メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はい、そうです、いきなり見たこともないMMSに襲われて。僕もミランダ様も必死で抵抗したんです。これでも結構神姫バトルの戦績はいい方ですから。でもライドできない僕たちじゃ普段の十分の一も力を発揮できなくて、結局首筋に電気が走ったような気がした後、彼らに助けてもらうまでの記憶はありません。散々な目に会いましたけどいいこともありました。ミランダ様が僕をかばってくれたんです。僕をののしりながらも身を挺して!助けてもらった上にののしってもらえるなんて、なんてもったいない!そんなときに何も出来なかった僕って奴は、ああ、なんて無能で愚鈍な豚なんだ!女王様、こんな僕に罰うぉぷげらっ!!
以後何かを殴るような音と時折イーダ型の金切り声が響きつづけた。
―プロメテウス事件の被害者への取材記録より抜粋


連続神姫ラジオ
侵食機械
5:優柔不断な決断

「データ取得完了。これがこの島の施設マップ、そしてこれが現在ビーコンで確認できた神姫の所在だぞ」
<えらいぞ、さすがは俺のツガルだ>
ライドシステムを開放した僕達はエントランスに攻め込んできた敵を撃退した。敵のほとんどがマスターを失った神姫たちだった。傷を負った彼女達の保護で僕らはほとんど動けなかった。神姫ライドしてコウガを追いかけようにもライド中の無防備な体を襲われたらと思うとマスターとその神姫達はライドをためらっていた。それに施設全てが制圧されているならこの状況さえも罠かもしれない。
『よし、それをこっちによこせ』
ハーデスとツガルが見つめあう。神姫の視線を介してのデータ通信だ。
『怪しいポイントにマーキング済みか。なかなか使えるな』
地図を確認したハーデスはきびすを返した。回りの思惑など知ったことではないという風だ。
「どこへ行くつもり?」
『まずは施設もないのにやたら神姫が集まっているこの場所だ。相手が誰も居ない所には興味はない』
地図をくれたツガルにそう答えるとハーデスはエントランスを後にした。
<さて、そこのアーンヴァルはどうする?ライドオンは済ませてるみたいだけど決心はつかないか?>
そう、僕はプルミエにライドしていた。でも、仲間もいない、情報も少ない、そんな中で行動することにおそれを感じていた。プルミエも僕の気持ちを感じているのかとても不安そうだ。僕はそんな彼女との感覚リンクを切って一人で考えてみることにした。苦しそうな彼女の顔を見るのもつらかった。

ライド中の認識は神姫からの情報を切ってしまえばとてもあいまいなものになる。まるで闇の中に浮いているような気分だ。傍らには光の玉がふよふよ浮いている。プルミエの意識はここではこんな形で現れる。
いつもなら僕とライドオンしているとき太陽のように輝いているこの玉は、今は細々と光っているだけだ。一緒ならなんとかなると思っていた僕は冷や水を浴びせられた気分だった。
「また、前みたいに輝いている君が見たいよ。でもどうしたらいいんだ?」
光は何も答えてくれない。僕はふと大地さんのことを思い出していた。
「やっぱりわからないや。だけど僕にも・・・君を置いて逃げ出すなんて選択肢はないんだ」
聞こえるはずがないのに光がうれしそうに強く瞬いた。

<ツガルのマスターさん>
<俺の名前はステベロスさ。決まったのか?>
<はい、僕にも地図を下さい>
「マ、マスター危険ですよ。せめて周りの人にも声を掛けてから」
戸惑うプルミエに僕は
<誰かが動かないと何も始まらないよ。このままじゃ誰も動けないまま神姫と引き離される。僕はそんなのは絶対にいやだ!>
プルミエの中に喜びが満ち溢れていくのが僕に伝わってくる。もし彼女がハウリン型ならきっとちぎれんばかりに尻尾を振っていただろう。
<大丈夫だよプルミエ。僕は死なない。君を置いて死ぬもんか>





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー