メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レバー一回転+C



7月27日(水)

 三回目であっても、やはり慣れないものはなれないらしい。私はこの煙草の臭いが嫌いだ。

「慣れてるあたしはもう終わってるってことかしらね?」
「そうとは言ってない」

 笑いながら、今日も私はゲームセンターへとやって来ていた。昨日華凛に言われたのもそうだが、私もここで神姫バトルをするのは好きだった。私もなんだかんだ言って私も終わってるのかもしれない。

「今日もやってるわねー」

 モニターには、現在プレー中のバトルが映し出されている。
 今やっているのは、アーク型とミズキ型のバトルだった。ミズキは忍者のような神姫だった。鶴をイメージされているらしいが、ものすごい旧型らしい。
 対するアークはトライク(三輪のバイク)になれるらしく、現在ハイウェイを疾走している。
 ミズキの名前はミヤビ。そしてアークの名前は……

「『紅葉』……?」
「どしたの樹羽?」
「ううん、なんでもない」

 もしかしたら、あの人なのだろうか? 思わず筐体を見回してしまう。

「シリア、紅葉って名前のアーク型がバトルしてる」

 バックの中にいるシリアに話かける。シリアは顔だけバックから出した。

「それって、もしかして楓さんの?」
「かもしれない」

 私はもう一度モニターを見た。たった今、バトルが終わったらしい。画面には『winner アーク型 紅葉』のテロップ。重要なところを見逃したみたいだ。

「見損ねた」
「すごかったよ。こう、ギュイギュイってやって、ズバズバっていって、最後にギュガァァァってえげつなかった」

 よくわからないが、フィニッシュは総大だったらしい。
 その時、一台の筐体が空く。一人は中年のおじさん、たぶんミズキのマスターだろう。もう一人は、昨日見た長ラン姿だった。

「すいませんね、手加減が効かなかったもんで」
「く、お嬢ちゃん強いね」
「あったり前だ! 姉貴とあたしのコンビは最強なんだよ!」
「紅葉、それは相手に失礼だ」

 落ち着いて紅葉に注意した楓さんは、相手に軽く会釈した。

「すいませんね、熱くなるといつもこうで……」

 なんだか、口調や物腰が服装とはマッチしているんだが、何か違う気がする。『けっ、話にならねぇな』とか言いそうなのに。

「いや、構わんよ。それより……」

 中年マスターは楓さんに近付く。なんだか目が怪しい。

「この後、一緒に食事でも……」

 そう言って、肩に手を伸ばす。

「ば、ちょ、待っ!」

 紅葉が何か言おうとするも、その手は肩に触れ

「あたしに……」

 た。

「触るなぁっ!!!」

 次の瞬間、中年マスターはダクトが露出していた天井すれすれまで飛んだ。
 手をバタバタさせもせず(たぶん失神しているのだろう)背中から地面に落下する。 周りからはため息混じりの声。

「あーあ、今のはおっさんが悪いな」
「だよな、ていうか姉さんに手ぇ出そうってのがなぁ……」
「ま、初見の奴はみんな飛ぶさ。今のはむしろダクトに突っ込まなかっただけましだぜ?」

 どうやら、今のはもはや日常らしい。人ひとり投げ飛ばしてもスタッフの一人も出てこないというのは、そういうことだろう。

「くそ、遅かったか。ミヤビさん、だっけ? ごめんね、姉貴、男性恐怖症でさ、触れられただけでああなるんだよ」
「いえ、問題ありません。今のはマスターが悪いのですから、謝るのはむしろ私たちの方です。マスターに代わりまして、不快な思いをさせてしまって、申し訳ありませんでした」

 ミヤビさんは利口だったらしい。
 その後ペコリと頭を下げると、失礼しますと一言断り、その小さな手で中年マスターの首筋にパシッと手刀を当てた。

「は、私は何を?」
「帰宅しますよマスター。後、そちらの楓さんにはちゃんと謝ってくださいね」
「? なにやら無礼があったようで、申し訳ありませんでした」

 落下の衝撃で記憶が飛んだのか、中年マスターはあまり理解がいかない様子で頭を下げる。その後、観客をかきわけ帰っていった。

「シリア、やっぱり楓さんだよ」
「みたいだね、あんな豪快な投げっぷりは、間違いなくあの人だ」

 シリアは去っていく中年マスターを見送りながら呟いた。

「相変わらずね、楓さん」

 気付けば後ろに華凛がいた。腕を組んで、一人頷いている。

「知ってるの?」
「そりゃ、あんだけ派手に人を飛ばしてりゃ有名にもなるわよ」

 聞けば2年程前からいるマスターらしい。現在大学2年生。極度の男性恐怖症で触られただけでああなるそうだ。

「樹羽も知ってたんだ」
「うん、昨日知り合った」

 不良の件は伏せた。華凛のことだ、下手をするとその場で卒倒しかねない。
 楓さんがバトルし終えると、次は私の番だった。楓さんは私を見るとすぐに声をかけてくれた。

「ああ、昨日の女の子! 確か名前は……あれ、なんだっけ?」
「樹羽です。奏萩樹羽」

 言っていなかったから、知らなくて当然だ。

「樹羽ちゃんか、大丈夫だったかい? あの後は」
「はい、大丈夫でした。紅葉もこんにちは」
「はいよー、樹羽ちゃんもゲーセン来るんだねぇ。なんかイメージと違うや」
「こら紅葉、そういうことは思っても言うんじゃないよ」

 どっちかと言えば、楓さんの方がイメージと違う。もっとこう、我が道を行く番長のような感じかと思ったら、その実礼儀正しい人だ。なんだってこんな格好をしているんだろう。

「バトルするんだろ? じゃ、さっそく用意しようか」

 互いに筐体を挟んで座る。華凛は私の右後ろに立っていて、なんだかセコンドみたいだった。

「樹羽、あの人は強いからね。油断しないように」
「わかってるよ、華凛」

 元より相手を舐めてかかったことなど一度もない。
 シリアが筐体に滑り込む。それを見て、私もヘッドギアをつけた。

『準備完了、いつでもいけるよ樹羽』
「わかった」

 さっそくボタンを押す。アナウンスが流れ始めそして――

『……3、2、1、0、RideOn―――』



 今日はあたしが口を挟む余裕はなかった。昨日知り合っていたらしいとはいえ、やっぱりこれは快挙だったと言えるだろう。

(着実に樹羽は人との付き合い方を覚えてる)

 いや、もしかしたらただたんに自分に自信が持てなかったり、無意識に相手を遠ざけていただけかもしれない。なんにせよ良い方向に向かっているのは確かだ。このまま行けば、遠からず樹羽は人付き合いを覚える。出来れば定着が望ましいが、あまり欲を言っていられない。

(時間は限られてる……この夏休みの間に、なんとか……)

 時間は容赦なく迫り来る。私たちはそれに乗り、流されるしかないのだ。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー