なに、わかってくれればそれでいいよ。そんなことよりお前、見かけない顔だけど、この辺の高校生か?」

 初対面の人間に対して「お前」というのは少しなれなれしすぎやしないかと僕は思いつつ肯定する。

 「どこ高だ?」

 「阪井高校ですけど?」

 彼女はさらに追及してくる。なんなんだ一体、僕が通う高校を聞き出してどうするつもりなのだろう。僕は彼女のなれなれしい口調と態度に若干の苛立ちを感じた。
 ちなみに阪井高校とは進学校というほど優秀な高校でもなく、部活も特に目立つ成績をあげるような高校でもない。なんの変哲もないごく普通の公立高校である。
 にも関わらず、彼女は眉を吊り上げたあと「しめた」というふうに不敵な笑みをさらに広げた。
 なんだろうか。僕が阪井高の生徒だとなにか都合のいいことでもあるのだろうか。
 僕がさらに嫌な予感を募らせていると、今まで肩の上で黙って座って僕と彼女のやりとりを聞いていた相手のツガルが口を開いた。

 「やりましたわねお姉さま。これで次の試合のメンバーがそろいましたわ」

 見事なお嬢様口調だ。それにしてもお姉さまか。確かに目の前の女はそう呼ばれるのが一番ふさわしいなと僕は思った。
 ところで次の試合のメンバーとはなんのことだろう。

 「決まりだな」

 「ええ。この方でよろしいかと」

 僕の疑問とはよそに、目の前の二人は互いに顔を見合わせ頷きあっている。
 いったいなにが決まりなんだ。なにがこの方でよろしいんだ。僕がたまった疑問を吐き出そうと口を開きかけると、言葉を発する前に女が手を差し出してきた。

 「おめでとう。たった今、お前は我が阪高の神姫部の5人目の戦士に選ばれた。これからよろしくな」

 おめでとう? いったい何がおめでたいんだ?
 我が阪高? アンタ大学生じゃなくて僕と同じ高校生なの?
 神姫部? それはいったいなに?
 よろしく? なんで僕がアンタとよろしくしなくちゃいけないんだ? 
 様々な疑問が一斉に僕の頭を駆け巡り、どれから質問しようかと僕は混乱した。そして気がつくと僕は彼女と手をガッチリと握手してしまっていた。それが彼女が無理矢理したものなのか、僕が自らしてしまったのかは、クエスチョンマークだらけのこの時の僕の頭では考えることができなかった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー