メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みなさん初めまして。私はフブキタイプのシャルと申します。マスターカエデの神姫です。
私は今、テレビを見ています。いや、テレビを見たくて見ているわけでは無いのですが、隣に座る可愛い妹分、エルスさんがどうしてもというので仕方なく一緒に見ているのです。
ちなみ見ているのはホラー映画です。

「お、おおおおお姉様、こここここ怖かったらえんえんええ遠慮なく悲鳴なんなりをあげたてまつってもいいんですよっ!!!」

「はいはい、わかりました。エルスさんも遠慮しなくていいです」

まあ、レズっ気のあるエルスさんのことです。この映画鑑賞も、ホラー映画を見れば私が怯えてエルスさんに抱き付くといった計略の元の行動でしょう。まあ残念ながら、私は怖いとは思いませんが。

『キャァァァァ!』

「きょぁっ*×$∞&@☆♯∀〒※!!?!」

「うぐぐ、エルスさ、ぐるじ……」

締まってます締まってます締まってます! 離して下さい!




「ただいまー」

「お帰りなさいマスター!」

「お帰りなさいませ、マスター」

マスターカエデが帰ってきました。今日もお勤めご苦労様です。

「シュークリーム買ってきたから、一緒に食べよーね」

「シュークリーム! マスター、ありがとうございます!」

「では、私はスプーンをお持ちしますね」

マスターカエデはこうして時々、お菓子等をお土産として買ってきます。しかし、むやみやたらと買うわけではなく、食事バランス、運動量、消費カロリー等々を計算しつくしてから、余裕を持って購入してくるので、実はなんとなく購入日を予測できます。
マスターカエデは実はしたたかな女性です。

「マスター、とっても美味しいです! そうだ、あーんしてください!」

「えー、ちょっと恥ずかしいかなー」

と言いつつ、マスターカエデはあーんと口を開けます。そこにエルスさんがスプーンでシュークリームの一欠片を差し入れます。中睦まじい主従ですね。

「さ、お姉様も!」

「あーんですか」

「私の口からどうぞ! んー」

「やめなさい」

クリームを口に含んで顔を近付けるエルスさんの額にスプーンでチョップします。額を押さえて転げ回る様に、マスターカエデも大笑いしています。




「さて、今日も週二日のお楽しみといきますか」

今日はマスターカエデのお仕事のお休みの日。マスターカエデはお休みの日には神姫センターに通い、バトルを楽しみます。勝ち負けにこだわるよりも、戦い自体を楽しむほうなので、戦績はほどほどです。

「こんな格好でそんなことできるかー!」

「とてもよくお似合いですよ、美咲さん。さすが私の女神です。きっと戦う姿はもっと美しいのでしょうね」

「おっしやるかぁ! さあ、挑戦者こーい!」

ああ、今日は騒々しい方々がおみえになっていますね。あの方は、この神姫センターの常連さんで、皆からは先生と呼ばれている方です。毎回、とてもユニークな武装を自らの神姫、花型MMSジルダリアタイプの美咲さんに装備させて、周りの皆様を楽しませています。
あの美咲さんという神姫、性格はなかなか豪胆です。今も、かかってこいやー等と叫びながら仁王立ちで両腕を天に突き上げています。

「あ、今日先生来てたんだ。よし、戦ってみよっか。どっちが行く?」

「マスターが決めて下さい! 私たちはそれに従います!」

エルスさんの返答に、んーと悩んだ挙げ句、私を手に伸せ筐体に進みます。

「それじゃ、よろしくね、シャル」

「はい、マスター」

私は対戦登録をし、ブースに着きます。




「こいよシャル、武器なんて捨ててかかってこい!」

「いや、武器は捨てませんよ」

私はフブキタイプの装備に、エルスさんと同タイプのライフルを装備した、中〜近距離装備です。
一方、美咲さんの装備はというと、まるでおとぎ話の世界から飛び出してきたかのような豪勢なドレスを身にまとっていました。ジルダリアタイプということも相まって、非常に絵になります。

「そのドレス、やはり仕掛けが?」

「まあな。試してみるか?」

不適に笑うと、美咲さんは走り始めました。あんな走りにくそうな格好でよくもまあ走れるものです。私はライフルで牽制射撃を行います、が。

「当たらなければどうと言うことはないぃ!」

と当たりながら美咲さんが迫ってきます。この人に痛みや恐怖はないんでしょうか。

「必殺!」

かなりの距離まで詰められてしまいました。私はライフルを片手に持ちかえ、大型の手裏剣をもう片手に持ちます。

「白鳥の舞!」

美咲さんが跳躍、回転しながらこちらに迫ります。体当たりでしょうか、それとも回し蹴り? しかし、スカートがふわりと広がり、中が見え……あ、スカートの内側に隠し刃が!
間一髪、私はライフルと手裏剣でスカートを止めます。甲高い音と共に、なんとか直撃は防ぎました。

「甘い!」

ですが、その後に控えていた回し蹴りは頭部を直撃、吹き飛ばされました。

「スカートの仕掛けにはよく気付いたな。しかし、スカートに意識が向きすぎて、蹴りに気付かないのは未熟の証! 勝機が見えたな」

「まだですよ、一度食らえば、見切るのも簡単です」

もし攻撃パターンがあれしかないなら、勝ち目はあります。




結果としては、私は敗北しました。スカートの刃による回転攻撃、それをかわしても蹴りがくる。ただそれだけの単調な攻撃のはずなのに、攻撃タイミングをずらされたり、回転方向をかえられたりと千変万化に攻め立てられ、ほぼ一方的に負けてしまいました。

「勝ったー! 先生先生、私やったぞ! ほらほら、お褒めの言葉とか、お祝いのチューとか!」

「チューはしませんが、まあ、とても美しい戦いでしたよ、さすが美咲さん。ただ口調にももう少し繊細さが欲しいですね」

「うんそれ無理」

あちらはとても楽しそうです。

「申し訳ありません、マスター。負けてしまいました」

「ううん、いいよ、全然。先生の戦い、面白かったから。全く、シャルは硬すぎるんだから。勝ち負けなんかにこだわらなくていいんだよ?」

よしよーし、とマスターカエデは私を撫でてくれます。それだけで私の頬は緩んでしまいます。

「そこのアホダリアさん! 次は私と勝負です! お姉様の仇、打たせてもらいます!」

エルスさんが憤怒の様子で美咲さんに喧嘩を売っていました。私の仇、と言ってくれるのは嬉しいですが、アホダリアだなんて相手を貶す言葉遣いはいただけませんね。




夜、マスターカエデが明日に備えて寝入った頃。
私もクレイドルにて充電を兼ねて就寝をしていると、妙に揺り動かされる感覚が。

「ん、何ですか……?」

「あ、やば」

ばっと、突然口元に布のようなものを巻かれてしまいました。それで私の意識は完全に覚醒します。どうやらエルスさんの仕業のようです。

「ん、んー!?(な、何するんですか!?)」

「シー、マスターが起きちゃいますよ。ささ、お姉様、今宵こそ姉妹の親睦を深めましょう♪(ハァハァ)」

め、目が、エルスさんの目がヤバいです! イッちゃってます! こ、このままでは私、エルスさんに[ズキューン]されてしまいます!

「んーんー!?(や、やめて下さいエルスさん!)」

「ああお姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様ぁぁぁぁぁぁぁ!!」




「きゃぁぁぁ!」

……っは、あれ、夢!? 左右確認、上下確認、ここは先生の私室、間違いありません。……夢でよかった……。
私がほっと胸を撫で下ろしていると、ドタドタと廊下を走る足音が。

バァン!

「美咲さっ(ガッ)!?……だ、大丈夫、ですか……」

「せ、先生こそ、足の小指はご無事ですか?」

勢いよく部屋に飛び込んできた先生は、小指をいい勢いでぶつけたようです。ああ、日常での三大痛打の一つをやってしまいましたね……。ちなみに残りの二つは、階段を踏み外してスネを打つ、ドアに指を挟む、です。多分。

「それより、一体どうしたんですか、美咲さん。とても悲痛な悲鳴が聞こえましたが」

「あ、いえ、ちょっと悪い夢を見てしまいまして……」

途中まではそれなりにいい夢でしたが、オチが……。あ、そうだ。

「先生、一つよろしいですか?」

「はい、何ですか?」

つとめて冷静な声でお返しくださいましたが、先生は今蹲っています。

「もし、神姫を買うときに、私、フブキタイプが居なかったら、どんな神姫を買っていましたか?」

「フブキタイプしか買う気はしませんけどね(キリッ)。強いてあげるなら……まあ、名前は美咲さんと決めていましたから、咲くと言えば花、ジルダリアタイプ、ですかね」

なるほど。では、あれは、もしかしたらあり得たかもしれない擬似現実の夢、ということになるんでしょうか。
いわゆる、パラレルワールド……。

「……先生、私、先生の神姫で本当によかったです」

「そうですか。私も美咲さんが私の神姫でよかったです」

起こりえたかもしれない現実だったとしても、所詮夢。今この現実が、私の現実です。



しかし夢でよかったです本当に。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー