メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ざわざわ、ざわざわと、たくさんの音が交じり合った、その空間は異様だった。
あるところでは勝利の雄たけび、あるところでは敗者の怨嗟。
またあるところでは黄色い賞賛、またまたあるところでは、シリアスな議論。
合間に轟くは、火薬のはぜる音、鋼のうなる音、怒号、悲鳴。

ここは神姫センター。人の欲望渦巻く魔城……。




「マスター、ワケのわからないナレーションをいれて面白い?」

カバンから突っ込むは、凛とした声。私の神姫のタマさんである。

「ああんもう、なんかこうソレっぽいの入れたらそれっぽくなるかなーって」
なるわけないじゃないか、キミは本当にバカだな!などと再び言葉のカッターをいただく私。
タマはん、ホンマに容赦ないお方やでぇ……。
そんなわけで、私とタマさんは、通学途中の駅にあるセンターに来ている。
規模と人の入りは、平日とはいえ少なくはない、駅そのものが、別の路線への連絡駅になってるせいか、安定した集客があるらしい。
かくいう私もこの駅から別の路線に乗り換えて帰宅、あるいは通学するので、良く利用させてもらっている、ありがたや。
「それはともかく、学校帰りに一人で神姫センターって、女子高生的にはどうなんでしょうね」
「ゲーセン入り浸るよりかは多少マシなんじゃないか、タバコ臭くないし」
近場にあるゲーセンはタバコくさくていけない。この時勢、全面喫煙可ってなかなかないんじゃないかしらん。
さておき、何も漫才をしに、私たちはここにきたわけじゃない。いや、漫才は毎日してるけど。
「で、マスター、今日は何しにきたんだ」
「タマさんや。今日は新作の服があるらしいのでちょっとタマさんのファッションレパートリーを増やしに」
つまり、服を買いに来ただけなのだった。

ところ変わって、神姫用の服飾売り場。
タマさんは肩の上から服を眺める。
今回の新作は、アシンメトリーと銘打たれた逸品。
左右非対称の、斜めにカットされたスカートが特徴のドレス。
赤い生地に、黒のレースはちょっとアダルティな空気をかもし出す。
「いかがですかタマ先生。私的にはいい線いってるとおもうのですが、先生には」
コレを着たタマさんを思うかべる。おお、アダルティ、大人の女!
一方タマさん、ドレスへ視線を。お、ちょっと食いついたご様子。
「……ま、アリ、じゃないかな。キライじゃないよ」
むむ、先生的には50点より上に入った程度か、さすが、お眼鏡にかなうものはなかなかありませんのぅ。
しかし、スルーするのももったいないので、私はコレをお買い上げした。うふふ、財布が軽くなるわぁ……。

「いやぁ、センターいいなぁ、ゲーセンじゃ武装の類はあってもこういう物は置いてないからねー」
ほくほくと小さな紙袋をカバンにつっこみつつ。懐の氷河期?知らねぇなぁ!
「あれはあれでキライじゃないけどね、私は。闘いの雰囲気は、好きだよ」
ううむ、タマさんはバトルスキーであるからな。武装神姫としては正しいメンタリティなのかもしれませんが。
ちょっと、タマさんに視線を落としてみる。ちらっ、ちらっ、と私を見る私の神姫。
「……じゃー、闘いの雰囲気もちょっと感じに行きますか?」
なんとなくを装ってささやいてみる。
「……マスターがそういうのであれば、やぶさかではないな。時間もないしいこうじゃないか」
いやぁわかりやすい。



そして、バトルブース。
とはいっても、そんな長いこと歩く距離でもなく、あっという間にご到着。
おーおー、賑わってる。わいのわいのと会話と、バトルのSEが飛び交う。
スクリーンに映ってるのは、アークとアルトレーネの闘い。
足に取り付けられたホイールを生かし、機敏に動き回るアーク。手には黒い無骨なアサルトライフル。
各所のコンデンサから得られる電力を生かして、低空から攻めるアルトレーネ。こちらは細身の片手剣。
武器こそ違うものの、他はすべて、初期から付属しているパーツのみ。ほぼ初期装備で立ち回るそのさまは、なんとなく美しい。
いいなー、こういうのあこがれちゃうなー。などと、私の感想。うん、時々、男に生まれればよかったなぁ、と思わなくもない。
あ、アルトレーネが勝った。決め手は近接戦闘の読み合い。
「……あの子と、戦りあって、みたいな」
ぽそりと聞こえた、静かだけど、感情のこもった声。ほんとにバトルスキーなんだから。
んじゃぁ、いっちょ準備しようかしらん。と、カバンから、紫色の布に包まれた、細長い何かをタマさんに。
「……もってきてたんだ」
「そりゃこういうところ来るんなら、タマさんは絶対1回は戦いたいなぁと思うところであるし、もってないとねぇ」
いまいち日本語になりきれない返事をしながら、私はよいしょ、とブース内の対戦スペースへ。
「あー、指名バトルだと時間と、向こうさんの名前わからないからランダムになっちゃうけどいいかなー?」
スクリーンに、神姫の名前とオーナー名も出てたはずなんだけど、私の記憶力は鶏なみなのだ!フハハハハハ!
「……まぁ、それくらいはしょうがないか。とり頭なのは今に始まったことじゃない」
……神姫に言われるのはクるわー。超クるわー。



空は、焼けた赤い色と、日が落ちた藍色の境界ができている。
雲の作る影と、赤い輝く太陽。ひどくキレイな光景。
空気は湿気と熱気を含んで、あまり心地いいものじゃないけど、この空を見てると、なんとなくラクになる気分。
「夕方の空が綺麗やねぇ……」
ああ、なんか清々しくすらなってきた、さぁ帰ろう。ごはんも準備しなきゃいけないし!

「……負けてここまで清々しいオーナーも珍しい気がするね。私も大概だけど」

ええ、負けました。先ほどから始めたバトルは、私たちの負けでございました。
何せ、装備は刀一本で、後は服のみ。相手からすりゃもう、ナメてんのかてめぇといわんばかりの有様。
いや、そこそこいいとこまでいったんだけどね?
「まま、そういわないで。縛りプレイで負けはよくあることさぁ。タマさんのがんばりはけなす気ないし」
刀一本でどこまで戦えるのか。そんな縛りプレイというか、ルールというか、そういうものを定めている私たち。

勝率は高くない。そりゃそうだ、空は飛べない、走れはするけど、推進装置を積んだ神姫ほど早く動けない。
身体には衣服ひとつ、あたれば致命傷。武器は刀だけ、遠距離でガン攻めされたら完封。
うん、完璧だ、勝てねーな!

「ま、私もまだまだというところだね、飛び道具ごときでこのていたらく。精進が足りないな」

ふん、と鼻息ひとつのタマさん。あなた、時々ストラーフなのが間違いな気がしますよ。紅緒さんの生まれ変わりじゃありませんこと?
おかげで向上心と努力はすごいんだけど。ちなみに、この縛りを決めたのはタマさん本人です。パネェ。

「んじゃー帰ろうか。今夜は餃子にするぜー、包んじゃうぜー」
「じゃあ私はキャベツ刻みでも手伝おうか。刀の修練にちょうどいいし」
「……よ、よろこんでいいのカナ?」

帰宅後、キャベツを前にするタマさんは、ひどくシュールな図であったと、こっそり付け加えておこう。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー