メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

英語で言うならアサイラント


「いや~すごかったねー。まさかあのときああするとは思わなかった! ああもうホント、ドキドキしっぱなしだったよ!」

 日が暮れて、私と華凛は帰り道を歩いていた。

「どう? 神姫に興味わいた?」
「……わかない」

 強がってみせた。ここで興味が出てきたと言ったら、ものすごい敗北感を味わうことになるだろう。

「ふ~ん、そっか~……」

 華凛がニヤニヤしながらこっちを覗きこんでくる。なにが言いたいのだ。

「顔赤いよ?」
「っ……夕日のせい」
「ふ~ん、そう……」

 そう言って、サッと引き下がる華凛。多分、華凛はこれ以上追求してこない。でもその代わり……

「あ、そうそう。あたしの親戚にホビーショップ経営してる人がいるんだよ」

 こういうことは言ってくるのだ。

「……初耳」
「そりゃそうよ。1週間くらい前にお店出したんだもん。いやぁ、中々客入りが悪いってぼやいてたよ」
「……そう」

 行かない、決して、二人では。

「ねぇ、ちょっと公園寄ってかない?」
「……また唐突」
「いいじゃん、ちょっとだけ、ね?」

 別にやぶさかではなかった。この時間帯なら、まだ両親は帰って来ない。家にいても暇だ。

「別にいいけど」
「オッケー、じゃ、寄り道寄り道~♪」



 公園は、時間のせいで人はいなかった。夕日によって赤く染められた遊具が、すこし憂い帯て見えるのは気のせいだろうか?

「ブランコか~、懐かしいなぁ~」

 華凛はブランコに乗りながら言う。確かに、小学生くらいの時は乗った気がする。

「樹羽は乗らないの?」
「私はいい」

 短パンの華凛と違って、私はワンピースなのだ。その……落ち着かない。

「だれもいないって。それに、気を付けてこげば大丈夫でしょ?」

 ブランコに乗るのに、いちいち気を付けなければならないのか。難儀だ、いろいろと。
 華凛はブランコを止める。そして、少し真面目な顔になった。

「樹羽、ホントに神姫に興味わいてこなかったの? なにか感じなかった?」

 私は答えに詰まった。さっきは強がったが、興味があるのは事実だ。どうする、本当のことを言うか?

「やっぱり興味あるんでしょ。わかりやすい子ね」

 言う必要もなかった。

「……バレた」
「やっぱりね~、そうじゃないかと思ってたわ」
「……カマかけ?」
「決定打がなかったからね。最後の確認」

 ブランコから降りて、華凛は私に近付く。そして、おもいっきり抱きついてきた。身長差的に、覆い被さられる形になる。

「もう、素直じゃないんだから~♪ あぁ、でもそういうところも可愛いっ! あとちっこくって可愛いっ!」
「……暑い」

 それにちっこいは余計だ。

「だ~め、素直に言わなかった罰よ~♪ もう少しおとなしくしてなさい♪」

 どうやら、おとなしくしている他ないようだ。こうなった華凛は、もう止められない。ただ黙って過ぎ去るのを待つしかないのだ。

「樹羽ってば可愛いな~♪」
「……舐めないで」



「ふぃ~、満足♪」

 ベンチにどっかりと座りながら、華凛は言った。華凛が止まったのは、すっかり日も落ちて、街灯が路面を照らす時間になってからだ。

「華凛、そろそろ帰らないと、お母さんが心配するよ?」

 私はハンカチで顔を拭きながら尋ねる。

「ん、そだね。帰ろっか!」

 華凛がベンチから立ち上がる。

 その時、華凛の後方の茂みの中で、何かが光った。
 第6感が告げる。あれは、危険だと――。


「華凛っ!」

 走りだし、押し倒す。瞬間、華凛がいた場所を何かが高速で通り抜けていった。その何かは、公園の遊具に当たってかん高い音を立てる。

「立って華凛!」
「な、なに今の!?」
「わからない。でも、今のは……」

 あの音から当たったのは堅いものだとわかる。あの早さから石とは考えにくい。まさか、銃弾? そんな訳ない……しかし、あり得ない話じゃない。でも、なんだ、この言いようのない違和感は。
 その時、空を切る音が僅かに聞こえた。

「痛っ」

 肩に鋭い痛みが走る。当たったのだろう。触って確かめる。血は……でていない。

「樹羽っ!?」
「当たったみたい。大丈夫、外傷はない」

 それよりも、探すものがある。それはすぐに見つかった。

「あ……」

 手に取り、確認する。思った通りだ。
 大きさ5mm程度の鉛玉だ。多分、もう少し勢いがあったら肉を貫いただろう。こんな鉛玉を高速で撃ち出すことが出来るのは……。

「あっ!」

 華凛が驚きの声をあげる。茂みから現れたそれは、ゆっくりと銃口をこちらに向けた。

「神……姫?」

 そう、彼女達しかいない。

「だよね、普通じゃなさそうだけど」

 ゲームセンターでも見たが、あの鳥の羽に酷似したリアパーツは多分エウクランテ型のそれだろう。
 神姫は人のようだと、喜怒哀楽を見せる神姫を見て思った。
 しかし、こちらに銃口を向けているそれは、ただの人形と変わらない気がした。

「ど、どうするの?」
「とにかく、相手の出方を見るしかない」

 神姫は、その虚ろな瞳でこちらを見据えている。銃口は下ろしていない。安心は出来ない。いつまでも続くかと思われた睨み合いは、神姫が破った。
 突如、銃口は下ろされ、耳障りなエラー音が鳴る。その後、機械的な声が響いた。

『エネルギー不足、強制スリープモードへ移行します』

 そのとき、気付いた。
 あの子、泣いてる?
 瞳から流れるそれは、涙に見えた。
 そうして、神姫は仰向けに倒れて動かなくなった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー