メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 あのゲームセンター内を湧き立たせた試合から幾日。
 あんなことがあっても僕たちの日常はつつがなく続いていく。
 僕の学校は冬服から夏服に衣替えしたとか期末試験があったとか軽いイベントはあったけど、一番のイベントは、


 宮本さんとイスカがフランスに旅立ってしまったことだ。


 急遽、日本でやり残していたことを全てキャンセルして行ってしまった。
 別にそんなに急ぐ必要はないのでは、と思うのだけどシオンに対して未練が残ってるからさっさと準備して日本を出てしまったのだ。
 未練があるのは主にイスカらしいけど。

「ずっと見てて、飽きないの?」

 朝のHRが始まる時間ちょっと前。
 僕は教室に自分の椅子に座り、机に頬杖を突いている状態。
 目線は机に。
 座っているシオンに聞いている。

「これは姉さんが出してくれた手紙ですよ。飽きることなんてありません」

 あ、そうですか。それは悪いことを聞いてしまいましたね。
 思う存分にらめっこしててください。  
 そう思ってから、顔は窓の向こうの真っ青の空に向く。
 ここの教室は3階だから空が見渡しやすいな。

 昨日、僕たちに手紙が来た。差出人は宮本さんだ。
 日付は旅立つ前だし、日本製の便箋なので、おそらく旅立つ前にポストに出したのだろう。
 手紙の内容は宮本さんから色々、シオンに対することの謝罪とかお礼の言葉とかそんな風なのがつらつらと書かれていた。
 じつのところ、書いてあったことがかなりの長文で覚えきれないので、ここでは割愛している。

 だが、その便箋の入った封筒にはもう一つサイズが一回り以上違う用紙が入っていた。
 シオンが持つのにちょうどいい大きさの用紙なので、おそらく神姫同士、イスカお姉さんからの手紙なのだろう。

「ねえ、それ見せてよ」

 僕が昨日からお願いしてても。

「ダメです。『マスターさんにはぜったい見せるな』って書いてありますから。これは私だけに宛てた手紙なんですよ」

 これなんだから。
 僕の神姫なんだから、マスターの僕にそういうのは見せてほしいのだけれどな。
 と、そう思考してたら僕の顔にそれが出ていたのか、シオンが言葉を詰まらせた。

「でも、螢斗さんがどうしても見たかったら反故にしても……」
「こら。お姉さんとの約束は守らないとね」
「あ、螢斗さん。ありがとうございます」

 シオンは優しいから僕が命令したら見せちゃうんだろうな。
 でも、別に僕がマスター権限を行使するほどイスカお姉さんの手紙を見たいわけではない。
 無理に読みたいわけでもなし、シオンに嫌がれるかもと思うと僕のちっぽけな度胸はなくなってしまうのだ。
 第一、神姫サイズの手紙なんて極細い文字でびっしりと文章が書かれているんだろう。そうに違いない。

 ふと、気付くとHR1分前に教室のドアが思いっきり開く音がした。
 そして、数秒後。

「ぜぇはぁ…………おは……よ……はぁはぁ……」
「おはよう。淳平」
「はぁはぁ、明日から夏休みという興奮で眠れなくて……な」

 聞いてもいないのに、言い訳のようにそう言って僕の隣の机に身を投げ出した。
 遅刻寸前だったのを全力疾走と気合いでカバーしたらしい。
 淳平が言った通り明日から夏休み。
 それで今日は登校した後、HRと終業式だけで終わるから遅刻はしたくなかったみたいだ。
 最後くらいは遅刻しないでいよう、という良い心がけではある。
 ……いつも遅刻しなかったらもっと良いのだけど。

「すいません。マスターがお見苦しいところを」

 淳平に押し潰される前に胸ポケットから飛び出したミスズが机に降り立って、いつもの通り申し訳なさそうにしている。

「毎日大変そうだね。ミスズ」
「ええ。でも、私のマスターですから……マスターは優しいところもあって好きですし」

 ミスズはそう言うと顔を赤くさせて、そっぽを向く。
 恥ずかしいなら言わなきゃいいのに。
 でも神姫のミスズは淳平が大好きだから、こんな風にフォローしてしまうのだろうな。迷惑が掛かっててもだ。
 良かったね淳平、ミスズがこんな神姫で育っていて。
 そう思って淳平を見ると、

「……zzZ」

 寝るの早!?
 淳平は机に突っ伏して寝息をかいていた。

「さすがです。ミスズさん! 武装神姫の鑑です」

 突然、僕の机にいたシオンはミスズの言ったことに感動したのか、拳を握りしめている。
 ミスズの顔色は元に戻り、シオンの大声に驚いている。

「シオンがそれを言うの? あなたの方がよっぽどマスター思いだわ」
「いいえ、私なんてまだまだ。私も真の武装神姫を目指して今日もひたむき走り続けているんです!」

 なんかシオンが熱い。
 これが本当のアーティルのあるべき姿なんだろう。
 イスカと戦ってから、情熱さとか闘魂とかそういう暑苦しいのがシオンに生まれていた。
 まあ、シオンが元気でいてくれるなら僕は良いけどな。 

 そういえば、ミスズが前に僕に対して「人間の鑑です」なんていう似たようなことを言った覚えがある。
 あれから、数か月か。
 懐かしいな。
 シオンが僕のもとに来てから、色々なことがあって、イスカとも戦って、こうしてシオンは僕の武装神姫でいてくれる。
 その現実がたまらなく嬉しかった。

 僕が思いをはせている中、教室は本鈴も鳴り終わり、先生が来るのを待っていた時だ。
 一陣の風が教室に入ってきて、なんとシオンの傍にあったイスカお姉さんからの手紙が飛ばされてしまった。
 そして、それは窓の向こうへ。

「あ、シオン! 手紙が!?」

 僕の視界に小さいけど“一行の文章”が、見えてからひらひらと校庭の方に落ちていく手紙。 
 あんな紙切れが草むらに入ったら見つけ出せる自信がないぞ。
 幸い、この下はコンクリートの地面しかないから、風で飛ばされるとか誰かに拾われない限り、手紙はここの教室の真下にある。 

「大変です! 螢斗さん!」
「わかってる!」

 椅子をひっくり返しながら、シオンを胸ポケットに入れて教室のドアに駆ける。
 後ろからはミスズの焦る声。 

「HRがすぐにあるんですよ!?」
「終業式には戻るから、淳平起こして代返お願い!」

 そう簡潔に言うと、扉を出て廊下を走り階段へダッシュ。
 HRが始まってる時間に廊下を走るなんて、普段僕はしないのだけど緊急事態だからしょうがないのだ。

「螢斗さん」
「はぁはぁ……何?」

 走りながらもポケットにいるシオンに答える。
 結構、運動不足の僕に全力疾走は無理があるのだけど、シオンの呼びかけは無視できない。
 シオンは呼んで、一呼吸置いてから。 

「私も螢斗さんとずっと家族でいますから」
「……ああ、もちろんだよ!」

 その言葉はイスカお姉さんの手紙にあった言葉で――。



――――

『 離れてても、私たちはずっと家族だ。  愛する妹へ 姉イスカより 』

――――


Fin






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー