メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3部   「竜の嘶き」



「ドラゴン-2」










からっと晴れた秋空でパッパッと空中で閃光が瞬きそして消えていく・・・


2041年10月22日  

天王寺公園神姫センター 第3フィールド森林ステージ


チーム名「ドラケン戦闘爆撃隊」

□ 戦闘爆撃機型MMS「シャル」 Sクラス
□ 戦闘爆撃機型MMS「ライラ」  Aクラス
□ 戦闘爆撃機型MMS「セシル」  Aクラス
オーナー名「伊藤 和正」♂ 27歳  職業 工場設備関係メーカー営業員

VS

チーム名「タイフーン・エンジェルズ」

□天使型MMS「リアノ」 Sクラス
□天使型MMS「エステル」Aクラス
オーナー名 「倉田 律子」♀ 17歳 職業 女子高校生
□天使型MMS「コレット」Aクラス
□天使型MMS「アニス」Aクラス
オーナー名 「新名 夕菜」♀ 17歳 職業 女子高校生


ウオオオオオオン!!

スラスターを吹かしながら直上から4機のアーンヴァール・テンペスタが襲いかかる。

ライラ「テンペスタだ!!直上から4機ッ!!」

ドガッガッガガッ!!


アルヴォ機関銃を発砲するテンペスタ、弾道がドラッケンに吸い込まれるように命中しビシバシと当たる。

セシル「うわーうわああああああああ!!」


エステル「くそっ!なんて装甲だ!あれだけ当てても落ちないのかい!」
アニス「硬えェーーー!!クソがッ!!」

倉田「装甲の薄いエンジン部分か、頭を狙え」

ライラ「シャル!!後ろにつかれました!」

シャル「だめだ!!俺にもついてきた!!」



ここ、天王寺公園神姫センターでは最近、テンペスタ使いの女子高校生たちが頻繁に出入りして第3フィールド森林ステージにあるA飛行場を掌握しようと連日激しい航空戦闘が繰り広げられていた。

しかも女子高校生たちは、たちの悪いことに機動性の高いテンペスタで、鈍重な戦闘爆撃機型神姫や重武装の神姫ばかりを執拗に狙いスコアを荒稼ぎする行動を繰り返していた。

テンペスタに怯えて、対地攻撃に優れた伊藤の神姫たちやほかの航空神姫たちが出撃しなければ、飛行場から少し離れた前線にいる騎士型や砲台型はアイゼンイーグルを持った悪魔型や戦車型の神姫に撃滅されてしまう。

ぐるぐると同じようなイタチごっこに近い状態がかれこれ数週間以上続いていた。
そこで、伊藤は同じドラッケン戦闘爆撃機型MMSを使う近隣のオーナー数人に声をかけて一気に形勢を挽回しようと考えていたが・・・

悲しいことに、この伊藤という男はアホだった とても残念なくらいに。




シャル「・・・・・あの・・・マスター・・・」

伊藤がのんびりと経済新聞を広げてくつろいでいる。

伊藤「んーどうしたシャル?」

シャル「今日、増援のドラッケンが8機くるんですよね・・・」

伊藤「ああ、そうだ。今日の2時にこのA飛行場に来るように神姫センターの公共掲示板に書いておいたけど?」

シャル「・・・」

伊藤「・・・・・・」

注意 神姫センターの公共掲示板は誰でも手軽に見れます。

ライラやセシルは冷たい眼で伊藤を見る。

シャル「さっき、例のテンペスタが出没する上空付近で通信が途絶えたんですけど・・・」

伊藤「あー・・・うううん・・・」



ボスボスブスン・・・


ヨタヨタと1機のネービーブルーのドラッケン戦闘爆撃機型が飛行場に姿を現す。

シャル「まさか、あれじゃないでしょうね?」

どよどよと周りの航空MMSたちにも動揺が走る。

エーベル「・・・また1機か・・・」
エーベルは肩をすくめて苦々しい顔をする。



ガッシャーーン


滑走路に不時着するドラッケン。

□戦闘爆撃機型MMS「リイン」  Aクラス
オーナー名「伊上 直人」♂ 26歳  職業 総合卸商社営業員

リイン「クソッタレ!アーンヴェルだ!!!待ち伏せされていた!頭から振って来やがった!」

リインは大声で周りの神姫たちに興奮して叫ぶ。周りの神姫たちは、怯えたように上空を警戒する。シャルはすっとリインに近寄る。

リイン「全滅だ!みんな殺られちまった!!8機いて生き残ったのは俺だけだ!!」

悲鳴のように喚き、恐怖で引きつった顔のリインの顔面をシャルが握りこぶしを固く握って殴る。

バキィ!!

リイン「グッァ!」

どしゃあと地面に倒れるリイン。

シャル「落ち着け小娘、落ち着いて報告しろ・・・」


呆然とするリインにエーベルがすっとお茶を差し出す。

エーベル「まあ、とりあえずこれでも飲めよ」

リインはしばらくあっけに取られていたが、エーベルから差し出されたお茶を飲むとふうと息を大きく吐いて落ち着く。

シャル「さっきは殴ってすまなかったな、あまり騒ぐとこの飛行場にいるほかの神姫たちに動揺が広がるからな・・・」

リイン「いえ、こちらこそ・・・取り乱してすみませんでした・・」

生真面目な顔をしたリインは軽くシャルたちに挨拶する。

リイン「この第3フィールド森林ステージのA飛行場への応援に来ました、リインです」
シャル「俺はシャルだ。まあ、仲良くやろうや・・・それで状況は?」

リインは近くのホワイトボードに駆け寄りさきほどの空中戦の状況を説明する。

リイン「テンペスタが・・・たぶん6機、最初の一撃でこちらは3、4機殺られたと思います。後は逃げるだけで精一杯でした」

シャルはホワイドボードにかかれた状況を見て顎に手を添えてうぼずく。

シャル「割とよく見えているな」

リイン「は?」

シャル「そう言う時はもっと敵の数を多く言うもんだがな」

横目でちらりとシャルが伊藤を睨む。

シャル「マスター・・・」

伊藤「いやあ・・・災難だったね、来て早々あれなんだけど、とりあえず、うちのシャルたちと一緒に戦ってほしいんだ。君のマスターにはメールで伝えとくよ」

リイン「わかりました」

伊藤「シャル、A飛行場を案内してやれ」

シャルは同じ仲間のライラとセシルを軽く紹介すると、飛行場を案内する。

シャル「今日の出撃はもうないだろう、ゆっくりしていっていいぞ、四波目のテンペスタ共はリインたちとカチ合ってしまったからな」

リイン「四波目?」

シャル「そうだ、ここは大阪市内でも京橋、日本橋に負けん激戦地区だからな」


2041年10月23日  



待機所で数十機の航空MMSが集まってホワイトボードの前に集まって今日のバトルロンドの戦いについて作戦会議を行なっている。

シャル「本日の出撃は、地上攻撃ではない、テンペスタが相手だ。同じ赤チーム内の戦乙女型のチームと協同で敵攻撃隊を迎撃する」

シャルはホワイトボードを指差す。

シャル「敵のB飛行場東方上空まで行き、反転、飛行場上空にで敵機を迎撃する」


ヒュイイイイインン・・・


甲高いエンジン音が一斉に唸りだし、A飛行場から次々に武装神姫が飛び立っていく。

チーム名「ドラケン戦闘爆撃隊」

□戦闘爆撃機型MMS「シャル」 Sクラス
□戦闘爆撃機型MMS「ライラ」  Aクラス
□戦闘爆撃機型MMS「セシル」  Aクラス
オーナー名「伊藤 和正」♂ 27歳  職業 工場設備関係メーカー営業員
□戦闘爆撃機型MMS「リイン」  Aクラス
オーナー名「伊上 直人」♂ 26歳  職業 総合卸商社営業員

チーム名「セイント・ワルキューレ隊」

□戦乙女型MMS「ティファ」 Sクラス
□戦乙女型MMS「エアリス」 Aクラス
オーナー名「小川 紗枝」♀ 23歳 職業 アパレルメーカー事務員
□戦乙女型MMS「セリス」 Aクラス
□戦乙女型MMS「リュック」 Aクラス
オーナー名「清水 和子」♀ 23歳 職業 アパレルメーカー事務員


低空をドラッケン隊が上空をアルト・レーネ隊が分担して警戒を行いながら飛行をする。

シャル「こっちは重武装、重装甲だからあんまり高く昇れない、十分に上空を警戒しろ!」

ライラがぼやく。

ライラ「戦乙女型の連中はいいよな、高い所飛べてよ」

セシル「ライラ、黙れ!こっちは重いんだからしょうがないだろ、それともおまえ一人で行くか?武器捨ててよ!」

セシル「くっくく」

セシルがにやにやと笑う。

リインも2人のやり取りを聞いてほくそ笑む。

セシル「シャル!もうすぐ基地上空ですよ!」

敵のB飛行場の上空につくと滑走路はがらんとしていた。

シャル「テンペスタがいないぜ、こいつはヤバイぞ!!」

そのとき、雲の切れ目から数十機のテンペスタが急降下しながら襲いかかってきた。


チーム名「タイフーン・エンジェルズ」

□天使型MMS「リアノ」 Sクラス
□天使型MMS「エステル」Aクラス
オーナー名 「倉田 律子」♀ 17歳 職業 女子高校生
□天使型MMS「コレット」Aクラス
□天使型MMS「アニス」Aクラス
オーナー名 「新名 夕菜」♀ 17歳 職業 女子高校生
□天使型MMS「リグレット」 Sクラス
□天使型MMS「レイア」Aクラス
オーナー名 「勝野 美奈」♀ 17歳 職業 女子高校生
□天使型MMS「ティア」Aクラス
□天使型MMS「ファラ」Aクラス
オーナー名 「浜本 憐」♀ 17歳 職業 女子高校生
□天使型MMS「シェリア」 Sクラス
□天使型MMS「ミント」Aクラス
オーナー名 「堤 沙耶」♀ 17歳 職業 女子高校生
□天使型MMS「ジュディス」Aクラス
□天使型MMS「プレセア」Aクラス
オーナー名 「三浦 藍」♀ 17歳 職業 女子高校生


リイン「セシル!左後方!テンペスタ!テンペスタ!!」

セシルが叫ぶ。

セシル「全機離脱!引き離せ!!下だ!下!!」

セシルたち、ドラッケン部隊は急降下で逃げ切ろうとするが、テンペスタは行動を読んでいたのか、機関銃を構え逃げ惑うセシルたちを追い回す。

ドドドドドドッ!!!


□戦闘爆撃機型MMS「セシル」  Aクラス  撃破

低空で数十機のテンペスタに蹴散らされているセシルたちを見た味方の戦乙女型はあわてて上空から援護攻撃を仕掛ける。

エアリス「ドラッケンの連中がやられているぞ!!」
ティファ「全機、攻撃攻撃ッ!!!」


敵味方入り乱れての激しい空中戦闘が発生し、飛行機雲を引いて激戦が行なわれる。

機銃弾が飛び交い、レーザーがミサイルを撃ち落とし、レーザーソードの唸り声、バラバラになって燃え落ちる神姫、からっと晴れた空で硝煙の匂いがこびりつく・・・・



数十分後・・・


ヨタヨタとガタついた機体を引き摺ってシャルがA飛行場に到着する。

シャル「やれやれ・・・」

なんとか命からがら、生きて戻ったが被害は甚大だった。そばを見るとお茶を持ったリインが出迎える。
シャル「リイン、先に帰っていたのか」
リイン「セシル!やっぱり大丈夫だったんですね」
シャル「まったくひどい有様だよ、お茶くれないかリイン」

リインはお茶を差し出す。

リイン「どうぞ、いやあ・・・肝を冷やしましたよ、セシルはやられましたけど、ライラはどうしました?」

シャル「被弾して逃げようと必死でもがいていたが、黒煙が尻尾を引いていたな・・・ありゃダメだ」

リイン「そうですか・・・」

4機いたうち、生き残ったのは2機のみ、飛行場の別のハンガーをみると戦乙女型がそしらむ顔でお茶を飲んでいる。
そのかたわらで伊藤と戦乙女のオーナーがにこやかに話している。

リイン「セイントの戦乙女の連中は9機テンペスタを落としたと言っていましたよ」

シャル「ふうん・・・」

リイン「・・・・・・まあ、つまり私たちは体のいいオトリだったと言うわけですよ」

目を細めて秋空を見上げるリイン。

シャルは何も言わずに地面に転がっている小石を掴むと、小川に向かってスナップをかけて投げ入れる。

パシャパシャパシャと小石は何回か水面を跳ねて川の中に静かに沈む。






To be continued・・・・・・・・


添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー