メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

…ですから、ライドシステムの特徴は神姫と心を通わすことによって実現する究極の一体感にあります。神姫との関係はどちらかが与えるというものではなくお互いに与えあうものであるべきです。その実現例であるライドオンシステムの初お披露目の舞台に立ち会えたことに無上の喜びを感じます。神姫と人との関係は今まさに完成されたといえるでしょう。では、ここに、神姫と人との融和の象徴である第一回神姫Fバトルの開催を宣言します。人と神姫の輝かしい未来への一歩を、皆様盛大な拍手でお迎えください。
-某MMS管理機構役員によるFバトルの開会宣言。この2週間後、再三の注意にもかかわらずライドシステムの搭載を拒んだ神姫がイリーガル指定を受ける初の事例が起こった。


連続神姫ラジオ
浸食機械


3:巨獣不倒
エントランスに少ないながらも人が残っていた。ほとんどの人はうなだれて無気力だったり不安そうな表情を浮かべている。それは彼らに付きそう神姫も同じだった。中にはお互い笑みを浮かべている組み合わせもあるがそんな彼らの表情もどこかうつろに感じられた。
「皆さん、不安なんですね」
不安そうな表情で声をかけてくるプルミエと同じ感想を僕も感じた。だからこそガラス張りの喫茶スペースにどっかり居座りカツ丼をかっくらっている大きな男の人と、その傍らでジェリカンを豪快に傾けているストラーフはこの空間の中で強烈な印象を放っていた。
「うむ、腹もいっぱいになったところで、行くか」
『わかった、マスター。反撃開始だな』
立ち上がり、施設の奥に向かっていく二人に興味を引かれて僕たちは彼らの後を追うことにした。
「あのストラーフ、どこか異常があるんでしょうか、声が」
僕は頷く。彼女の声は電子ノイズがかかったようなかなり異質な声だった。そんなことを考えていると件の声が曲がり角の向こうから聞こえてくる。
「どうしてお前はマスターと一緒におるんや!!うちはマスターに捨てられたっちゅうのに!!あんなにマスターに尽くしたのに、いっぱい愛してもらったのに!」
「ふん、甘えたことを言うな。神姫がマスターに尽くすのは当然だ」
『お前はマスターにとって結局それだけの存在にしかなれなかったんだよ。ただのオモチャにしか』
「たわけが!ナマ言うなや!」
僕らが角を曲がりきったところで見たのは牙をむきだしたティグリースに切り伏せられたストラーフの姿だった。その動きはマスターなしの神姫では考えられないほど力強い。ティグリースはとどめを刺そうと刃を振り上げる。僕は…
「危ない」
と叫び飛び出した。でも、刃が振り下ろされる事はなかった。男の拳が唸り、ティグリースは壁まで吹き飛ばされて動きを止めた。
「ふん、つまらん相手だ。ハーデス、行くぞ」
『ああ、了解だマスター』
「お前達もつまらん邪魔をするなよ」
僕たちの方を見ようともせず声をかけると男は何事もなかったかのように歩き出した。ハーデスと呼ばれたストラーフもよろよろ立ち上がりついて行く。なおも彼らを追いかけようと歩みを進める僕らに吹き飛ばされたティグリースが話しかけてきた。
「今の…見た?ハハッ、あいつ…人のことさんざん言っておきながら自分だって怪我してもマスターにかまってもらえないじゃないか。お前だってオモチャだよ。くくっ、マスターに呪いあれ、神姫に恨みあれ」
不気味な言葉をつぶやき続けるティグリースをその場に残して僕は先に進む。修理する技術は僕にはないし、プルミエとこの島を出るためにも彼らが何をしようとしているのかを知ることの方が大事だからだ。彼らとは少し先の薄暗い廊下で再会した。
『電子ロックのようだな。私ではこれをクラッキングするのは無理だ』
「ふん、では仕方あるまい」
二人は筐体ルームとプレートが下がった部屋の前で話をしていたがおもむろに男は扉を殴りつけ始めた。轟音が響き、重い鉄の扉がへこむが開く様子はない。
「おいおい、一体何をやってるんだあいつは」
「どうやらライドオン筐体のところに行きたいらしいですわね。それにしても無茶苦茶ですわ」
突然後ろから声が聞こえた。僕が驚いて振り返るとそこには犀型神姫ディアドラをつれた男が立っていた。
「でも現状で最も有効そうな手ですわね」
「だな。ルート、お前あの扉破れるか?」
「難しいですわね」
ディアドラが肩をすくめて答える
「マスターに増設していただいた管制機器のメモリをすべて使えば失敗する方が難しいですわ」
「上等、それじゃあ行くか」
二人が男の方に歩いていく。何事か短く話した後ルートと呼ばれた神姫がケーブルを伸ばし扉のコンソールに接続した。少し迷ったが僕は彼らに声をかけることにした。
「何をしているのかだと?」
ハーデスのマスターが答える
「決まってるさ」
ルートのマスターがにやりと笑って振り向く
「俺たちはライド筐体を確保して神姫ライドする」
「そうすればルート達は全力で戦えるようになる」
『あのいけ好かないコンパニオン神姫は人の来るところにいてやる義理はないとほざいた』
「つまり現状あいつの元にたどり着ける可能性があるのはあたし達神姫だけ」
プルミエがあっと声を上げる
「もちろんライド筐体もあいつらの手に落ちている可能性はあるさ」
「だが成功すればハーデスと共に奴らをたたきのめす事ができる」
ルートの方からピンという音が聞こえた。扉が開き向こうから明かりが漏れ出す。
「つまり、俺たちは反撃にでるのさ」


次章:大地咆吼に続く:戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー