メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私にも敵が見える気がしたが別にそんなことはなかったZE☆




「樹羽……」
「何、顔近いよ」

 私は絵美ちゃんとのバトルに勝った。
 華凛のことだから、てっきり抱きついたりしてくるかと思っていたら、なぜかすごい顔をしてこちらに迫ってきた。

「樹羽、今までまともに神姫バトルやったことないでしょ」
「ううん、ない」
「じゃあ、小さい頃に空手とか」
「幼稚園から小学一年まで合気道をy」

 ガッと肩を捕まれる。

「なんであんなに手慣れてるのよ! ていうかレールアクションまで防ぎ切ったわよね!? どういうことなのよ! 訳言えわけぇぇぇぇっ!!」

 ガクガクと揺さぶられ、まともに会話どころか呼吸まで危うい。

「華凛さん落ち着いて! 樹羽が死んじゃいますよ! 白眼剥きそうですよ!」

 シリアの声が遠くに感じる。もう、だめかもしれない。

「はい、言いたくなる気持ちもわかりますが、まずは落ち着いてください。へたをすると本当に死にますよ?」

 柏木さんに諭され、ようやく華凛は放してくれた。ちょっと首が痛い。

「で、説明してもらいましょうか?」

 勝ったのに尋問されるってどういうことだろう。

「何に関して?」
「うん、まずはレールアクションをかわしたことについて」

 イーアネイラの固有RAと、槍のレールアクションのことについてだろうか?

「……なんとなく」
「はぁっ!?」
「空気、というか気配みたいなもの」
「ありえない……神姫を始めてまだ数日の人がレールアクションをかわす。しかもなんとなくその場の空気で二回も……」

 華凛が部屋の隅でぶつぶつと何か言っている。

「華凛?」
「……次の質問」

 しばらくして、華凛がようやくこちらにやってくる。

「樹羽、仁さんと何回練習した?」
「数えてない。でも、一日に二桁はやった」
「まぁ、朝から晩まで文字通り神姫漬けでしたからねぇ」

 柏木さんもうんうんと頷いている。
 確かに、大抵神姫にライドして実践形式の練習で、疲れたら柏木さんに神姫の話を聞いたりしていたから、神姫漬けと言っても過言じゃない。

「だからって、あたし樹羽があそこまでアグレッシブに動けるとは思ってもみなかったわよ……神
姫に触れて少しは私以外の人とのコミュニケーションを学んでもらおうと思ってただけだったのに……何? とんでもない原石掘り出しちゃったのあたし?」

 また華凛は隅でぶつぶつ言っている。
 まぁ、華凛の目測は決して外れではなく、他人とのコミュニケーションは取れてきたと自負している。ただ、神姫バトルが思っていたより面白かったから、ついついのめり込んでしまっただけだ。

「華凛お姉ちゃん、なんでそんな隅にいるの?」

 絵美ちゃんは心配そうに華凛に駆け寄る。

「うん……ちょっと理解しがたい問題があってね。それを理解するために時間がかかるの」
「??」

 絵美ちゃんはまだよくわかっていないようだ。

「でも、そこまで神姫漬けだったなら……まぁ、百歩譲って理解できるか……」

 華凛がふらふらとこちらに戻ってくる。

「でも、まだバーニアの制御はうまくいかない。落ち着けばなんとかなるけど」













    空気が死んだ












「……仁さん、知ってた?」
「……いえ、さすがに知りませんでした」
「……??」

 何かまずい事でも言っただろうか? なにやら2人とも部屋の隅に行ってしまった。

「樹羽、悪いけどもう一回言ってみてくれない?」
「だから、バーニアの制御はまだうまくいかないって……」
「すみません、僕は彼女を甘く見すぎていたようです……」

 柏木さんがぐったりと椅子にもたれかかっている。
 何故?

「バーニアの制御って、いつもアイラがしてくれるやつだよね?」
「……そうね、その通りよ」

 アイラまでもが、筺体の上でぐったりしている。
 何故?

「シリア、何か変?」
「さぁ……私にもよく分からないけど……」
「マスターが天然なら、神姫が天然ってことね……」

 華凛はさっきにも増してぐったりしている。
 何故?

「樹羽、バーニアの制御ってどうやってるの?」
「えっと、自分が行きたい方向を決めて、バーっと」
「無意識に緻密な計算ガン無視ってこと? 天然もここまでくると、呆れる通り越して感服するわ……」
「これは、磨けばとんでもない大物になりますよ……」
「??」


 樹羽は『荒削りな原石』の称号を得た!


 後から聞いた話だが、普通のバーニアの制御とは口で言うほど簡単ではないらしい。
 まず噴射角度を決め、そこからバーニアを噴射する時間と強さを計算するんだとか。その計算は、やろうと思ってできないことはないが、近接戦闘中や、咄嗟の回避などの時にはとてもじゃないができない。
 そこで、それを神姫にやってもらう訳だ。
 神姫の演算システムがあれば、さっき挙げた場合でも対応できる。ただし、マスターとの息があってないと、その後が続かない。
 他にも武器の取り出しや、火器管制なども神姫が――リアライド時にはマスターが担当する。
が、私の場合その計算を抜きにしてバーニアを動かしていた。
 ライドしている時、神姫の体は人間の脳からでた電気信号を各部位に送って動かすという。人が右手を動かす時に右手に電気信号を送るが、その信号をそっくりそのまま神姫の右手に送るというわけだ。
 つまり、私は普通にバーニア制御をしていたが、あれはすごいことだったらしい。レアスキルとかνタイプとか言われた。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー