メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲームの中へ



(マスター、聞こえてますかマスター?)
「………はっ」

意識が覚醒した俺の目に映ったのは、かつて神姫バトルのモニターで見た光景
木々の合間を川が流れ、上流には滝が見えるバトルフィールド、『渓流』であった

「俺はいったい…」

そう呟いて目の前に持ってきた手に、違和感
俺の手はこんなに華奢で綺麗な細い指がついてただろうか、否

「もしかして…」

俺は後頭部に手を伸ばす
さらりと長い髪が手に当たり、目の前に持ってきた髪は綺麗なブロンドである
ついでに先ほどから発する声もおかしい
まるでこれはフィーアの声―――

(成功したみたいですね、マスター!)

フィーアのはしゃぐ声が、どこからか響く
ついでに、姿も見えないのにフィーアがはしゃいでる様子がイメージとして頭に入ってきた
まるで現実感のない目の前の光景や自分の状況は、髪の手触りといい肌を撫でる風といい妙な現実感を持っている

「これは、俺がフィーアの身体に?」
(はい。正確には電脳空間に作られた仮想の素体に、ですけど。
あ、それと私との会話は、頭の中で言葉を思い浮かべるだけで問題ないみたいです)
(………こうか?)
(そんな感じです)

俺は改めて自らの身体――フィーアの身体を動かしてみる
歩く、走る、止まる、その場で跳ぶ、走って跳んでみる
奇妙な感覚だった
自分とはまったく違う身体であり、足の長さから頭の大きさのバランスまで何一つ重なるものはない
走る早さもジャンプで跳べる距離も感覚も全然違う
それなのに慣れ親しんだ何かを動かしている感覚
そして何より、身体中に温かい『何か』を感じる
不思議と落ち着くような、誰かの腕に抱かれてるような温かさ

(この温かさ…フィーアなのか?)
(はい。私もマスターを感じます…)

それは誰よりも、何よりも、物理的な距離で測ることすら出来そうにないほど近い場所
そこに、フィーアがいるのを感じていた

(すごいですね…これが、神姫ライドシステム…。
マスターのこと、今までで一番近くに感じます…)
(…………あぁ)

気の抜けた返事しか出来ない俺
だがこの一体感は、それだけ筆舌に尽くしがたいものだった
しばし間が空き、俺はフィーアに話しかける

(なぁ、俺がこの身体を動かしてる間、フィーアはどこに?)
(えっーと、マスターの中…というか、外というか…うまく言えない感じです)
(どっちなのかはっきりしないんだな)
(すいませんマスター…)
(そうしょげるな。俺だって、この感覚は他人に説明できる自信は無い)

そう頭の中で会話しながらも、俺は周りの風景を観察しながら歩いていた
見慣れたはずの渓流や滝も、神姫の目線で見ればまた違った光景に見える

(マスター、そろそろ飛んでみませんか?)
(飛ぶ?)
(はい、そろそろその身体にも慣れたでしょうから)

もしかして、いつもの武装セットで空を飛ぶということだろうか

(幸い、武装セットは登録したままですし、換装などの操作は今まで通り私の意思で出来るようになっています)
(ってことはあれか、身体は俺が動かして、それ以外の部分はフィーアが動かす形なのか)
(どうやら火器管制やバーニア等の制御が私の役割で、実際に戦うのはマスター、
という位置づけのようです。試しに、武器を一つ展開しますね)

そうフィーアが言うやいなや、俺の手元が光ったかと思うと、
まばたきをする程度の時間で武器が現れた
『アルヴォPDW11』、アーンヴァル型の標準装備であるハンドガンだ
持った感じ、間違いなくエアガンよりは重いが、手に負担がくるほどの重さでもない

(試しに撃ってみて下さい)
(あ、あぁ)

俺はアルヴォPDW11を川に向かって構え、引き金を引いた
どこか軽い音と共に画面の中で見慣れた光弾が発射され、川から突き出てる岩に当たって飛び散った

(これがアルヴォか…)
(問題ないみたいですね)

バーチャルバトルでは画面の向こうであり、リアルバトルでも自らが感じることはできない
それが今、実感を持って目の前にあった

(あ、それでマスター、今から武装セット、丸々全部展開しますからとりあえず飛んでみましょう)
(いや待て、俺は飛び方分からんのだが)

当然である。ハンググライダー程度なら経験はあるが、神姫の武装で飛ぶのとはわけが違う

(各種スラスターやバーニアの制御は私がします。マスターは、最初のジャンプだけお願いします)
(…それだけでいいのか?)
(はい。後はこっちでグライディング状態を保ちますので)
(じゃあやってくれ)
(はい。武装、展開します)

身体全体が先ほどアルヴォPDW11を展開した時と同じ光に包まれた
まばゆさに目が眩むのも一瞬。俺の身体には、アーンヴァル型の純正装備が展開されていた
見慣れたはずのその武装も、こうして身に纏うと全然違うものに見える

(多少重さはありますが、問題ないですかマスター?)
(あぁ、確かに重いが普通に動けるな)

ヘッドセンサー、ガントレット、チェストガード、レッグパーツ、リアパーツ
それぞれある程度の重量はあるが、それほど重くは無い
昔高校でやった剣道の防具を付けているような重さ、といえばしっくりくるだろうか
リアパーツにいたっては少し重いリュックを背負っているような感じだ

(マスター、準備はいいですか?)
(あぁ…跳べばいいんだな?)
(はい)

しげしげと武装を観察していた俺は、フィーアの言葉に答え、足の力を少し抜いた
そのまま膝を少し曲げ、抜いていた力を一気に真上に向かって解き放つ
瞬間、背中の『RU・シンペタラス』とレッグパーツ『LGパピオン』がバーニアを開放し、
俺の身体はジャンプの勢いを殺さぬまま空へと浮かび上がった

(うわわっ―――)

まるで椅子に座ったまま浮かび上がるような感覚
いや、浮かび上がるとかいう生易しい速度じゃない
そのスピードはジェットコースターもかくやといわんばかりであった
ある程度の高さになると上昇速度がゆるくなり、やがて上昇は止まった

(浮いてるよおい…俺浮いてるよマジで)

目の前に広がるのは渓流の全景
俺は確かに地上から何メートルも上、空を飛んでいた

(ちょっとスラスターで前後左右に動きますからね)

フィーアの宣言通り、スラスターが起動し、俺の身体はそのまま前後左右、
はては上下にも動き、最後にゆっくりと水平に一回転した

(どうですか、マスター…♪)
(なんというか…すごいな、これ)

フィーアは、俺がいちいち驚いてるのを見て何故か上機嫌だ

(じゃあマスター、このままバーニアを切りますので、着地してみてください)
(おいちょっと待て、いきなりそれはレベル高いと思うんだが)
(マスター、遊園地の絶叫系アトラクション平気な口ですよね)

全然平気じゃありません
サークルの仲間といった時も強がりから率先して乗るけど内心ガクブルでした
お前だって分かってるだろうに

(レッグパーツが着地時の衝撃は吸収しますから大丈夫ですよ)

そういうとフィーアはカウントもなしにバーニアを切った
途端、俺の身体を上向きに支えておいた力が消え、重力に引かれるままに身体は落ち始める

(ええい、ままよ!)

下手にじたばたしては着地し損ねる
俺は眼下に迫る地面を見据え、体制を崩さぬように心がける

『ガシャン…』

数瞬後、LGパピオンが地を踏み、俺の身体は地表へと帰還していた
怖っ。やっぱり落下怖っ

(慣れれば大丈夫ですよマスター。それに普通なら飛びっぱなしですから)

確かにアーンヴァル型の基本戦法は、遠距離高高度の巡航状態からの射撃戦だ
普通なら『落ちる』なんてことはない

(そうだな…落ちないのが普通だな)

少し疲れた。精神的に
落ちるってのはやっぱり苦手だ

(それじゃあ次はもっと本格的に飛んでみましょうか。さっきのは浮いてるだけみたいなものでしたし)
(少々精神的に疲れたんだが…)
(でも、もっといろんなことしてみたいですよね、マスターも)
(……………)

まぁ否定はできないのが正直な気持ちである
俺はため息交じりにこう答えた

(それじゃあご指導よろしくお願いしますよ、フィーア教官)
(はいマスター!)

その後も俺は暫くフィーアと共に神姫の世界を堪能したのであった






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー