メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ


さて『神姫ライドシステム』が開発されたことにより、
以前から行われていた神姫バトルは更なる発展を遂げたのは言うまでも無い。


この神姫バトルを区別するにあたって2つの種類が挙げられる。

神姫の精神を電子の海に送り出して戦う『バーチャルバトル』
神姫が自らの身体を張って戦う『リアルバトル』

これらのバトルにおいては神姫が兵士、
そのマスターは指揮官(オペレーター)としての役割を果たしていた。
が、これに『神姫ライドシステム』が加わることにより、
マスターが自ら戦い、神姫はそのフォローをするという逆の構図が可能になったのである。
さらに従来のマスターが指揮官であるというスタンスであっても、
思考の直接的なリンクにより、より明確に高速に指示を出すことが可能となった。
これらのバトルにおいての神姫へのライドはそれぞれ、
『バーチャルライド』、『リアルライド』と区別されている


『神姫ライドシステム』の開発された現在において、
後者のリアルバトルのプレイヤーは非常に少ない。
民間に広く普及しているのはバーチャルバトルの方である。
理由は主に二つ。

一つは、バトルスペースの確保の問題。
いくら神姫の体長が15cmと小さくとも、
その機動力や銃火器を使う関係上、約10m×10mのスペースが求められる。
ゲームセンターなどに設置するにはあまりにも大きすぎるうえにコストも大きい。
その点、バーチャルバトルの筐体はかなり小さく、
これまでゲームセンターに置いてあったゲームと差して変わらない大きさなのだ。

二つ目は、多様性と敷居の低さ。
電脳空間でのバトルは、リアルバトルでは不可能だった武装換装などが可能となり、
リアルバトルより圧倒的に自由度が高い。
また、企業側も神姫ネットへの登録者に簡易な武装セットを無償で貸与したり、
バーチャルバトル限定の装備を提供したり、
後述のRA(RailAction)と呼ばれるプログラムを配信してバーチャルバトルの促進を図った。
また企業の参入により、神姫バトルには一定のルールが作られ、
リアルバトルにおいて神姫をロストする確立は格段に下がり、
ほぼ0%と言っても過言ではなくなった。
しかし戦闘により武装が壊れれば出費はかさむし、神姫は多少なりとも傷つく、
と神姫を大切にするマスターにとっては手を出しづらいものであった。
このため、リアルバトルへの新規の参入者はあまり増えず、
リアルバトルからバーチャルバトルへ流れていったマスター達も少なくないのである。

204X年現在、各地で神姫バトルは「バーチャル空間で非現実を神姫と共に体感できるゲーム」として広まっている。
また上記の理由により、プレイヤーの人口ではバーチャルバトルに劣るリアルバトルではあるが、
依然としてその人気は衰えず、今日もリアルな戦場を求める神姫とマスターが激しいバトルを繰り広げている。

―――著書、『神姫バトルの今』より抜粋




「マスター、珍しいですね。ライトノベル以外の本を読んでるなんて。なんなんですか?それ」
「ちょいとばかし予習を、な………そろそろいくか」

俺は傍らのデスクの上からの声に答え、持っていた本を適当な場所に置いた
椅子にかけてあった上着を身につけ、相棒を机の上から胸ポケットに招き入れる

「今日もいいバトルにしたいですね」
「あぁ、そうするつもりだ」

玄関を開け、俺たちは少し肌寒く感じる秋空の下へと繰り出した
向かうは近所のゲームセンター
そう…胸ポケットに収まった『彼女』と共に戦う場所へ






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー