メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「どう? 仁さん」

 とある建物のとある一室。華凛はパソコンを横から覗きながら言った。パソコンを操作している青年は眼鏡を直しながら呟く。

「思った通り、改造神姫ですね。それも、重度の」

 青年はそれだけ言って、再びキーボードを打ち始める。
 私は、クレイドルで眠る神姫を見た。武装は全て外され、静かに眼を瞑っている。その安らかな寝顔を見ていると、さっきまでこちらに銃口を向けてきたとは思えない。

「店長、こっちの武器も違法改造が施されてます」

 そう言って改造神姫の武器の入ったダンボールを抱えて現れたのは、別の神姫だった。たしか、アーンヴァルMk.2型。

「そうですか。ご苦労様です、エリーゼ」
「いえ、そこまでのことは……」
「いえいえ、いつも助かってます」
「もう、店長ってば大袈裟ですよ~」

 エリーゼと呼ばれた神姫と青年は、仲良さげに会話している。とても微笑ましい。
 することのない私は、椅子に座ってここに来た経緯を思い出した。



「止まった? 壊れた? どっちでもいいけど」
「エネルギー不足だって」

 神姫が止まってしばらく経ち、私達は神姫を調べた。虚ろに開かれた瞳は、何も映さない。口は半開きで、まったく動かない。刑事ドラマで出てくる死体と似たような感じだ。
 頬を伝う涙が、妙になまなましい。

「って、華凛。何してるの?」

 見れば華凛は携帯を取りだし、どこかへ電話しようとしていた。

「う~ん、ちょっと待ってて」

 携帯を耳に当てる華凛。まさか、警察にでも連絡しているのだろうか?

「あ、仁さん? あたしよ。うん、ちょっと興味深い物を見つけてね?」

 違うようだ。警察相手にこんなにフレンドリーに会話出来る人はいないだろう。いや、いるかもしれないが、それは華凛ではないはずだ。

「ううん、こっちから行くからいいわ。うん、それじゃ」

 ピッと通話を切った華凛は、神姫を手に取る。

「樹羽、もう少し付き合ってもらえる?」
「どうするの?」

 華凛は神姫をちらつかせるように振る。

「調べるのよ。この神姫を」



 そして来たのが、このホビーショップな訳だ。華凛が話していた、知り合いが経営している店とはここの事らしい。
 店長である柏木仁(かしわぎじん)さんは、若いながらも相当なエンジニアであるらしく、今もあの神姫を全力で調べてくれている。
 その助手でもある神姫、アーンヴァルMk,2型のエリーゼは、オーナーである柏木さんのことをとてもよく慕っている。

(神姫は小さな人、か……)

 まったくもってその通りだと思う。人と同じように笑う神姫。人と一緒に笑う神姫。しかし、あのエウクランテ型の神姫は、はたしてそうだったのだろうか?
 昔は、あのエリーゼのように笑っていたのだろうか?
 最後に見せた涙は、彼女の本当の意識なのだろうか?
 さっき柏木さんに聞いたが、あの神姫は重度の改造で暴走してしまっていたらしい。誰がそんなことをしたのか、まではわからなかったが。

「こんなこと、絶対おかしいよ」
「ぎりぎりセーフね、今のセリフ」

 パソコンを見るのに飽きたのか、華凛はこっちに近付いてきた。

「別に飽きた訳じゃないわ。樹羽が暇そうにしてるから来たの」
「そう……」

 華凛は私と反対側の椅子に座る。

「樹羽、大丈夫? 肩とか」
「肩?」

 ああ、そういえば被弾していたんだっけ? 肩口を見てみる。軽く痣が出来ているが、重傷じゃない。

「大丈夫、痛くない」
「そう、ならいいの。それじゃあ、あとはあの神姫のことね」

 華凛がクレイドルに眼を向ける。そこには相変わらず神姫が眠っていた。

「ホント、さっきまであれに撃たれそうになったなんて思えないわ」

 私は被弾しているが。

「ねぇ、樹羽。実はね……」

 華凛が何か言おうとした時、柏木さんが大声をあげた。

「よし! プロテクト解除成功です!」
「……ごめん、樹羽。また後で」

 華凛は柏木さんの元へ戻っていく。私も同行した。

「なんのプロテクトですか?」
「この子の記憶ファイルのだよ。悪いとは思ったんだが、犯人特定のために仕方なくね」
「記憶ファイル……」

 パソコンの画面を見ると、いくつかファイルがあった。それぞれ日付がふってある。

「ん?」

 よく見てみると、昨日と一昨日の分がない。それどころか、3日前のファイル以外、全て×印がついている。どうやら破損しているようだ。

「とりあえず、この3日前のファイルを開いてみよう」

 柏木さんがマウスを動かし、ファイルをクリックする。神姫にもよるが、数日の記憶ぐらいなら、映像で保管されているという。
 ファイルが開かれ、ムービーが再生される。
 暗い部屋の中だ。デスクの上のパソコンのディスプレイしか光源のない小さな部屋。神姫の前には、男の姿があった。顔は写っていない。

『駄目ですよ! そんなこと!』
『うるさいっ! マスターに指図するな!』

 突然の怒鳴り声。さらに、視界が目まぐるしく回転し、衝撃とともに止まる。多分、デスクの上から落とされたのだろう。

『もう俺には後がないんだ! もうこれしか方法がないんだよ!!』
『だ、だからって、改造は違法行為です! そんなの、間違ってます! 目を醒まして下さいマスター!』
『黙れぇっ!!』

 何かを蹴る音とともに、視界が暗転する。

『もういい、お前は徹底的に改造してやる! そしてもう二度と俺に指図出来なくさせてやる!』

 声が近付いてくる。うっすらと開かれる視界。大きな人の足が写る。視界は急に浮上し、天井が写る。多分、今は移動中。

『絶対に見返してやるんだ……あいつらを……俺は……』

 マスターらしき男の呟きを最後に、神姫の意識が途絶えた。

「…………」

 ムービーもそこまでで終った。辺りには重たい空気が流れる。

「酷い……」

 思わず呟いた。会話からして多分、神姫バトルで一向に勝てないさっきの男が、最終手段で改造に走った。
 そして改造した結果、神姫は暴走。逃げ出されたのだろう。

「……この記憶は、消してしまった方がいいのかもしれません。この子のためにも」

 柏木さんがパソコンを操作する。

「待って、仁さん」

 華凛がそれを制止する。あたかもその行動を予測していたかのような速さだ。

「ちょっとそれは待って。それより、それ以外の箇所クリーニングできる? 改造された部分と、マスター登録も含めて」

 華凛が質問する。その表情は、いつになく真剣だ。仁さんは怪訝そうな顔をしたが、一応頷く。

「人格が破損している場合、厳しいですが……多分、なんとかなると思いますよ」
「そう、よかった」

 華凛は私の方に向き直る。いつもと違う雰囲気に、私は少し戸惑った。

「樹羽、さっき言いかけたこと、言うね?」
「う、うん」

 華凛は目を瞑り、しばらくしてから、開けた。

「この子の、新しいマスターになってくれないかな?」
「えっ?」

 それは、頭の片隅で予想していた質問だった。願ってもない質問。しかし、私は気が動転していた。

「べ、別に私じゃなくてもいいはず。華凛がマスターになればいいし、それに私、引きこもりだよ」

 それに、何故記憶を消さないのかが気になる。

「あ~、それは重要だけど、あたしからは言えないわ」
「……?」

 ますますわからなくなった。記憶を消すなと言っておいて、理由は言えない?私が考えている間に華凛は私の肩に手を置く。
 その目には、強い覚悟が見て取れた。

「ねぇ樹羽、今の状態がいつまでも続くとは思ってないでしょ?」
「…………」

 今の状態――。
 高校にも通わず、ただ家にいるだけの日々。引きこもりとしての人生。
 徐々に言葉のピースが埋まっていく。
 つまり、そういうことか。
 この神姫には、新しいマスターが必要で。
 私は華凛以外の繋がりが必要で。
 二人の条件が重なる。

「樹羽」

 そう。私だって、今の状態をよしとしている訳じゃない。どこかで変えなければと思っていた。
 ただ、取っ掛かりが見えなかっただけで。きっかけがなかっただけで――。

「……わかった」

 変わるタイミングは、今しかない。

「私、マスターになる」


 こうして私、奏萩樹羽(かなはぎみきは)は、神姫のマスターとなった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー