メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すこし戻ってティータイム



結局俺は帰り道でのフィーアからの強い勧めもあって、
神姫バトルに戻ることを決めた……まぁ理由はそれだけではないが
ただし、やるのはバーチャルバトルに限って、である
まぁそもそもリアルバトルの出来る筐体を置いてる場所なんざ近所には無いのだが

「そういえば、ライドには二種類あるみたいですよ、マスター」

初ライドの後、ゲーセンから帰ってきて部屋でくつろいでる時のことである
自分のクレイドルの掃除を終えたフィーアが話しかけてきた

「二種類?ライドの仕方で?」
「はい。マスターが私の身体を動かして私がサポートするモードと、
今までのバトル通り、私が戦ってマスターが指示を出すモードです」
「前者の方は……今日やったライドだよな」
「そうです」

フィーアは机の上を歩きながら話を続ける

「おそらくもう一方のライドは、今日やったライドと立場が逆になるんでしょうね。
私はいつも通りで、マスターがあの空間…というか場所に立つことになると思います」

俺は湯気を噴き出して甲高い音を立て始めたやかんを火からおろし、紅茶を淹れる

「その場合マスターの役割は、
レーダーや各種カメラの映像を見ながらその場その場に合わせた的確な指示を出す、
といった従来のスタンスとあまり変わりません」

フィーアは食器棚に飛び乗り、マグカップを一つ取り出してきた

「どうしますかマスター。
今日やってみてわかった通り、私の身体でバトルするにはかなりの『慣れ』が必要です。
多分もう一方のライドであれば、すぐに全盛期クラスで戦えると思いますけど」

俺はフィーアが用意してくれたマグカップにお湯を注ぎながら答える

「………俺としてはお前を戦わせるってスタンスは選択できない」

カップが温まったところでお湯を捨て、いい感じになった紅茶を注ぎながら続けた

「それに、ああいった仮想空間で動けるのを体感しちまうとな、
後ろで見てるだけってのは辛いものがあると思うわけだ」

あの銃を撃った感覚や、空を飛べた感覚
もっと自由に空を飛べたら、もっと派手に動けたら
画面の向こうだった神姫たちの様に戦えたら
そう思うと興奮は抑えきれないものになる

「ですよね。マスター、すっごく楽しそうでしたから」

注いだ紅茶の香りを嗅いだフィーアは、こちらを見上げてふわっと、笑った

「私、嬉しいんですよ、マスター。
マスターがあんなに楽しそうにしてるんですから」

神姫をただの人形と、ただの玩具と、ただのロボットと
この笑顔を見てそう言える人が果たしてこの世にいるだろうか

持ってきていた牛乳を注ぎ、ミルクティーにして一口
紅茶の香りと、牛乳の甘みがふんわりと口に広がる

「茶菓子はいらんな、こりゃ」
「…どうしてですか?」

とりあえずは、相棒の笑顔だけで十分だ…というのは、
流石に気恥ずかしいので口にはしなかったが







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー