メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1話   目覚め


「……買ってしまった」
俺はそう呟きながら、丁寧に包装された箱を小脇に抱えたまま自室に入る。
机に箱を置き、椅子に座ると包装紙を剥がしにかかった。
箱を開け、ごそごそと付属品を取り出し、最後に本体の品物を取り出す。
15cmほどの人型ロボット、武装神姫。
ペットショップで犬猫に見つめられて、そのまま買ってしまうという心境に似ていた。


俺は特に目的も無く街をぶらぶらしていた。
大きめの玩具屋にやってきた時、派手なのぼりが一列に並んでいた。
『武装神姫 入荷しました』
「暇つぶしにはいいか」
そんなことを呟きながら店の中に入っていった。
棚にずらっと並んだ箱。
「へえ、こんなのが流行っているのか」
犬のようなものや猫のようなものもある。
箱を手に取り、表蓋をあけて中を確認する。
白を基調としたボディに金髪、装備品も白で統一されている。
「綺麗な顔しているなあ……」
これが出会いのきっかけというか、始まりだった。


偶然に手を取ったのだが、棚に戻そうとした時、確かに寂しいような悲しい表情をした、ように見えた。
梱包されて、メイン電源の入っていない神姫が、そういう顔をしないことは分かってる。しかし、現実はここにある。
マニュアルに従い、クレイドルと呼ばれる充電装置兼データ送受信装置に本体を乗せて状態の確認を取る。
そして、胸部の未だ機械部が剥き出しになっている部分にCSCと呼ばれる部品を差し込む。
本体を買うときに、これが無いと起動しないといわれて、一緒に買った。
多種多様あったが、どのように違うのか分からなかったので、目に付いた宝石の名前の三種類を選んだ。
三本をセットして、胸部カバーを専用器具にてはめ込む。
「はぁ」
ため息を一つついて、神姫本体を持ってみる。
この中にバッテリー、モーター、コンピューター、などが詰まっているのだから技術の進歩は恐ろしい。
「ほほう、よくできてるな」

     ― ― ― ―
『メインジェネレーター起動、出力10%』
どこか遠くで声が聞こえる。その声は私のようで私ではない。抑揚のない機械的な声。
『自己診断、腕部及び脚部の破損なし。CSCとのリンク開始』
誰? あなたは私?
『ジェネレーター出力40%まで上昇』
私は上下左右も区別のない空間に浮かんでいるようで、声の発生源も特定できない。
『メインコア異常なし。センサー系全て異常なし』
『メインジェネレーター出力100%に上昇。CSCリンク完了』
『感情人格プログラム起動、以後のメインコア主導権移行』
その声と同時にすうっと身体に吸い込まれていく感じがした。
『TYPE ANGEL 起動』
目の前に光が溢れる。それと同時に、本能的に周囲をみると人間が一人だけ。
多分マスターだろう。
目覚めたばかりの気だるさが抜けてくると、あることに気が付いた。
マスターの手は、私の身体をあちこち触っているようだ。
それを認識した瞬間、顔が赤くなり、恥ずかしさがこみ上げてくる。
     ― ― ― ―

ぷにぷにと身体中を触っていると声がした。
「あ、あの……マスター? 恥ずかしいのですが……」
「うわ!」
俺は驚いて神姫を放り投げると、トンっと手をつき、腕の伸縮の反動でくるっとまわって綺麗に正座した状態でこっちを見ている。
いつのまに電源が入っていたのだろう。
「はじめまして、マスター。これからよろしくお願いします」
三つ指をついて挨拶をしてきた。
「ああ……」
そう答えるのがやっとだ。
「あ、のさ…ロボットでも感じるのか?」
何とも変な質問だが聞いてみた。
すると、少し顔を赤らめて俯きながら答えてくれた。
「一応、人間と同じ感覚を持っています。です…から…その……」
「そっか」
「すみません」
さらに顔を赤くして顔を背けてしまった。
「いや、こっちこそ悪かった。興味本位とはいえあんなことして」
「はい……」
「で、お前の名前は?」
「はい。武装神姫、TYPE ANGEL アーンヴァルです」
そう即答したが、俺は首を横に振りやさしく言った。
「それは商品名だ。そうじゃなくて、お前自身のお前だけの名前だよ」
びっくりした表情をしてこっちを見つめてきた。
「いつまでも、お前っていいたくないからな」
そう言うと、考え込んでしまったようだ。

― ― ― ―
名前……
自分を他人と区別する記号……
本来ならマスターが与えるもの……
しかし、私のマスターはそれをしない……
どういうことなのだろうか…
でも、マスターが名前を要求している。答えなくてはいけない。
― ― ― ―

「アー…ル、アール! 私の名前はアールです!」
満面の笑顔で自分の名前を言ったアールに、俺も笑顔で答える。
「そっか、アールか。よろしくな!」
「はい!」
そっと出した俺の手に思い切り飛びついて、指の先を両手で掴んだ。
「それで、マスター登録を行います。マスター名と呼称をお願いします」
「俺は、陽元治虫。呼称は……マスターのままでいいや」
「登録しました。マスター」
アールがにっこりと笑い、俺も笑い返す。
こうして、俺とアールの生活が始まった。

TOPへ  次へ




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー