メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    

 窓を全開にした車の助手席のドアに頬杖をつき、びゅうびゅうと吹き付ける春先の風を耳に受けながら僕は右から左へ目まぐるしくスクロールする田舎の風景を眺めていた。

都会とは違う背の低い建物の間から常に見える山や木は、時代は2036年となり日本中がますます近代化していってるとはいえ、まだまだ自然って残ってるんだなという印象を受ける。

 今日、僕は東京からこの田舎町に引っ越してきた。明日から高校二年生になると同時にこの街の高校に通うことになっている。

 僕は「ふう……」とこの車に乗り込んでから何度めかの溜息をついていた。
 もともと住んでいた町に思いいれがあるわけでもなく、かといって友達もそこまで多くない僕は転校が決まった時も、特別動揺したり緊張したりすることもなかったのだが、今目の前に広がっている風景は昨日まで見ていたそれとはまったく違ったものであり、今日からこれが当たり前になると思うと途端に僕の胸の中で新生活への期待と不安が渦巻き始めていた。


 

「そんなに緊張しなくても大丈夫よ」


 

僕の微妙な心理状態を見抜いたのか、車を運転している姉さんが唐突にそう言った。

年は僕より五つ上、神姫専門の研究所で仕事をしており今回の引越しはこの姉さんの仕事の都合によるものだった。


 

「なんのことだよ」


 

胸中を見透かされたことに軽く驚きながらも僕は態度には出さず自然にとぼけた。しかし姉さんは伊達に僕の姉を十六年しているわけではないらしい。腹が立つ位軽やかにフフッと鼻で笑った。


 

「まあ、あんたには頼りになるランちゃんがついているから大丈夫よね」


 

その言葉に僕は思わずフンと鼻を鳴らす。


 

「このクソ生意気神姫にバトル以外で頼れるところなんてあったっけ?」


 

そう言いつつ僕は体を捻り、後部座席を振り返った。

そこには姉さんのバッグと僕が車内で暇つぶしをするための本やゲーム機の入ったカバン。そして、その影で大の字になり気の抜けた寝息をたてている白い神姫がいた。

その純白の素体だけを見れば天使型のアーンヴァルに見えるかもしれない。しかしその首から上にくっついているコアユニットは金髪でおとなしそうなアーンヴァルのそれとはまったく違い、薄緑色のツインテールをたらした生意気そうな釣り目のストラーフだった。

悪魔型ストラーフのリペイントモデル、通称「白黒子」。日本で一時期だけ発売されていたものを姉が僕への誕生日プレゼントとして贈ってくれたものだった。

こいつの名前はランという。これは僕自身がそれなりに悩んでつけた名前なのだが本人はイマイチ気に入らないらしく度々文句を言ってくる。

僕が思わずそのランの間抜けな寝姿に見とれていると、そいつはわずかなうめき声とともに体をよじらせた後、むくりと起き上がった。もしかしたら悪口を言ったのが聞こえたのかもしれないと僕はヒヤッとする。


 

「ふあ~あ……。よく寝た。あれ、どうしたのダイチ?」


 

オーナーであるはずの「大地」という僕の名前をまるで飼い犬を呼ぶように気安く呼び捨てにするランは、いつもは日本刀の切っ先のように鋭い目をしょぼつかせたままキョトンとした顔でこちらを見てくる。どうやらこいつが起きたのは自分への悪口を聞いたからではなくたまたまだったようだ。


 

「別に。お前の悪魔型なのに天使みたいなカワイイ寝顔に見とれてただけさ」


 

僕が内心安堵しながら皮肉を言うと、眠たそうだった顔を途端にニヤつかせ、僕が座っているシートを素早くよじ登ってきた。


 

「だったら見とれついでに、お目覚めのチューまでしてくれてもいいんだよ?」


 

そう言ってその小さな唇をホレホレとばかりに近づけてくる。

出会ったばかりの頃はこういう冗談にいちいち反応してしまい、よくからかわれていたものだと思い出しながら僕はそれ以上相手にせず、窓の外に顔を背けた。

僕が冗談につきあうつもりがないとわかるとランは「つまんないの、少しはノッてよね」と不機嫌そうな声を出し僕の肩に座り込んだ。


 

「どうせまたボクの悪口でも言ってたんでしょう?」


 

鋭い。

ランは座ったまま投げ出した足をブラブラさせる。そのかかとが僕の鎖骨に当たり、さりげなくダメージを与えているのはおそらくわざとなのだろう。


 

「悪かった、僕が悪かったから。とりあえずやめてくれ」


 

鎖骨の痛みに耐えかねて謝ってしまった。するとランは得意げな顔になり腕を組んでうんうんとうなずく。


 

「そうそう、それでいいんだよ。どうせわかってるんだからこれからは言いたい事は面と向かっていいなよ?」


 

冗談じゃない。と、僕は思った。僕がランに言いたい事を直接言えば、毎日が口げんか。挙句の果てにロボット三原則の第一条を無視してのデモニッシュクローをくらわされかねない。

僕は今までランの強烈な一撃によって倒されていった相手神姫たちの姿を想像し、身震いしつつ「わかったよ」とだけ答えておいた。

そんな俺たちの様子を見ていた姉さんは楽しそうに微笑んでいた。

 

 

第二話 神姫センターへ





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー