メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おはようございますマスター。バイタルゲージに不調が見られますがお加減はいかがですか?失礼しました、MMSにそのような感情は不要です。本日のご予定はK2システムとのCSC生産台数の会議、フロントライン社長との生産台数に関する補助金の打ち合わせの後19:00からM重工の安川専務との会食、引き続き21:00よりK重工西岡様との打ち合わせです。

連続神姫ラジオ
浸食機械

11:復活の道
「暗いから気をつけてついてらっしゃい」
マイクロ波の罠から目の前の神姫に救われた僕たちは彼女に導かれて管理棟の中を歩いている。少なからず傷を負っていた僕たちを見た彼女は会わせたい人がいる、その人なら簡単な修理もできると言って僕たちを案内し始めたのだ。施設内と言うことで最初は警戒していたが、廊下ではなく排気ダクトの中に案内されたあたり何か事情があって見つかるわけにはいかない僕たちと同じような状況なのだと感じた。それはプルミエも同じらしく警戒こそ緩めないものの反対することはなかった。
曲がり角の先で赤毛の神姫が手招きをしている。どうやらゴールが近いらしい。
「マスター、構造的にあのダクトはあの扉の先につながっているようです。用心してください」
ダクトの換気口からドアの様子を確認したプルミエがモニタした映像と一緒に内線で僕に話しかけてくる。
<扉が溶接されてる?あの下の方に見えるのはトレーか何かを出し入れするための窓かな>
「まるで牢屋です。中にいるのは間違いなく人間。あんな扱いをされている以上敵対することはないでしょうが」
作戦会議をしながら赤毛の神姫の後について排気ダクトから出る。部屋の中は本や工具が多く、技術者の部屋のような印象を受ける。
「お父様、お客様をお連れしました」
声に反応し、部屋の奥にあったベッドから男の人が起き上がる。無精ひげが伸びたその人の顔を見て僕たちは思わず声を上げる。
「ご苦労だったな、ルート。彼らが私の出した条件を満たした者達なのか?」
「はいお父様。彼らならきっとお父様の望みを叶えてくれるはずですわ」
わずかに照れたような表情を浮かべているルートを見ながら僕は逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。僕は、いや、神姫を好きな人なら最悪の形でこの人の顔を知っているはずだ。
「初めまして。私は西園寺輝彦、この島の施設管理者だ」
サイバーフロント事件で多数の神姫を破壊する原因を作った神姫好きならいくら憎んでも飽き足らない男がそこにいた。

次回:選択肢3:脱出に続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー