メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

くそっ、なぜ誰もMMSの価値を理解しない。これは革新的なシステムだ。機械を完全に支配し人がより豊かに生きるための重要な布石だ。それをたかだか人形遊びに費やすなんてばかげている。単なるオモチャに堕しているからMMSの普及はこんな規模に過ぎないのだ。やはりMMSは兵器であるべきだ。力があれば人はそれにすりよってくる。そして恐怖と経済効果をかねそろえた時MMSは新たな世界の支配者になるのだ。その時私の側で女王として世界に君臨するのはお前だよ…root

連続神姫ラジオ
浸食機械

12:選択肢3:脱出
西園寺を前にして思わず身構える。目の前にいるのは自分の欲のために神姫の大量破壊を行った男だ。
「まあ、管理者といってもここに閉じ込められて何もできない身だがね」
西園寺がにやりと笑いかけたところでハッとする。いつの間にか銃を向けていたのだ。
「神姫を愛する者として私を信じられないのは分かるが話ぐらいは聞いていく価値はあると思うよ」
銃を向けられたことなどはたいした問題ではないと言わんばかりに余裕綽々の西園寺を見ていらいらが募る。
「さて、手短に行こうじゃないか。君達に脱出の手段を提供してあげよう、その代わりといっては何だが一仕事してもらいたい」
もしライドしていなければプルミエと僕は思わず顔を見合わせただろう。
「内容を聞かなければお答えできません。マスターを危険にさらすわけにはいきませんから」
西園寺はもっともだといわんばかりに頷く。
「仕事は簡単さ。このルートを一緒に脱出させて欲しい。彼女は大事な試作品でね」
西園寺が優しくにルートを抱き寄せた。彼女もいとおしげに西園寺を見ている。
「君達も見ただろう、彼女の武装を。未完成の上にあんな物を積んだおかげで彼女はこの通信塔からの指示電波が届かないと指一本動かせなくなる。一人での脱出は不可能だ。ここから連れ出してもらう以上ただの人間に頼むこともできない。ライドしている神姫とそのマスターが必要だったというわけさ」
いつしかプルミエは銃をおろしていた。神姫をいとおしげに抱く男、彼がその神姫を逃がして欲しいと頼んできているのだから彼女にとって信憑性のある話に聞こえたのだろう。
「脱出の手段は?」
「それはまだ教えるわけにはいかないね。もっと賢い質問をしたまえ、柴田勝君」
僕の名前が出た瞬間ドキリとした。
「ルートから聞いているよ柴田勝君。きみは神姫愛にあふれ、賢明な少年のようだ。だから質問がなければ早くその機械人形からではなくきみの口から答えを聞きたい」
<…脱出に成功したとしたら、この島に残った人達や神姫はどうなります?>
「それは私の知ったことではない。ましてやきみが責任を取ることでもない」
西園寺はやれやれといった感じで首をふる。
「ここに来て博愛主義かね?君の最大の関心事はその機械人形との脱出だろう?なら他のことなど捨てておけばいい。助けを呼んだ後に警察なりMMS管理機構なりがうまくやってくれるさ」
僕はこの西園寺の魅力的な提案を前に…

「全く、理解に苦しむ少年だ。今君は確実に脱出する手立てを失った上にこの島に残った者達が助かるチャンスも奪ったんだよ」
<それでも構いません。この島でコウガとマスターが、神姫とマスターが憎しみあったまま幕が引かれるなんてほっとけない>
僕は心の底から叫んだ。
「マスターの馬鹿!どうして自分の身を大事にしてくれないんですか。この島にだって大人はたくさんいます。あなたがそんなことまで背負う必要なんて無いんです!」
プルミエが涙ながらに訴えかける。僕はイメージの中で彼女をできるだけ優しく抱きしめようとした。
<僕はこの島に残って何がしたいのかずっと考えてた。プルミエとただ脱出するだけじゃなくて、これまでみたいにずっと笑いあえる解決法を>
ステベロスさんから地図を受け取った時から神姫と人との関係についてずっと考えていた。大地さん、グレーテルさん、浩太さん、他にも神姫やマスターに会って僕はプルミエとどんな付き合いをしたいのか考えてきた。
<この島では神姫とマスターの悲しい別れが多すぎる。でも僕たちはまだやり直せるはずだ。そのために力尽くでの解決じゃなくて真相を明らかしたい。>
僕の叫びを西園寺の笑い声がかき消した。

次回:デットエンドに続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー