メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私があの場所に出入りしていたのはヘンゼルとバトルできる唯一の場所だったからなのだわ。違法だってことは知ってたけど私のせいでああなってしまったヘンゼルの願いを少しでも叶えてあげたかったのよ。…いえ、本当はあんな風になってしまったヘンゼルの言うことを聞いて苦しんでいるふりをして自分を許してあげたかっただけかもね。でもその結果がこのざま。
…ここを出たらどうしたいかって?そうね、まずは迷惑をかけた人達に謝りに行って、ヘンゼルがもう一度普通の場所でバトルできるように一緒にがんばっていくつもりよ。私は自分で自分を許すばっかりはやめようと思う。本当はヘンゼルに許して欲しいんだから。…人形に許してもらうだなんて変だって言わないなんて、あの人と同じで刑事さんも変わっているのだわ。
-違法カジノ摘発の際の調書より抜粋


連続神姫ラジオ
浸食機械

9:通信塔を越えてゆけ
周辺の敵を制圧し終わった僕たちはグレーテルを穴から引きずり出すために四苦八苦していた。彼女をとらえていたネットは取り除いたが穴から引き上げる手段がない。
「ぐれーでる、だいじょうぶ?いだくない?」
ヘンゼルも心配そうに声をかけることしかできない。神姫だけの力ではここから人一人を運び出すことはできないことは明らかだった。
「にゃはは…いいきみなのにゃ。そうやって友情ごっこを続けてるといいのだ。もう動けないけどずっとここで見ててやるのにゃ」
上から聞こえてくるマオチャオのやけっぱちにも似た声がやたら耳に響く。グレーテルを置いていけばここから逃げ出すことはできる。しかしもしその間に他の神姫がグレーテルに襲いかかったらどうなるかは考えたくなかった。あのマオチャオにとっては自分が捨てられた状況が目の前で人間側に降りかかっているのだ。それはとても興味を引かれることのようだ。
「全く、耳障りなこと」
あきれたようにグレーテルがつぶやく。
「プルミエだったかしら?あなたたちは先に進みなさい。ここにいても時間の無駄だわ」
戸惑う僕たちにグレーテルはここで時間をとられることがどれだけ危険なことかを諭す。
「もしあなたが脱出の手段を見つけたらそれは私たちにも有益なのだわ。それに私にはヘンゼルがそばにいる」
結局僕たちは先に進むことを選んだ。

「謝るな、偽善者」
穴の下を見つめる僕たちにマオチャオが声をかける。人に絶望している彼女は自体を引っかき回さなければ気が済まないようだ。同情の余地があると言っても怒りがこみ上げてくる。
「あら、謝る相手がいるって素敵なことじゃない?」
穴の下から聞こえてきた声に思わず殴りかかろうとしていた手を止める。
「人も神姫も悪いことをしたという思いは心を縛るのだわ。謝るというのはその重しを取り除く最初の一歩。もしかしたらあなたのマスターも今その心の重みに苦しんでいるかもね」
「そんなはず無いのだ、あんなひどいことを言ったマスターがそんなこと思うはずがないのだ!」
マオチャオがヒステリックな声を上げる。
「本当にそんなことが言い切れるの?あなたのマスターは本当に最低の人間だったの?」
「それは…」
マオチャオが口ごもる。
「もしその人がそんな人間じゃないのなら今頃その重みに苦しんでいるでしょうね。それを取り除けるのはあなただけなのだわ」
「でもあたし達は捨てられたのにゃ。もうどうすることも」
<できるよ。一緒に脱出出方法を考えるんだ>
僕はマオチャオに声をかける
「あなたはまだマスターが好きなんです。ここを脱出してもう一度あなたのマスターに会うんですよ。」
「あぎらべちゃだめ。あなだのまずだーはきっどいまこうかいしてる。そでをたずけだれるのはあなだ」
プルミエとヘンゼルが呼びかける。
「…通信塔を越えて行くにゃ。あたし達はその先の管理棟でコウガにあったのにゃ」
マオチャオがつぶやいた
「どんなになっても。マスターを嫌いなままでいるなんてやっぱり嫌にゃ。マスターがあたしのことでちょっとでも悩んだり苦しんだりすることがあるならそれを見るのも嫌にゃ」
神姫はロボットにしては珍しくモニターを洗浄する機能が付いている。マオチャオの目には光る物があった。
「あたしは大馬鹿なのだ。あんなことをされてもやっぱりもう一度マスターに会いたいのだ」

次回:意外な人物に続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー