メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

…もし奥方が今回の事件の犯人だとすればその動機は上記のライドシステム開発中の事故、そして何より我々の夢の結晶であるライドシステムの本質をゆがめてしまった事への復讐だろう。奥方が抜けた後、開発は技術資金両面で難航していた。我々は新しいパトロンを求めていたしMMS管理機構は神姫犯罪を防止するための新たな枷を探していた。両者の利害は一致し、ライドシステムは香澄くんが願ったような純粋に神姫と心を通わせるためのシステムとは違う形で世に広まった。私はこれを今遺書として書いている。これを見た警察の方、どうか俺の友達にこれ以上罪を重ねさせないでください。そして伝えてください。システムは違う形で世に広まったがあれはただ神姫を縛るだけの物には成り下がらなかったことを。期待のニューフェイスの試合を見ればきっとあいつもそれを分かってくれる。
-プロメテウス事件の被害者・新見氏の手記より抜粋


連続神姫ラジオ
浸食機械


4:大地咆吼
扉の先には神姫ライドを行うための大型筐体が多数置かれている。見た感じ壊れている様子はない。
「罠の可能性も考えられます。先行してシステムをチェックしてみますわ」
そういってルートが部屋に踏み込んだ途端
「ひぎゃぁぁ!」
ルートの体を四方の壁から放たれた電流が襲った
「ルート!畜生、今助ける」
浩太さんが部屋に飛び込んで、電流に焼かれているルートを抱きかかえる。大きな的が入ったせいか壁から放たれる電流はその本数を増し、肉の焦げるにおいがあたりに漂う。
「ひどい…」
戻って来るなり倒れた浩太さんの様子を見てプルミエがつぶやく。
「マスタぁー」
「へへっ、お前を助ける時、筐体に手を突っ込んだときの痛みに比べたらたいしたことねぇよ。まあ、指一本も動かせないがな」
目を覚ましたルートが泣きそうな顔で浩太さんのやけどにぬらしたハンカチを当てている。この施設内に治療ができる場所はない。こんな事しかできることはないのだ。
「だが、軽口を叩けるところを見るとそこまで威力の高い物ではなさそうだな」
大地さんが声をかけてくる
「おい、そこの犀型、動けるのだろう?あの電撃の止め方を教えろ」
「ちょっとお待ちなさい。…マスター、すぐ戻ってきますわ」
ルートはしばらく室内の様子を確認したり考え込んだりしていたがこちらを振り向いて言った。
「おそらく天井にあるセンサーで室内の管理をしているのでしょう。あれさえ壊せば電撃は止まるはずですわ」
「そうか。よし、ハーデス、ここで待っていろ。俺がライドオンしたらすぐにCHIKARAであのセンサーをぶち抜け」
そういうと大地さんは迷い無く室内へと踏み込んだ。すぐに四方から電撃が襲い皮膚を焼く。
「そんな、どうしてそんな無茶をするんですか」
僕は思わず叫んでいた。
「ふん。小僧、聞こえないか?俺にはずいぶん前から聞こえているぞ」
僕が戸惑っているとプルミエが声をかけてきた。
「マスター、先ほどからエントランスの方で爆発音がしています。熱反応も確認できます」
「ほう、神姫の方は盆暗ではないと見える。小僧、先ほどの虎型のこと、覚えているか?あの神姫、マスターのライドも無しに全力を発揮しておったわ。おそらくあんな連中が攻めてきてるんだろう」
ハッとした。マスターがライドしていない神姫はとても弱い。彼らに対抗するにはこちらもライドシステムを解放するしかない。
「でもそんなことしてたら大地さんが…」
『いい加減にしろ。これ以上そんな無責任な発言をしないでくれ』
大地さんを見つめたままハーデスが僕を怒鳴りつける。直立不同な彼女だが目は落ち着きがなく全身が強ばっていた。
「そうだ、それでいい。神姫は人に仕える物だ」
放たれる電流は数を増していた。それでも大地さんは止まることなく筐体までたどり着く。ヘッドギアを装着してスイッチを入れた。
「なぜこんな事をするかだと?そんなことは決まっている」
大地さんを焼く電撃はさらに本数を増していた。プルミエが思わず目をそらす。僕にはまぶしくてよく見えないが神姫アイは優秀らしい。
「俺にはハーデスと別れるなんぞという選択肢はない!立ちふさがるというのならハーデスと共にたたきつぶすまでよ!いけ!ハーデス!!!」
そう叫ぶと大地さんは倒れ、ハーデスの体が一瞬びくんと震えた。間髪おかずに彼女は神姫の素体を模したような禍々しい砲を取り出して天井のセンサーに狙いを定める。
『当然だガイア。お前の敵は私がすべてなぎ払ってやる』
見たこともない巨大なエネルギーの塊が生まれそれが解きなはたれる。次の瞬間には電撃は止んでいた。


ハーデスが倒れた大地さんに近づいていく。
『マスター、しばらくここで休んでいてくれ。後は私に任せろ。次に目が覚めたときは帰りの船の上だ。一緒に、帰ろう』
大地さんの焦げた唇にハーデスの唇が添えられる。サイズ違いのキスとも呼べないキスは、大地さんのうめき声があがるまで続いた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー