メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一番好きなのはⅧの斬鉄剣(著者の好みであって本編とは一切関係ありません)




7月30日(土)

「…………」
「おう、奇遇だな」

 翌日、復帰した華凛とともにゲームセンターへと訪れた私を待っていたのは、あの宮下さんだった。確かに昨日、いい勝負が出来るかもと思ってはみたが、まさか本当に宮下さんがくるとは。
 この間と変わらぬ黒いコートに鋭い視線。ここに立つだけで私は逃げ出してしまいたくなる。当然そんなことはしたくない。
 私は一度だけ華凛の方を見た。私の視線に気付いた華凛は、無言で一回頷いた。
 私はそこに“自信を持って頑張りなさい”と言う意味を見い出した。
 私は覚悟を決めて筺体の前に座った。

「やるんだな?」

 だがしかし、私の決意はその低い声だけであっけなく崩れかけた。

「やります」

 一言、私ではなくシリアがそう宣言した。真っ直ぐ宮下さんに向き合い、手を握り込んでいる。心なしか肩が震えている。シリアだって怖いはずだ。手も足も出せず倒されてしまった相手だ。また負けるかもしれないという圧倒的恐怖。シリアはそれに耐えて自ら立ち向かっている。
 これが私の見習うべき姿なのかもしれない。

「……やる」

 私も再び覚悟を固め、そう宣言した。
 宮下さんも一回頷くと無言でコートのポケットを叩いた。すぐに静が飛び出し、筺体の上に着地する。そしてすぐに筺体の中に入り込んだ。シリアもそれに続くように筺体に入る。
 私もヘッドギアをつけて、ボタンを押した。宮下さんも同様に。

『神姫ライドシステムを起動します。マスターは椅子に深く腰掛けてください』

 いつもの無機質なアナウンス。それなのに、どことなく違うように感じる。

『カウントダウンを開始します。10、9、8、7…』

 カウントダウンも、まるで私の緊張に呼応しているように思えてくる。そして……

『…3、2、1、0、RideOn―――』



 バトルが始まった。今回のバトルは強制負けイベントなんかじゃない。正々堂々の本気のバトルだ。
 大画面の中で静が刀を握る。その刀は、いつもの光学兵器殺しだった。まぁ、始めはそれだろう。樹羽のボレアスの警戒だ。

(宮下さんは、アレ使うのかしら……?)

 2本ある内のもう一本。宮下さんがアレを使うことは滅多にない。使う時は、本気の時だけだ。

(使っちゃったら、バトルにならないか……)

 静の武装が純正装備なのは、コストの大半をそれに持っていかれているからだ。使いどころの中々ない、このままでは本当にお荷物になってしまう刀。それを、今日は抜くのだろうか?

(抜かれたら抜かれた時、か。あれ……?)

 急に視界がぼやけていく。唐突に立ちくらみがして、あたしは思わず壁に背を預けた。頭がひどく痛む。肺が酸素を求めている。ゆっくりと息を吸い、落ち着いて吐き出す。うん、ちょっと楽になった。

(ったく、病気かってのあたしは……)

 別に病気な訳ではない。原因はだいたい予想つく。だからこそ、どうしようもない。どうすることも出来ない。

(何であたし、ここまでしてんのかしらね……)

 頭に腕を当てながら、今更そんな事を考える。本当に今更過ぎて、なんだか笑えてくる。
 でもこれが、今あたしが生きている意味だから。
 壁にもたれかかりながら、天井から下がった画面を見つめる。もう勝負は始まっていた。今まさに両者が激突するところだ。

(頑張んなさいよ、樹羽。負けたら承知しないんだから……)

 あたしはそのまま画面を見続けた。
 あたしには見ることしか出来ないから。今も、そして、これからも。

(あれ、やっぱり……変だな……)

 ふらふらと平行感覚がなくなっていく。両肩を抱いたが、足から力が抜けた。体を支えきれず視界が傾く。頭と肩から床にぶつかったのにも関わらず、何故か痛みはなかった。瞼が重い。あたしの意思に関係なく勝手に閉じようとする。

(樹羽の勝負……見たいのに……)

 必死に目を開けようとする。なのに、意識はどんどん深く落ちていく。
 その時、誰かがあたしの側まで駆け寄ってきた。

(誰か……呼んでるの?)

 誰かがあたしのことを必死になって呼んでいる。樹羽かな? さっき勝負始まったばっかりなのに、もう終わっちゃったの?

(ごめんね……やっぱり無理……)

 あたしは起きようとしたが、そのまま意識は闇の中へと消え去った。



「マスター、早くいこうよ!」
「わーってるよ! 珍しいよな、お前がネタ探し以外でゲーセン行くなんて」
「もちろんそれもあるよ。だけど、あたしもたまには普通にバトルしてみたいんだ。神姫の性ってやつ?」
「神姫の性、ねぇ……」

 俺は今、シンリーを連れてゲーセンに向かっている。夏休みに入って特にやることもなかった俺を、シンリーが誘ったのだ。こいつが自分から進んでバトルをしようと言うのは中々に珍しい。神姫であるにも関わらずバトルよりも作曲に興味があるなんて、何度も思うがもしかしてこいつ壊れてるんじゃないだろうか? まぁ、そういうところがいいんだがな。

「? どうしたのマスター?」
「いや、なんでもない」
「……そう?」

 そんな話をしながら、俺は歩調を早めた。今日も暑い。早く室内に入って涼みたい気分だ。やがて見慣れた建物の前に辿り着く。

「ほら、着いたぞ」
「よし! バトルが私を待っている!」
「あんまりはしゃぎすぎるなよ」

 言いながら、俺は急いで自動ドアをくぐった。途端、冷たい空気に包まれる。あぁ、暑い日はクーラーとかエアコンとかの有りがたみがよくわかる。
 人やゲーム器を避けながら、俺たちは神姫バトルブースへとやってきた。今日もいろんな人がバトルしている。

「あれ? マスター、あれって華凛さんじゃない?」

 シンリーが指さす先には、秋已がいた。壁に寄りかかって画面を見据えている。

「ん、本当だ。おーい秋已……秋已?」
「なんか、様子変だよ……」

 俺たちが話す中、秋已は自分の肩を抱いたかと思うと、そのまま足から崩れた。

「倒れたっ!?」
「秋已っ!!」

 駆け寄って呼び掛ける。こういう時、あんまり触らない方がいいんだっけ。

「おい、しっかりしろよ!」
「マスター、脈と呼吸!」

 慌てて俺は秋已の口元に手を当てた。幸い息はしている。気を失っただけのようだ。とりあえず一安心。
 しかし秋已をこのままにしておく訳にはいかない。また休憩室に運ぶかと思い、秋已の首と膝に腕を通そうとした。

「待ちな」

 突然の声に、手が止まる。振り返るとそこには若い女性が立っていた。気の強そうな目尻にハチマキ。だいたい俺と同じか、少し年上ぐらいだ。さらに目を引くのはその服だった。数十年前に廃れ、今では絶対に見ることの出来ないとさえ言われている白の長ラン。そして、目の前のクラスメイトよりも鮮やかな紅い髪だ。

「その子をどうする気だい?」
「ど、どうって、突然気を失ったから休憩室に運ぼうとしたんだよ」
「…………」

 あからさまに信用されていない。なんで俺は初対面の人に信用されないんだろう。この間も目の前の女の人が落とした物を届けたら、盗んだんだろっておもいっきり濡衣着せられたし。

「姉貴、前の姉貴に戻ってるよ」

 そう言って女性をたしなめているのは、彼女のポケットから顔を除かせているアーク型だった。

「……悪い、紅葉。からまれてるのが知人だとわかっちまうと、どうにも収まりがな」
「いや、からんでねぇんだけど……」

 女性は一回深呼吸をした。そしてもう一度こちらを見る。その瞳からは警戒色が薄れていた。

「あんたその子の友達?」
「友達っつうか、クラスメイトだ」
「そっか、悪いね。どうにも男って生き物は信用ならなくて」
「そ、そうか……」

 どうやら俺の人柄云々ではないらしい。女性は秋已に近付くと、俺の代わりに彼女を抱き上げた。

「とにかく行こう。話はそれからだ」
「あ、あぁ……」

 俺とその女性は、まるで雑木林のような人の波を抜けて休憩室に入った。中にはちょうどよく誰もいなかった。扉が閉まると同時に、ゲーム類の騒音は消え去る。
 女性は秋已を備え付けのソファに寝かせると、こちらに振り返った。

「改めて、さっきは悪かったな。あたしは木嶺楓。こっちは紅葉」
「よろしくな!」
「俺は東雲榊。こっちはシンリーだ」
「…………」

 てっきりすぐ後に続いてくれるかと思ったが、なぜかシンリーはバックの中で何かぶつぶつ呟いている。

「姉貴……廃れた番長……その内に秘められた想い……」
「……シンリー?」

 駄目だ、完全に作曲の世界に入ってしまっている。こうなったこいつは、会話<作曲になるのだ。

「悪い、こうなったらこいつ周りが一切見えなくなるんだ」
「気にすんな。あたしも男に触れられたら周りが見えなくなるから」
「今の内に言っとくけど、不可抗力でも姉貴には触れるなよ。じゃないとあんた、ここの天井か壁に突き刺さる……いや、埋まるから」

 訳がわからないが、どうやら触れてはいけないらしい。そう言えば、男性恐怖症の女性マスターがいると聞いた事がある。二年くらい前に聞いたが、なるほど、この人か。割りと目立つのに、二年間一切姿を見なかったな。

「あんた、榊だっけ? この子の連れの樹羽って子知ってるかい?」
「あぁ、一回戦った事がある」

 結果はドローだったが、最初からクライマックスなら勝てる自信はある。全てはシンリーのやる気次第だがな。

「なら話が早い。あたしはこの子を看てるから、榊は樹羽ちゃんにこの事を知らせてきてくれ」
「わかった。秋已のこと頼むな」

 俺は秋已を彼女に任せ、休憩室を出た。
 シンリーは既に鞄の中で端末を使って曲を作り始めている。この間作ったばかりだと言うのに、何故こんなに曲が作れるのだろうか? やっぱりこいつはどこかおかしいのかもしれない。

(この間作ったのは……『夢追うままに努力して』だったかな?)

 いやにパチモン臭いが、これはこれで人気もあるのが事実なのだ。どこがどういいのか、俺にはわからん。
 バトルブースまで戻ってくると、俺はバトルしていると思われる小柄な影を探した。それはあっさり見付かった。まだバトルしている。モニターを見たが、そろそろ終わりそうだ。

(さて、どう説明すっかな……)

 まぁ、普通に話せば問題ないはずだ。
 俺はバトルが終わるのを一人で待った。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー