メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そして何より○○が足りない



7月28日(木)

 ここに来るのが、段々と日課となりつつある気がするのは気のせいだろうか?

「連続3日目で何言ってんのよ」
「そうなんだけどね」

 最初は肺炎でも起こすんじゃないかと思っていた煙草の臭いも気にならなくなってきた。人間、慣れる生き物らしい。

「あれ? なんだか今日は空いてるね?」

 シリアの指摘する通り、今日はなんだか人がまばらだった。バトル用のブースに空きがあるほどだ。

「まぁ午前中だしね、学生連中はそろそろ夏期講習だし」
「華凛は?」
「はて、なんのことかしらね」

 どうやらサボったようだ。

「でも、これじゃ対戦相手もいませんね」
「そういう時は座っとけばいいのよ。それが対戦待ちの状態だから」
「ん」

 華凛が言った通りに椅子に座り、対戦相手を待つ。一体どんな人と当たるんだろうと考えていると、筐体を挟んだ向こう側の椅子が引かれる音がした。

「よう若ぇの。昨日は無事だったみてぇだな」

 そう言ってきたのは、60歳前後のおじさんだった。仁兵衛の上に黒いコートをはおっている。少し日に焼けた顔には頬と額に切傷の痕があり、未だに老いを感じさせない鋭い眼光。
 世に言うところの“渋いオジサマ”がそこにいた。今にも刀を持ち出しそうな雰囲気。

「誰、ですか?」
「俺は宮下亘彦。そこにいる赤毛の知り合いだ」

 つまり、華凛のことを言っているらしい。当の華凛は、何故だか少し険しい表情をしている。

「宮下さん、樹羽と戦うんですか?」
「だからそこに座ってるんだろ? 静、いくぞ」

 宮下さんが言うと、コートのポケットの中から何かが飛び出した。黒く飾り気のないボディ。青くて短い髪が着地とともに僅かに揺れる。フブキ型だった。この間見たミズキと同じブランドの神姫。あれもそうだが、かなり昔の神姫だ。静と呼ばれたフブキ型は、ゆっくりと音もなくそこに立っている。なんと言うか、隙と言うものが存在しないように思えた。

「準備しな」
「御意」

 フブキ型は短く答え、筐体の中に滑り込んだ。その一つ一つの動作でさえ、無駄が一切ない。

「シリア」
「うん、わかってる」

 シリアも筐体の中に入る。ヘッドギアをつけ、椅子に深く腰掛け直した。

「樹羽、宮下さんは強いからね」
「ん」

 言われなくてもわかっている。気迫と言うか、オーラがすでに一般マスターの域を軽く凌駕している。
 ただ者じゃない、まさにそんな感じだ。

「シリア、大丈夫?」
『私は問題ないよ。樹羽こそ大丈夫?』

 大丈夫、のはずが、若干手が震えてきた。恐怖から来るものか、はたまた武者震いか、どっちなのかはわからない。

「……行くよ」

 私は意を決してボタンを押した。



 ここだ、多分ここが一番の難所。樹羽が潰れるか、強くなるかの分岐点。

(樹羽は多分、負ける……)

 それももう手も足も出ない程に完膚無きまでに。きっと一発も入れられないだろう。
 もしそうなった時、樹羽はどうするのだろう。人は壁に突き当たった時、それを乗り越えるか避けるかの選択肢が生まれる。その選択肢が出た時、樹羽はちゃんと向き合えるのだろうか?

(ううん、大丈夫。樹羽なら絶対に)

 樹羽はもう歩き出している。もしこの程度で歩くのを止めるようなら、無理矢理にでも元の道に戻す覚悟だ。

(そうならないように、しっかりね)

 あたしは画面の中の小さな影に、そっとエールを送った。










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー