メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「二輪車制作大手制作神姫について語る。」
そんな見出しで始まる新聞の地方紙面。埼玉市与野を拠点として企業活動しているオーメストラーダが新規産業参入のために設計・制作している神姫について語る記事が掲載されている。
社長曰く
「神姫に二輪ならではのノウハウを生かし、新たな魅力を生み出します。」
と現在制作している神姫についてコメントしていたとのこと。(二輪のノウハウと神姫がどう組み合わさるんだ?)
そう新聞を読みながら朝食のたくあんをコリコリと噛みつつ義弘は仕事前の朝のひとときを過ごしていた。今日は総合病院ではなく診療所での仕事になる。一昔前は学校を出れば専門的な経験がなくても個人での開業できていたが、一部を除いた拠点となる病院では慢性的な人手不足を招く結果となってしまっていた。今では医者をするには、地区の拠点とな病院に必ず籍を置いて主に拠点病院で活動をおこなう。そのうえで科ごとに所属医師をローテーションで地区にある診療所に派遣され、診療所をあけるという形態をとるようになっていた。今日は義弘は診療所での業務である。
(想像がつかん。)そう思っていたが、父義昭曰く2010年ぐらいにはバイクに乗ってトレーディングカードゲームをするアニメがはやっていたらしい。その話を聞いたときは、(何故わざわざバイクに乗ってカードゲーム?)と聞いた頃は考えたが、いつ時代も用はアイデアとものは考えようなのだろう。
(ずずっ)と最後に残ったわかめの味噌汁をすすり、しばし沈黙。
「・・・・・普通だ。」
「おいしくないですか?いつもと作り方は変わらないはずなのに。」
そう部屋の隅にある本棚の方から女性的な声で反応が返ってくる。
ここは一人暮らしの義弘の自室である。神姫達もいないし当然誰もいないはずの部屋で義弘に言葉を返したのは本棚の一番上の棚に鎮座している球体型人工知能太極図だった。

太極図
バレーボー位の大きさで全面に表示の為のパネル兼タッチパネルで構成されている。元は父義明が使っていたもので、今は義弘専用のサポートコンピューターで義弘の仕事の補佐を行っている。無線装置も内蔵しており、演算から会話・記録まで様々なことができるが、小型の神姫と比べると時代遅れの感は否めない。
「なにが違うのかな・・・・。」
そうつぶやくと義弘は残った味噌汁を一気に平らげ、今日の診察の用意を始めた。

同日正午
埼玉市大宮

「さってと。まずはどこから見て回るか。」
「マスターマスター。たま子はおもしろいところがいいですぅ。」
いつも元気な神姫とマスターと共に神姫ショップ「arch」を目の前にした大宮の駅前の空中回廊を歩く。
「マスター。いつみてもarchは大きいですね。」
胸ポケットに入っているアテナは久しぶりのarch前に高揚感とウキウキ感を隠せない。
(今日は庭木の手入れをしようと思っていたんだけどな。)甚平の斜め後ろを歩きながら隆明はそう思っていたが、楽しそうなアテナをみて(自分だけそんなことを思っていても始まらないな。)と気分を切り替えた。
大宮に出かけることになったのも、少し前。
「ピリリリリリッ。ピリリリリリッ」
河野家の電話が着信を知らせる。それは甚平からの電話だった。
「これから大宮に遊びに行こうぜ。」
そういうやいなやすぐに河野家を訪れた甚平。どうやら家のすぐ前からかけてきたようだ。唐突に訪れるのはいつものことなので、河野家一度なれたものだった

充電中だった与一とキュベレーへの書置きを残し、アテナと共に出かける準備を整え、隆明はアテナと共に遊びに出かけていた。
「隆明はどこか行きたいところはあるか?」
「うーーーーん。・・・・・獅子の穴なんかどう?」
やっぱり大宮に来たらあそこかなと隣まで進み出た隆明から行き先を提案する。
「近くにスイカブックスもあるし、コンパスもあるしな。まずそこに行くか。」
まずは行くところが決まり二人で駅前から少し離れた路地へと歩を進める。
デフォルメされたライオンの看板のついてビルに入る。
獅子の穴・スイカブックス
秋葉原に本拠をおく同人関係の物品を多く扱ういわゆるオタクショップである。お互いの店舗とも人気は拮抗しており、あの手この手で全国展開を競っている。神姫に関しても通常の書店や神姫ショップでは置かれない商品を様々なジャンルで取り扱っており、グッズや書籍などを求めて、多くの神姫マスターが出入りをしている。
甚平と一緒に店内の神姫関連の同人誌コーナーを見て回る。神姫との日常をマンガにしたものや、神姫バトルをしているマスターの戦術指南書など様々なジャンルのものがおいてある。
「マスター。すごそうな本がありますよ。」
隆明の肩に座り一緒に眺めていたアテナが並んでいる同人誌に興味を示す。
「なになに・・・F1クラスのマスターソロモン最強神姫理論。作者:ソロモン」
隆明が同人誌を手に取り、サンプルとして包装につけられている内容の一部のを確かめる。
内容はカスタム認可を受けている作者が、強い武装を製作し手に入れていかに使うかと行った内容がひたすら羅列されていた。
数ページ分でもわかる。早くいうと自慢に近い内容であった。
「マスター。バトルって結局武装で決まるんでしょうか?」
「うーーーん。それだけじゃないと思うけど。」
実際にまだバトルをしていない隆明には断定はできない。が、それだけでは戦う前カラス勝敗は決まってしまっていることになる。
「でも、アテナは強い武装なんかなくてもマスターと一緒なら勝てます。」
そうまっすぐ、正直にいうアテナは隆明に満面の笑みを浮かべていた。そんなアテナに隆明の胸はじわりと温かくなった。
その温かさを覚えている。
亡くなった両親の代わりになってくれた義弘の父「義明」のことを。
両親がいないいじめを受けた時に守り、いつも笑顔で見守ってくれていた義弘のことを思い出した。
「うん。ありがとうアテナ。」
照れを隠すため端的にただそれだけを礼として伝える。
肩で満面の笑みを浮かべるアテナがとても印象的だった。

加藤義明
隆明の父が親友と公言する仲で、隆明の両親の死後隆明の後見人を務める。
義弘と同じく医者であった。すでに故人。

そう改めて思い直し、アテナと内容を吟味しつつ「赤城春名作:果てしなく続く神姫ロード」を購入した。


獅子の穴とスイカブックスを後にし、「arch」内の神姫バトルスペースに足を運ぶ。
いくつかの筐体でバトルが行われており、それぞれの筐体をギャラリーが取り囲み、バトルの行方に歓声を挙げている。
その中の一つの人混みに近づき観戦を始める。4人が観戦を始めた頃には既にバトルは佳境には入っており、ハウリン型の神姫の近接攻撃の連打とRA(レールアクション)で勝負が決した。
「マスター。今の攻撃見ましたか?すごいです。」
「今のパンチすごいですぅ!」
アテナは肩という不安定な場所であるにも関わらず立ち上がって意気をあげている。案の定「あわっ!」を足を滑らせて落ちそうになり、とっさに隆明の服に
しがみついて落下を逃れる。
「あっ。アーンヴァルだ。」
すぐとなりのギャラリーがアテナを見つけて声を挙げるや、近くのギャラリーもアテナに注目する。バトル後の興奮さめやらぬ場だったためか、テンションあがったままで隆明達に詰め寄るものまでいる。
そんな雰囲気に危険を察し甚平が機転を利かして隆明達を人混みから引っ張り出す。
「サンキュー。助かったよ。」
「はらほろひれ~。」
肩から上着の胸ポケットに移っているアテナは目を回している。たま子はちゃっかり甚平の上着に移っていた。
アテナの回復を待ち人気の少ない階段で下へとおりる。その途中3階へさしかかったとき、階段室に出てきた仁とはちあわせする。
「店長。お疲れ様です。」
「仁さんこんにちは。」
「久しぶりですぅ。」
「こんにちわです。」
「みんな。いらっしゃい。」
仁は2階の事務所兼休憩室に行く途中。だった様子で、仁は二人を休憩室へ誘う。休憩室でたわいもない話をしているなかで、さっきのバトルスペースでの話になった。
「そっかそっかぁ。それは災難だったねぇ。」
そう言って、おごりといって仁より渡されたヂェリーを飲んでいるアテナとたま子に苦笑しながら視線を向ける。
ヂェリー
神姫の電力などのエネルギーの補助として用いられる。が、電力はクレイドルから補充するため、特に接種する必要はないのだが、ペットロボットや神姫と食卓を囲みたいという要望もあり、各制作会社は様々な様式のジェリーを作成している。人間でいう飲料水として使うもの以外にもハイテンションにしたり、酩酊状態にさせたりといった効果をもたらすジェリーなど様々な効果をもたらすものがある。
「そうなんです。あの時アテナの世界がぐるぐる回っちゃいましたぁ。」
「すごい人だかりだったですぅ~。」
ヂェリーを飲みなあらゆっくりはなす神姫二人。ちなみに紅茶味のするヂェリーである。「ゆっくりと落ち着いた感じで飲みましょう」とかかれている。
「フロントライン製の神姫はF事件以降珍しくなっているし、まぁその反応もある程度しょうがないかなぁ。」
「この前もストラーフMk.2型神姫が即売り切れたんですよね?」
隆明はマスター登録した日の義弘と仁の会話を思い出していた。

F事件
約2年前大宮のはずれにあるフロントライン社の本社と工場が爆発事故により本社ビル・工場共に全壊した事件の事。
「FRONT LINE」の頭文字をとり神姫産業における「F事件」と呼ばれている。
この事件でフロントライン社の創設者にして、神姫の生みの親の一人であるフロントライン社の社長も死亡した。
これにより神姫、ペットロボットを制作するすべての企業に対して、新しい安全基準の決めると共に安全性の再チェックが行われた。
すべての企業で安全審査がクリアするまで、神姫などの設計・製作・修理は原則禁止されることになり、事件から半年。
すべての企業で神姫の取り扱いが事実上ストップしてしまった。
事故のあった当のフロントライン社は本社と素体生産の主軸を担っていた本社工場と、
素体と武装のデータと新しく設計されていた神姫のデータが集積されていた本社施設並びに経営陣・技術陣の喪失・により、
体制の立て直しによる遅れから、安全基準の批准が遅れな結果となった。現在もそのダメージから立ち直れていない。
武装製作工場にあったデータにかろうじて残されていた設計中の新型神姫「アーンヴァルMk.2」「ストラーフMk.2」
を何とか製作しているが、ベストセラー機体「アーンヴァル」と「ストラーフ」の正統後継機というふれこみももあり、
人気が高く供給が需要に全く追いついていない。
その事態に旧アーンヴァルと旧ストラーフ等の以前の素体新品製作をすべて終了(現存する素体についてサポートは継続)し、後継機の生産に当てているが、
それでも追いついていないのが現状である。それでも2体に続く新しい神姫を製作して巻き返しをはかっているという話が噂程度で存在している。

「キュベレーさん大人気ですぅ~。」
「たま子。キュベレーじゃなくて、ストラーフな・・・・?いや、やっぱりキュベレーか?まぁどっちも大人気だな。」
そんな中、隆明を見ている視線があった。
「マスター・・・・・(ジ~~ッ)。」
「アテナ大人気だったじゃないか。すごい人混みで。」
「そうですか?」
あの時は目が回ったのしか覚えていません。アテナの間はそんなことを言いたげだった。
隆明の言葉にもアテナは釈然としない様子であった。
「それにこれから、バトルでアテナのかっこいいところをみんなに見てもらうんだから。」
「マスターはどうですか?」
さっきと同じようにじっと見つめるアテナ。
「もちろん僕もだよ。それにアテナも与一もキュベレーもみんなかっこよくてかわいいんだから。それをみんなに見てもらうんだ。」
「(ジーン。)マスター。アテナ頑張っちゃいます。」
かっこいいと言われてアテナは感動を隠せず、両手を胸の所で握りしめ喜びを全身で表している。
「いいや、一番はたま子だ。」
背中に津波の映像を背負うがごとく出で立ちで堂々と甚平が宣言する。
「一番?」
言った当の本人は気づいていないよだった。
「隆明さんはにぶいですぅ。」
「ははははっ。それでこそ神姫のマスターだ。」
仁はそんなほほえましい様子を一歩下がってみていた。
「そうだ。ストラーフと言えば、最近強いストラーフ型使いの子がきているそうだよ。」
「隆明。おまえいつの間ににキュベレーとやりこんだんだ!?」
「マスタ~。店長さんが知らない人がマスターなんですから、キュベレーさんじゃないですぅ~。」
「そういえばそうだ。さすがたま子は頭がいいなぁ。あっはっはっは。」
甚平とたま子のいつものぼけとつっこみを毎度のことで皆がそろってスルーする。
「ゲームセンターフロアで、最近連勝らしい。バトルをすれば、そのうちバトルするかもしれないよ。」
店長として全体を管理している仁の情報網は疑いようがない。
「マスター。最近って事は、神姫バトルを始めたのも私たちとそんなに変わらないかもしれないですね。」
隆明はうなづくだけで返事を返す。
(どんなマスターなんだろう。)そう思いながら隆明はこれから始まる神姫バトルの世界に静かに緊張していた。
「これからバトルを始める二人には、こんな大会があるんだけど、どうかな?」
そういってデスクに積まれていたはりだし前のPOPを4人に見せる。そこには
「新年度新マスター杯。主催:ケモティック社」
「ケモティック社が新学期間近という事でまだランクを持っていないマスターを対象に大会を開くんだ。場所はここの最上階。優勝商品はなんとハウリン型神姫の素体。」
「素体を!?そりゃすごい。」
「太っ腹ですぅ~。」
「ケモティック社の社長さんは破産しないんでしょうか・・・・」
確かに。店頭で通常販売されている素体は1万ポイント。それを1体と実質1万ポイント分である。Fクラスの大会でも通常賞金は数百から数千ポイントと商品数点である事を考えると、まだFバトルクラスで順位を持っていない初心者達にとっては破格の商品である。
「まぁ、商品だけ聞いていれば確かにすごいんだけどね。ここを見てみて。」
仁が参加資格と試合形式を示す。
「神姫2体登録勝ち抜きバトルか・・・。」
「マスタ~。どんなバトルなんですか?」
「たま子よっくきてろよ。2体登録制の勝ち抜きバトルってゆうのはな。バトル前に2体の神姫をあらかじめ選んで、まずお互い一体ずつバトルを行う。1体の神姫が戦闘不能になったら、もう1体の神姫をバトルさせる方式で、先に2体戦闘不能になったら負けってやりかたのバトルだ。」
「さすがマスタ~。物知りですぅ~。」
「そうだろう。そうだろう。」
たま子にほめられて、甚平は得意げだ。甚平は子供の頃から変に物知りで、氏名がにていたこともあり、某ゲームの登場キャラクターにちなんで「オーキド博士」と呼ばれていたことがある。
「始めたばかりのマスターが複数の神姫を持っている事は珍しい。何しろなれるまで時間がかかるからね。そういう意味でこの大会は敷居が高いんだ。」
どうかな?と仁は隆明に勧める。
「でもマスターならアテナ達がいるから大丈夫です。絶対に優勝しましょう。」
「うん。アテナ頑張ろうな。」
「はい。」
まず目の前の目標が決まった。目前の大会での優勝にアテナの激励を受けて、隆明は(頑張ろう)と決意をあらたにしていた。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー