メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



第七話 OFイクイップメント


  クエンティン達は、鶴畑屋敷の地下にある特設の武装神姫バトルトレーニングルームへ来ていた。仕方なく。

「僕の権限でここから追い出すことだってできるんだからな」

  そう鶴畑大紀に言われたことは――興紀が許さないだろうから――特に気にならなかったが、余計な面倒を起こしたくなかった二人は渋々ながら彼に従った。
  眠る必要のないクエンティンはどうということもなかったのだが、理音のほうはというと……。
  オーナー席に着いたとたん、こっくりこっくり舟をこぎ始めていた。肉体的にも精神的にも疲労がかなり募ってきているのである。
  こりゃお姉さまの指示は望めないな、とクエンティンはあきらめ、バトルスペースへと登った。ちょっとした違和感が後ろ髪を引いたが、今はその原因がわからず、クエンティンは立ち止まらなかった。
  バトルスペースはバーチャルではなく、リアルバトル用のものだった。円柱の形をしており、面積は半径十五メートルほど、高さもそれくらいである。人間には狭く感じるが、体長わずか十五センチちょっとのクエンティンにとっては、一対一の勝負をするには必要十分な広さであった。
  鶴畑大紀は興奮を抑えられていないようにクエンティンには見えた。まるで新しいおもちゃを手にした子供のようだ。実際子供なのだが。
  スタート地点に登壇する。

「さあ、ちゃっちゃと終わらせましょうよ。子供は寝る時間よ」
「子供はいつまでも遊びたいんだよ」

  クエンティンの挑発に、鶴畑大紀は乗らなかった。余裕綽々の態度である。おおいに勝算があるようだった。

「なあ、僕が勝ったら」

  鶴畑大紀はとんでもないことを言い出した。

「そのイクイップメント、貰うぞ」

  何のことだ、と思い、すぐにエイダだと気がつく。
  くれよ、ではなく、貰うぞ、という否応のない表現が、鶴畑大紀という人間の傲慢さをよく表していた。
  負けたらどんなに抵抗したところで、自分からエイダは引っぺがされる。興紀の言っていたとおり引っぺがすことが不可能ならば、ばらばらにされることは間違いない。
  なんてこった。いきなり負けられなくなった。クエンティンは焦った。
  ここまでやっておいて興紀が出てこないところを見ると、寝ているのだろうか。いずれにせよ彼の手助けは無いと考えたほうがよさそうだ。そもそも助けられたくは無いが。
  今の自分に対してそこまで自信たっぷりに言い放つということは、やはり大きな勝算を持っているに違いなかった。
  普通の神姫ではどんなに違法なパーツをつけたところで、エイダと融合したクエンティンには勝てない。エイダの性能はもう武装神姫という玩具の範疇を超えていた。
  少なくとも武装神姫のノーマル装備がまったく通用せずかつ人間用の拳銃弾をはね返すような相手と複数対峙しそれらをいとも簡単にスクラップ同然にして、自らも二十ミリの大口径機関砲弾を素で防ぎきる性能を誇るような代物に、普通の武装神姫がどんなに徒党を組んでかかったところでかなう筈がないのである。
  思い上がりなどではない。クエンティンが今まで実際にこのボディで体験してきた事実だった。

「アタシに勝ちたいなら戦車でも持ってきなさい」

  そのとおりであった。
  しかし、鶴畑大紀はフン、と鼻で笑った。

「その余裕、こいつを見ても言ってられるかな」

  鶴畑大紀が右手に携えていた頑丈そうな金属製アタッシュケースを開くと、中から一体の人形が自分から躍り出た。

『人形ではありません。武装神姫です』

  エイダが訂正する。
  しかし、あんなタイプの神姫をクエンティンは見たことがなかった。
  その神姫を一言で表すならば、棺、だった。
  全身をホワイトピンクのメインカラーが彩っている、古代エジプトの棺のような装甲にその武装神姫は全身を覆われていた。見えるのは顔だけだが、素体タイプはもちろんサングラスのようなバイザーに目が隠されどのコアなのか判別できない。
  唐突にチリチリという電子音とともに棺が細かいビットと化して散らばり、すぐに収束、マントとなる。
  その神姫はどうやら素体はアーンヴァルタイプらしかった。あの憎たらしいノーマル主義なアイツと同じ、天使型。
  それでも、もう天使の面影はどこにもない。
  頭部には結んだ髪の毛を模したパーツが三対取り付けられ、全身をホワイトピンクの装甲で補強している。脚部はクエンティン同様足首が無くとがっており、首もとの球体から全身にピンク色のエネルギーラインが通っている。
  股間部にはやはり立派な突起物があった。

「エイダ、あれ……」
『間違いありません。私をもとに作られたOFイクイップメントシリーズの一つ、MMSタイプ・アージェイドです』

  デルフィのゼロシフターのように情報公開されたようである。

「OFイクイップメントって、なに?」
『私のような武装神姫の総合戦闘支援システムと、その専用装備を含めた総称を、オプショナリーフレームイクイップメント、OFイクイップメントと呼びます』
「何であいつがそれを持っているのよ!?」
「なんでって、当たり前だろう?」

  鶴畑大紀が代わりに答えた。

「僕ら鶴畑家はこいつの筆頭出資者なんだから、サンプルを貰うのは当たり前だ。お兄様から聞いてないのか? 僕にとっては、お前が持っている方がおかしいんだ」

  要するに目くらましのために、大元のエイダ、デルフィとは別の、どどのつまり試供品をあてがわれたわけだ、とクエンティンは考えた。

「お兄様から聞いたよ。本当の試作品はお前が付けてるヤツだってな。普通に頼んでもどうせ譲ってくれやしないだろうから、弱らせたあとに引っぺがしてやるのさ」

  あの男、身内とはいえ意外に口が軽いな、とクエンティンは小さく悪態をついた。

「そんなホントのことしゃべるなんて、アンタ間抜けじゃないの?」
「お前が馬鹿だ。本当のことをしゃべるってことは、お前はもう檻に入れられたも同然なんだよ」

  クエンティンは後ろを振り返った。バトルスペースの端っこを、いつの間にかオレンジ色のエネルギー膜が取り囲んでいたのである。
  ブレードで切りつけようとする。その途端、エネルギー膜から強烈な電撃が放たれた。

「ぐあああっ!?」
『無駄だってば。もう逃げられないよ』

  スピーカー越しに鶴畑大紀の声が聞こえた。

『それにお前の声は眠りこけているご主人様には届かない。おとなしくそのイクイップメントを渡すか、僕のミカエルにぶち壊されるかだ。選べ』
「どっちも嫌よ!」
『じゃあ壊れろ。行け、ミカエル!』
「イエス、マスター」

ギュオオッ!

  熾天使の名を冠したその神姫が、マントをはためかせ猛スピードで接近してきた。
  ミカエルはオレンジのエネルギーブレードを手の甲から放出し、切りかかってくる。

「くっ!」

  自らのブレードを交わしてクエンティンは回避。左へ間合いを取りながら、

ツツツシュ!

  ショットを放出し牽制する。

『そんなもの、ミカエルには効かないよ』

  ミカエル、エネルギーシールドを展開してショットをすべて防御。

『ウィスプでやれ!』

  鶴畑大紀の命令でミカエルのマントがバラバラになり、無数のビットに変形、クエンティンへ突進する。

『レーザーで迎撃してください』

  すかさずエイダがアドバイスを出す。
  クエンティンはダッシュをしつつ、ウィスプと呼ばれたそのビット群を一つ残らずロックオン。

ガシォーン!

  幾十本ものレーザーが応酬する。
  爆発。黒煙がフィールドを埋め尽くす。

『敵機接近』

  乗じてミカエルが突撃。黒煙をまといながら出現する。ビットとなって撃墜されたはずのマントが復活していた。
  エネルギーブレードを振るう。命中。

「ぐうっ!?」

  焼け付くような痛覚がクエンティンを襲う。右肩から左わき腹の装甲にかけて袈裟懸けに焦げ付いた切り傷がついた。とっさに広報へスウェーバックしたのだが、少し間に合わなかった。

『オブジェクト、出ます』

  フィールド表面がぐにゅぐにゅと変形してゆく。ファーストレベルのスタジアムにも使われている実体ホログラム技術である。ホログラムでありながら触れたり持ち上げたりできるのだ。
  岩山が連なり、谷間には天然ガス掘削基地を模した建造物が再現されている。

『鉄骨や鉄板などのオブジェクトを利用してください』

  クエンティンは下降。建造物をすり抜けつつ、両の手元に一番近い鉄骨を引きちぎる。実体ホログラムは物体の材質的特性も可能な限り再現されるから、鉄骨はかなり重いはずである。だがクエンティンはその重量をまったく感じていなかった。エイダの反発重力機能の応用で、重量をカットしているのだ。
  後方からミカエルが追ってきているのが分かる。クエンティンは上昇段階でいきなり振り向くと、二本の鉄骨を時間差で投げつけた。

「!?」

  ミカエルは一本目は避けたものの、修正照準で投げられた日本目には思い切り衝突した。投げられた鉄骨の速度は非常に速く、鉄骨そのものの質量と相まってミカエルを圧し戻すには十分だった。ミカエルは建造物に墜落した。
  その拍子にガスタンクが潰されたようで、建造物はミカエルを巻き込んで盛大な爆発に包まれた。あまりにも大量のガスが貯蔵されていると設定されていたためか、赤黒いきのこ雲が上がるほどだった。

「ぃやった!」

  さすがにあの爆発では生きてはいないだろうとクエンティンは確信した。
  その油断が隙を生んだ。

『爆心地より高エネルギー反応』
「えっ!?」

ズィ、ビュームッ!!

  爆煙立ち上る残骸より金色の大出力ビームが飛び出した。
  回避は間に合わない。クエンティンは最大出力でシールドを展開して、真正面からビームを受け止めた。
  しかし、半分も受けきらないうちにシールドは散り散りになって瓦解。

「うああ!」

  火花を散らしながら、クエンティンはバランスを崩し落下してしまう。

『ダメージ75パーセント突破。危険です』

  エイダの警告を聞き終わらないうちに、クエンティンは岩壁に墜落した。
  いまだ煙の納まらない建造物から、棺状態のミカエルが現れる。

『終わりだな』

  嘲笑をこめた口調で鶴畑大紀が言った。

『そいつを渡す気になったか?』
「フン、前口上はいいからさっさと殺ったらどう? さっきから思ってたけど、そのカンオケ状態、たらこキューピーに見えるのよね」

  岩壁にめり込んだままクエンティンが挑発した。
  なんとこれが、とくにたらこキューピーのあたりが、鶴畑大紀の逆鱗に触れたらしかった。

『死ねぁー!』

  彼の絶叫とともにミカエルが棺状態を解いて突撃する。
  エネルギーブレードを展開。真上から振り下ろす。

ガギンッ

「……ばーか。だからアンタはお子ちゃまなのよ。そのまま遠くから撃ってりゃよかったのに」

  切りつけられる間際、クエンティンは両手を突き出し、ミカエルの両腕をグラブして封じる。

「エイダ!」
『ハッキングを開始します』

  エイダはミカエル、というよりはアージェイドのメインシステムに侵入、お目当てのプログラムを瞬時に探り当てた。

「作戦成功。アンタの得物、いただくわね」

  水色のスパークが二体の間に発生する。すると一つのデータ粒子の塊が、ミカエルの方からクエンティンへ移動した。

『サブウェポン、ウィスプのデバイスドライバを取得しました』
「行っけー!」

  クエンティンの腰にあった三つのはさみの形をしたスカートパーツが分離する。
  それらはがっちりとミカエルを拘束したかと思うと、無理矢理クエンティンから引き剥がす。ウィスプとクエンティンの右手の間には水色のエネルギーワイアーが張られた。

「うおりゃっ!」

  それを振り回す。
  ミカエルはウィスプに引っ張られ、そのまま岩山に激突。岩の破片がバラバラと舞う。
  間髪いれずにクエンティンは下に引っ張り、ミカエルを地面にぶつける。
  再び岩山へ。続いて端のエネルギー膜へ。ミカエルは電撃を受ける。

「アンタの負けよ。ノックアウトは癪だから、ギブアップしなさいな」
『く、くそっ。誰がギブアップなんぞするもんか。ミカエル、振りほどけ! 反撃しろ!』

  だが、ミカエルはもがくだけで振りほどけない。ウィスプの拘束は強力だった。ジャッジAIは戦闘不能を判断しない。

「早くしないと大事な神姫が壊れちゃうわよぉ」
『まるで悪役です』
「もともとそうよ」

  掛け合いつつ、振り回すのはやめない。ミカエルはだんだん弱っていった。

『や、やめろぉ! もうやめてくれえ!』

  ついに鶴畑大紀は弱音を吐いた。

「そこまでだ。試合を終了しろ」

  予期せぬ方向から声がかかった。
  冷静な、しかし威圧感のある声。

『試合終了。ノー、コンテスト』

  ジャッジAIの音声とともにエネルギー膜が消え、オブジェクトも無くなりただの平地になった。
  声の主を確認した鶴畑大紀の顔がみるみる蒼白になってゆく。

「お、お兄ぃ、さま……」

  仕立てのよい白いスーツを着て、出入り口に興紀が腕を組んで直立していた。

「お前もよく分かっただろう、プロトタイプの実力が」
「なーんだ、やっぱり兄貴がけしかけたのね」

  クエンティンの言葉に、興紀はフン、肩をすくめた。

「ど、どういうことだ!?」

  冷や汗をだらだらと垂らしながら、次男坊はうろたえた。

「だからぁ、アンタはこのお兄様に利用されたのよ。エイダの戦闘データを取るためにね。アンタはつまり、かませ犬なの」
「なんだとお!?」
「大紀」
「ヒィッ!」

  興紀の一言に、次男坊は硬直。
  まるで蛇ににらまれた蛙だな、とクエンティンは思った。
  狡猾な蛇に、太った蛙。良いたとえだ。

「あとで私の部屋に来い。アージェイドは捨てるな」
「は、はい、お兄様……」

  蛙はそのばにへたり込んだ。

「夢卯理音嬢」
「……んぐ?」

  今までずっと眠りこけていた理音が、興紀の声で目を覚ました。

「申し訳なかった。明日は昼までゆっくり休むとよい」

  興紀はそれだけ言って出て行った。
  理音は再び大きく振り子運動をやり始める。

「ああもう、お姉さまったら。ちゃんとお部屋に戻って寝ましょうよ」

  クエンティンはグラブ機能で理音を肩に担ぐと、そのまま引きずっていった。
  人間も持ち上げられるのか。便利な機能だ、とクエンティンは思った。
  バタン。トレーニングルームの扉が閉められる。
  バトルスペースでぐったりしているミカエルと床に座り込んだまま動かない次男坊を残したまま、オートで照明が落とされた。
  部屋は真っ暗になった。


つづく





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー