メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少しづつ暖かい風が吹き始め、街路樹も少しづつ別の色を枝先に宿し始めている。
「次はあかばね~。次はあかばね~。・・・・・・next station is akabane」
次の到着駅を伝えるアナウンスが車内に流れる。電車はあと20分そこそこで目的地に到着する。
外は見る限り無機質なビル群ばかり。そんな電車で一人の青年が座り目的地への到着を待っている。
テレビ番組の気象情報では気象予報士が花粉飛散情報をバックに「今年の花粉の飛散量は平年並みと予想されます。」と
が毎年恒例の花粉情報を流している。そんな春先にはよくあるような光景。

(河野家にて)

「あわわわわわ・・・・早くしないと早くしないと。」
あわてた様子でアーンヴァルmk.2型神姫アテナがテーブル上でそれぞれの場所にフォークを運んでいる。
「少しは落ち着きなさいアテナ。メールと手紙にも書いてあったでしょう。電車の到着まではまた余裕はあるのよ。」
「そのとおりだ。あんまりあわててまた取り返しのつかない失敗するようでは、マスターが用意したせっかくの料理を台無しにすることになるぞ。」
フォークを運んでいたフブキ型の神姫与一とスプーンを運んでいたストラーフmk.2型神姫キュベレーがそろってアテナと呼ばれた神姫をさとす。
アテナは依然同じような状況でつまづき顔面直撃を避けようと目の前に出てきた皿を体重をかけて両手で押してしまい、てこの原理で皿の中身をまいてしまったことがあるのだ。
すると、さっきまで駆け回っていたアテナはとたんに蝋燭のようにびたっと止まり、ネジのきれそうな人形のようにぎこちなく動き出す。
「まったくアテナは全然成長していない。このぐらいのこともいまだに満足にできないようでは、義弘様はなんというか。」
「キュベレーも、いちいちアテナに突っかかるのはやめなさい。」
「与一姉(ねぇ)。私はアテナと違い受け持ちは終わっている。」
「終わったのなら、私と一緒にアテナを手伝うのよ。」
皮肉ばかりのキュベレーを与一は引きずるように連れて行く。
キュベレーのアテナいじりは今に始まったことではないが、マスターが変わってからというもの、そのやり方が少しきつくなってきているような気がする。
誇り高きストラーフ型ゆえのことなのか。今はアテナは自分のことに集中しているからいいが、いつもはけんかに発展している。今の与一の悩みの種だった。

配置がようやく終わって、しばらくあと、台所からサンドイッチ満載の大皿を両手にもった青年河野隆明がエプロン姿で現れる。
「3人ともお疲れ様。」
最初は全部自分で用意するつもりでいたが、「できることだけでも。」と3人に半ば拝み倒されるような形で、卓上のセッティングを手伝ってもらったのだ。
「いいえ、これ位のこと。ほとんどのことをマスターにやっていただいて。」
「はい。アテナ頑張りました。」
「あたし達のかかればこれぐらい簡単なことだ。」
「うん。ありがとう。」
三者三様の返事に隆明も笑顔とともに礼をで返す。
「時間的にそろそろだと思うんだけど。」
壁掛けの時計を見ながら隆明は時間を確認する。今日の主賓は時間に正確に行動する人物であることを隆明は子どものころから知っている。

「ピンポーン」
はかったかのようにインターホンが鳴り、住居内に来客があったことを伝える。
「噂をすればだ。はーい。」
一人と三体が玄関を開けたその先には。
「わりぃ。遅くなっちまった。」
「ごめんですぅ~。」
ガクッと全員が崩れる。そこにいたのはマオチャオ型の神姫たま子を肩に乗せた大柄な青年。大木戸甚平だった。
「なんだ甚平かぁ」
「何だとは何だ。準備には確かに遅れはしたが、折角主賓と来たというのに。」
「そうですぅ。そこでばったりあっちゃったんです~。」

そう言って。半分に明けれれ多ドアを全開にしたそこに立っていたのは。
「ただいま。隆明。少し背が伸びたかな。」
「そして与一、アテナ、キュベレー、久しぶりだ。その様子だとみんな元気そうでよかった。」
スーツ姿に身を包んだ青年。加藤義弘がたっていた。
少し恥ずかしそうに隆明は鼻をかきながら
「そうかな。とにかくお帰りなさい。」
「義弘様こそお元気な様子で何よりです。」
「おかえりなさい。義弘様♪」
「久方ぶりです。義弘様。」
3人の神姫たちは長く不在だったのがウソのようにそれぞれの笑みで出迎える。

春先のある日加藤義弘は半年ぶりに帰還した。これによりいくつかの神姫たちの物語が始まる。

製作後記
まずは別れていた元のマスターが戻ってくるところを描きました。これから日常的なことや、その中でその他の設定について
少しづつ描写と公開していこうと思います。

つたない文章でありますし、このような駄文を読んでいただいた方心から感謝です。
主要なキャラ以外の登場人物・神姫に関しまして、「BATTLE MASTERS」の神姫やキャラを出していきます。ほとんどが一回きりのキャラの予定なのですが、
複数回登場(準レギュラー)予定のキャラなどは後々登場人物・神姫の項目を作成し掲載していく予定です。
前から更新遅いのが悩みの種です。精一杯努力しますが、温かく見守っていただけると幸いです。

最後に今年の風はひどいですよ。これを掲載する前日まで完全ダウンしていました。今も抜けきらず、ひどい頭痛に悩まされています。
皆さんも身体に十分気を付けてください。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー