メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新たなる力を手にし



7月29日(金)

「練習相手、ですか?」

 翌日の午後、私は柏木さんに一つの頼み事をしていた。
 昨日の午後と今日の午前中に練習した薙刀と機関銃の成果を確認したかったのだ。

「そうですね、僕もたまにはライドしないと、体が鈍ってしまいますからね」
「そうですねぇ、店長は慢性的に運動不足ですし」

 そう言ってエリーゼは腕を組んでいる。そんなエリーゼを思わずまじまじと見てしまう。

「…………」
「ん、どうしました?」
「最近驚かさないなと思って」
「ああ、店長と樹羽さんには効かないことはわかりましたから。無駄なことはしたくありません極力」

 どうやらこれからは驚かさないようだ。内心では驚いていて最近それが表に出そうだと思っていたから、都合がいい。
 と安心した所を驚かされるのが容易に想像できるから、あくまで気は抜かないが。

「そう言えば華凛さんはどうしたんです?」

 柏木さんが疑問に思うのは無理もないが、今日華凛は用事があるとかで午後になったら来ると言っていた(連絡は昼にあったけど)。だからもうすぐ来るはず。

「こんにちは~。まったく夏期講習って面倒よね~」

 噂をしたらなんとやら、間延びした華凛の声がして店の扉が開かれる。その瞬間、エリーゼの姿が視界から掻き消えるのを私は見逃さなかった。
 華凛は制服姿だった。しかし、どこかやつれているようにも見える。いつも鮮やかとも言える髪の張りがない。疲れているのだろうか?

「いらっしゃい、とりあえずそこに腰掛けて待ってて下さい。今何かいれて来ます」

 柏木さんは空いているソファを指し示し、カウンターの奥のドアの奥に消えた。

「じゃあ、よっこいしょっと……」

 華凛が空いているソファに座ろうとした。つまり出来なかった。

「トゥッ、ヘァーッ!」
「どああっ!?」

 ソファの座る部分がばん、と開き中からエリーゼが飛び出したのである。何故であろう。なんか背中に大きなオーラのようなモノが見える。まぁ気のせいだろうけど。

「エ、エリーゼ! あんたは一体なんなのよ!」
「やっぱり華凛さんは驚いてくれるんですね。まぁこんな事が得意でも何の意味もありませんけど」

 エリーゼが何やら感傷に浸りながらソファから降りる。華凛は軽いため息をつきながら今度こそソファに座った。

「はぁ……なんかお店に来る度に驚かされてる気がする」
「私と柏木さんに効かないから華凛に照準を定めた?」
「シリアにやればいいじゃない。なんであたしばっかり……」

 当のシリアはポーチの中で苦笑いを浮かべている。この間なんか影が薄くないかと相談されたが、もしかしたらその通りなのかもしれない。

「で、首尾はどうなの?」
「それを今日確かめる」
「そっか……」

 華凛はそれきり黙ってしまった。やっぱり疲れているのかもしれない。
 妙な気まずさだけが店内に残り、私は柏木さんが帰ってくるのを待つしかなかった。



 朝目を覚ますと、異様に暑かった。昨日は熱帯夜だったから、朝になって余計に熱いのかもしれない。
 とてつもなくだるい体をなんとか起こす。体が気持悪いと思ったら寝汗で服がびしょびしょだった。

「…………」

 時計を見てみると、既に短い針が真上を指していた。訂正、朝ではなく昼だ。

「起きなきゃ……」

 今日は朝から樹羽と一緒に行動するはずだったのに、つい寝過ごしてしまった。
 今日は29日、貴重な時間を睡眠に使ってしまった。これからは気を付けないと。
 とにかく樹羽に連絡しなければならない。あたしはベッドの脇に置いてある携帯を手に取る。これだけの作業なのに、下手をすれば息切れしそうになる。
 落ち着いて呼吸を整え、樹羽の番号を呼び出し、通話ボタンをプッシュ。数回のコールで電話は通じた。

「もしもし、樹羽?」
『華凛? どうしたの? 今日来なかったけど』

 樹羽の問いに、あたしは前もって考えて置いた答えを言った。

「ちょっと用事があってね。ごめんね、昨日の内に言っとけばよかった」
『ううん、平気。午後は来れるの?』
「ええ行くわ。樹羽の成長ぶりを見ないとね」
『そんなにうまくないよ?』
「謙遜しない。樹羽器用なんだから、武器の一つや二つ、すぐに使いこなせるでしょ」
『大袈裟』

 自然と笑いがこみあげてくる。少し落ち着いてから次の言葉をつむぐ。

「じゃあ行くからね。勝手に始めちゃわないでよ?」
『うん、待ってる』

 電話を切る。通話時間はそんなにかかっていないが、不思議と体のダルさは取れていた。これなら動ける。
 あたしはまず汗で濡れた体をどうにかしようと風呂場へ向かった。



 樹羽には用事があるとしか言っていなかったが、あたしは制服を着ていくことにした。夏期講習があったと言えば問題ない。

「こんにちは~。まったく夏期講習って面倒よね~」

 あたかも高校から直接きたように扉を開ける。店の中にあるソファには仁さんと樹羽が座っていた。シリアも樹羽のポーチから顔を覗かせている。

「いらっしゃい、とりあえずそこに腰掛けて待ってて下さい。今何かいれて来ます」

 仁さんが空いているソファを指し示し、カウンターの奥のドアの奥に消えた。

「じゃあ、よっこいしょっと……」

 あたしは指定されたソファに座ろうとした。その時のあたしは一週間前の経験を忘れていたらしい。

「トゥッ、ヘァーッ!」
「どああっ!?」

 突然ソファからエリーゼが飛び出してきた。一週間前にも同じように驚かされた気がするのは気のせいではない。

「エ、エリーゼ! あんたは一体なんなのよ!」
「やっぱり華凛さんは驚いてくれるんですね。まぁこんな事が得意でもどうしようもありませんけど」

 エリーゼがソファから降りる。あたしは軽くため息をつきながらソファにすわった。

「はぁ……なんかお店に来る度に驚かされてる気がする」
「私と柏木さんに効かないから華凛に照準を定めた?」
「シリアにやればいいじゃない。なんであたしばっかり……」

 ま、こんなこと言っても何も変わりはしないけど。

「で、首尾はどうなの?」
「それを今日確かめる」
「そっか……」

 自然とそこで会話が途切れた。なんでだろう、理由はわからない。疲れてるのかな、あたし。
 しばらくすると仁さんが人数分のカップを持ってきた。カップからは湯気が立ち上り、少し甘い匂いがする。それはチョコレートの匂いだった。ホットココアだろう。

「とりあえずどうぞ」

 あたしと樹羽はそれを受けとり、一口。うん、なんか程良い甘さだ。

「華凛さんも来たことですし、始めましょうか」

 実はあたしは仁さんから呼ばれていたりもする。仁さんがバトルしている間の店番だ。まぁ、あたしは呼び出されるまでもなく来るつもりであったが。
 二人が練習用の筐体に向かう。あたしは樹羽の様子を見た。少し緊張したような、そんな表情。もっとラクにしたらいいのに、とあたしは思ったが言わなかった。
 仁さんはいつもの調子でヘッドギアをつけている。この人は昔からどこか掴めないイメージがある。空気(決して影が薄いと言う意味ではない)、と言うかそんな感じ。悪く言って目立たない。良く言ってどこでも対応できる。そんな店の主は今、あまり得意でないバトルをしようとしている。練習相手としてはちょうどいいかもしれない。
 樹羽がシリアと言葉を交す。会話の内容まではここまで聞こえてこないが、樹羽の表情が僅かに和らぐのがわかった。

(シリアも頑張ってるわね)

 やがて二人が筐体にライドした。あたしは戦闘の様子を店のパソコンで見ることにする。

「……あと、3日」

 不意にそんな言葉が漏れた。そう言えば、あと3日しかなかったのだ。

「……っ」

 頬を一筋の涙が伝う。あたしはそれを拭うとパソコンの画面を食い入るように見た。
 時間がない。わかってはいるけど、これは樹羽の問題だ。あたしが動き回っても限界がある。

「樹羽、頑張ってよ……」

 あたしは準備を進める樹羽にそう小さく呟いた。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー