メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

樫坂家の事情! 始幕~過ぎたる夏、来る平凡で新鮮な日々~







久しぶりの学校、久しぶりに見たクラスメートと一部夏休みも見た奴ら。
とりあえず最初にした事は………寝た。

「今日も一日疲れた、あーねみぃ」
「始業式だけだったのによく言えたなそれ。しかも寝てたじゃんか」
「だって校長の話長いし、教頭の話長いし」
「まぁな」

どこも一緒だよなー、偉い人の話なんて………久しぶりの学校の教室で話す事でも無いかもしれないが。

「しっかし、お前なんか変ったよなー。雰囲気とか」
「やっぱアレか?あの子達なんだろ?」
「お前まであっち側に行くとはなぁ、変な奴だとは思ってたけどさ」

そして周りであれこれ騒いでるクラスメート。という名の馬鹿達。
というかこいつら何したか覚えてんだろうか?

「お前らちょっと黙れ。というか6人目はお前らの責任だからな!?」
「すまん、それがまったく記憶に無い」
「同じく。お前が来た時までは覚えてるんだけどなー」
「…………………いやでも詩月から聞いたけどなんだかんだ言ってて楽しんでるんだからいいだろ」
「おいこら今の間は何だ?絶対記憶あるだろお前」
「さて帰るか。宿題終わってないし」
「あ、やべ、俺も科学終わってねーんだ」
「いやぁ、まぁ頑張って、な?」
「あ、お前ら逃げんな!………あいつら後で覚えてろよホント」

逃げていく馬鹿達。絶対奢らせる事にしよう。

「やっぱり相変わらずだな、脩は」
「………待て、そう言えば元々はお前が原因な気がしてきたぞ、陽太」
「さて俺はミニ子先生の所に行かないといけないから、じゃ!」

後ろでにやにやしながら一部始終を見ていた。元凶まで逃げていった。逃げ足はやっ。

「………だめだ、あんまり頭動かない…帰るか」

帰って少し寝て、またフェザーに行く……なんかダメな人間の考えになってる気がしてきたぞ今。
というかとりあえずフェザーに行くのが癖になってるなコレ………まぁ帰宅部だし良いか。

「…お、居た居た。相変わらず眠そうな顔してんな、脩」
「あ?………誰だっけ?」
「とりあえず真顔で呆けんのはやめろ;」
「あぁ誰かと思えば中学で見飽きた浅木雄司か」
「こいつマジで酷いな」

それくらい言い合える仲なんだから当然だろと思う。
中学の頃は大抵こいつとつるんでたからなぁ。

「ところで、あそこの……ほらあの羽根の看板が目印のあのゲーセン」
「フェザーか?」
「そうそうあそこ。なんか武装神姫の筐体入ったんだってな?」
「ん?夏休み入ってすぐに置いてたぞ?チラシとか見なかったのか?」
「夏休みはずっと家族で婆ちゃんのとこに居たんだよ。父さんは仕事あったけど置いてった」
「おじさんの扱い相変わらずだな………まぁいいや、それで?」
「いやあ、なんかそのフェザーで6人くらい神姫つれて調子乗ってる奴が居r「ぶっ!?」…いきなりどうした、相変わらず変な奴だな;」

思わず吹いてしまった……そんな噂になってんのか…

「何でもない、気にすんな…」
「おう?……まあいいか。話続けるけど、そんな奴がいるらしいから一回ボコッてやろうかと思ってな。毎回連れてきてるらしいし、碌な奴じゃないと思うんだけどお前なにか知らないか?」
「よし調子乗ってるのがどっちか分からせてやる。5時にフェザーな、絶対来い」
「…………は?」









さて、目的も出来たしさっさと帰るか。









===第1話===






「ついイラッとしてあんな事言ってしまったけど、何かめんどくさくなって来たな…」
「でもやめる気無いんだねマスター」
「まぁな」
「ちょっとまてどういう展開だこれ!?」

バトルロンド筐体を挟んで反対側で雄司が何か言ってるが気にしない。
あの後、問答無用で雄司を振り切って帰宅した俺は一旦仮眠を取ったあと、5分くらい遅れてフェザーにやって来た。

「本人相手に喧嘩売ったんだから当然だろ」
「はぁ!?本人って、まさかお前が!?」
「こいつら見てて今更だな……ユイナ、頼む」
「了解、マスター」
「そういえばますたー、あの人とはどんなかんけいなの?」
「中学からの顔馴染み」
「ふーん…だけどマスターが強気にでるなんて珍しいなー」
「ですわね。いつもは、やってみないと解らないと言う事が多いのに」
「まぁな」

ユイナを筐体に接続させ、くー達と話しながらちらっと雄司を見ればあっちも準備を開始していた。
ふむ…

「しかし、噂になってる、か……少し面倒だな」
「なにか問題があるのです?」
「いや、静かに暮らしたい」
「いまさらだと思うんだ」
「………そうだな」
「あーあーあー……ん?ランサメントか…」

無駄話をしている間も手元のコンソールを操作して相手の情報を呼び出す。
まぁ情報と言っても名前とか神姫の種類とかが出るだけ。場所によってはこの時点で相手の装備も見れたりするらしいけどフェザーでは見れないようになってる。
つまり、戦ってみないと解らない。特に初めて戦う相手なら手探り状態もいいとこである。
しかし、ランサメントは少しなら知っている。エスパディアを調べた時にちょっと見た。
たしか、基本的に遠距離戦や砲撃戦が得意な神姫だったはず。基本装備も射撃武器しか無いとか何とか。

「あとはフィールド………ふむ…」

ランダムで決められたフィールドが表示されたが、市街………悪くは無い、か。
そしてユイナと相手がフィールドに移る。お互いの初期位置はそれぞれ中央通りの北側と南側の端。お互いの直線状に障害物が無いので一応見える。

「見た感じでは、基本装備と変わらないな」
「マスターってランサメント見た事あった?」
「いま携帯で調べた」

カブト型・ランサメント。基本武器は射撃系のみ。武装が変形して支援機になる、か。
後は、装備が追加されているかもしれないがそこは始まらないと解らないな。
武器は…えーと……

「……そういえばユイナ、調子はどうだ?」
「悪くは無いね。いつも通り」
「OK。相手は射撃型であってるとは思うけど様子を見る。始まったら西側の路地に入ってくれ」
「了解………始まるよ、マスター」
「ん………行くぞ、ユイナ」

ユイナの装備はレーザーライフル・シルバーストーンを手に持ち、レッグパーツの右足ホイール上部にソウブレード「断慈斬」、逆側にはアサルトライフルを携行。
手榴弾も6個程アサルトライフルにアタッチメント付けて横にくっつけていて反対側にはカードリッジ2つ。
カードリッジ本来は3~4個ほどくらいは付けれるが手榴弾のスペースに使ったから本来より少ない。中身はトリモチ×2。
後は転送にショットガンと偃月刀といういつもの構成。まったくいつも通りである。
………いつの間にか他の5人が黙っていた。多分気を使ってくれてるんだと思う。
相手の雄司を見る。なんかさっきと打って変わって不敵な顔してやがる。やっぱりイラッとした。


さて、あっちは自信はあるようだけど………負けるつもりは、無い。



__―― ̄ ̄――__………!



「ユイナ、反撃は無し。まずは身を隠す」
「了解!」

試合、開始。
その直後にユイナを西側に見える路地に移動させる。
装備に大きな変更が無いなら正面から付き合うのはやめる。
途端、ユイナの周辺の地面が弾ける。これは…キャノン砲・アトラスか。
あっちもまずは様子見といった感じか、動かないな……とりあえず路地に入り込めたか。

「西側通り、トライクで北側まで行く。右側は注意しとけ」
「了解、他は?」
「いつも通りで。アサルトライフルは持っとけ。半分詰めれれば十分」

路地を出て開けた通りに出た直後、ユイナは装備を変形、自身が組み込まれるようなトライク形体・パトロクロスになり指示通り北上。


「っ、来た!」
「真横からか…片手でアサルト、そのまま突っ切れ」

フィールドの3分の2に差し掛かった時に真横の路地から銃撃、そちらを確認すると機関銃・コーカサスを撃っているのが見えた。更にアトラスまで放ってきてる。
…待ち構えられたか…?…流石に出てくるまでが遅い気もする。
ユイナもトライク操作を片手でこなしながらアーク装備のアサルトライフルで応戦、そのまますれ違い離れるがあっさり攻撃が止まる。
そちらを見ると居なくなっていた。また待ち構える気か。

「被弾は?」
「なんとか。かすったのは多いけど」
「ならいい。右手の小道に入り込んで通常モード、シルストチャージしながら中央通りに。待ち構てると思うから注意な」
「了解」

シルバーストーン長いから略したけど伝わったか。
ユイナは指示通り通常状態になって中央に、途端に予測通り銃撃、砲撃。しかしすぐにユイナもシルバーストーンで応戦。
相手はそんなに遠くないく、路地から少しだけ出た位置に居た。
良く見て装備を確かめる。ランチャーのアクティオン、右手のシールドキャノン・グラントは確認。やはり基本装備か?
そう推測してる間もユイナがシルバーストーンを撃つが、動き回りながらでは狙いを付けづらく外すばかりか激しい射撃に堪らず路地に飛び込んでいた。
やはり射撃はあちらに分が有るか…手数の差もあるな……

「アサルトにバレル装着。その間もシルストチャージして混ぜてけ」

アサルトライフルに威力と射程を延ばすエクステンドバレルを装着させる。至近距離での連射には向かなくなるが今はこっちの方が良い。

「ユイナ、手榴弾2つ相手の手前にある木の所に投擲後、すぐに接近する。遠くは無いからアサルトばら撒きながら近接戦に持ち込む」
「了解!」

一瞬射撃が止んだ瞬間、建物の陰から出て手榴弾を投擲。相手もすぐ気付き少し下がるがその手榴弾は手前で爆発して木が吹き飛び土煙が上がってお互いの姿が見えなくなる。
そして、そのまま一気に踏み込み………………………………その目前で地面が爆ぜた。
さらに弾幕と言えるレベルの射撃がユイナに襲いかかって来る。

「っ!?」
「一旦後退だ!さっきの状態になったら埒があかない!」

反射的に立ち止まってしまったユイナにとにかく後退を指示。

「逃がさないよ!」
「まじかよっ!」

しかし後退しようとした直後にフロントアーマーが開きマイクロミサイルまで発射してきた。
そのうえ全弾発射状態、まずい。

「右の店に逃げ込め!」

アトラス、コーカサス、アクティオン等々が襲いかかる中、ユイナが全力で右手にあった大型量販店らしい建物にガラス扉破って飛び込んだのとマイクロミサイルが着弾したのはほとんど同時だった。
やる事派手過ぎるだろ……まだ撃ってきてるし。

「マスター、どうするの?これ袋のネズミじゃないっ?」
「まずったな…」

壁際に隠れたユイナが聞いてくる。始まってあんまり経ってないけどちとヤバいかも……初めての相手にはいつもこうなる……
……しかもトライクとか活かせそうに無いからあんまり店とか入りたくなかったんだけどな…
その上はっきり言って、遠距離型の相手は苦手だ、俺が。
そう考えてる間にも撃ってきてるし…しかも近づいてきてるようだな、店から出さない気か?

「とりあえず、奥に進んでくれ。何か考える」

一回は食品売り場に有りそうな台や神姫の身長より大きな陳列棚があるが、とにかく店の奥に進ませて考える。
相手は遠距離型。接近出来れば勝機は十分あるけど、そう簡単に出来そうに無い。
しかもさっきので気付いたが、どうもアトラスはユイナより手前を狙って撃ってきてる気がする。どちらかと言えばコーカサスとかの方がユイナの近くに飛んできてたし。
トライクなら突破できるか?…いや、ある程度近くからじゃないとキツイか。前に痛い目を見たし。
なら奇襲か?………何とか隠れれる場所があるかどうかだな。

「っ、来たみたいよ!」
「奥の階段で2階に。何か隠れれる場所を探す」
「くっ、了解!」

全速力で走って階段にユイナが向かうが、その時店内の一角が爆発する。
そして次々と弾丸がばら撒かれて行き店内を破壊しまくっている………しらみつぶしにする気かこいつら。
この様子じゃあ隠れてもその場所ごとやられかねないな……

「着いたよ」
「何か堅そうで隠れれそうなの無いか?」
「………下と同じような感じ。冷蔵庫とか置いてあるけど?」
「内部まで細かいな………じゃなくて、上に行ってくれ」

階段が続いていたので更に上に行かせる。このままじゃどうしようもないのは分かるが何とか近づけるチャンスが欲しい。
せめてもう少し、近くに来てくれれば………待てよ?
あっちもいづれは上に来るはず、しかも上がる手段は階段だけ……いや、不自然……もう少し狭い場所なら…待て待て考えろ…

「マスター、あっちは2階に来たみたいだよ」

店の中、階段、追撃してきてて、射撃型、近づけなくて、奇襲、残弾数は………………ふむ。

「マスター、のんびりしてらんないよ?」
「ユイナ、まだ上あるか?」
「え?……あるけど、上は駐車場になってるみたいよ?」
「あれば十分。やってみるか………ユイナ、まずは―――」

うまいやり方じゃないし危険な個所はあるけど、やってみるか。



 ̄ ̄――__―― ̄ ̄――__



階下からの銃撃音が止む。

「下、止んだみたい」
「ん…さっき言った通りに頼む」
「了解」

返事、2階と3階をつなぐ階段の踊り場で、陰に隠れている私はじっと相手が出てくるのを待つ。
手には、チャージの完了した、私のパーツで組みあがるスーパーシルバーストーンと手に馴染むOS-35アサルトライフル。ライフルにはエクステンドバレルを付けてある。
残りの断慈斬は、転送されてきた散弾を詰めてあるM49ショットガンと一緒に先に上に置いてきた。
しかし………普段と対戦時の雰囲気がやっぱり違うなと、ふと思う。
いつもは眠そうで、ふらふらしてるのに試合が始まると何かが変わる。
眠そうなのは相変わらずだけど極端に口数無くなって、考え込んで聞いても返ってこない時があるから半分くらいこっちの判断に任せっぱなしになる時もある。
開始して少しは毎回この状態で、ピンチになる時も多いから、こんな状況も慣れっこ。
けど、一旦思いつくと止まらない。
考えて考えて私達を勝たせようとしてくれる。たまに頭痛起こしてるけどね。
階下に影が見えた。

「………今だ!」
「OK!」

飛び出し、アサルトライフルを撃ったけどある程度予想されていたのか避けられあっちも壁に隠れられた。
構わずスーパーシルバーストーンを構えて撃ちこむ。壁がかなり抉られるが貫通していない。
直後に一瞬だけ出てきてコーカサスと、左手のグラントとその内側にあったバウドリーを撃ちこまれたけど咄嗟にシルバーストーンを盾にした。中破。
仕方ないから投げつけて適当な位置でアサルトを撃ちこみ続ける。
………そろそろ撃ち尽くす頃かな。

「マスター、弾無くなっ!?」

咄嗟に階段を飛び跳ねるように駆け上がり、同時に轟音と共に銃弾がばら撒かれる。

「ここでガトリングかよ……大丈夫か?」
「リアをやられたけど、動く分には大丈夫」
「OK、作戦通りに軽装状態になってくれ」

階段を駆け上がりながらアーマーを全て外し、3階駐車場入り口にまき散らしながらリアも落してアサルトライフルを置いて、代わりにショットガンと断慈斬を拾う。
直後に背後から銃撃、駐車場に飛び込んで射線から逃れるが、一気に駆け上がる足音。

「追い詰めたよ!」
「しつこい!」

起き上がり振り返るのと、相手が見えたのは同時。
お互いにグラント&バウドリーとショットガンを向け、放ち………

















大爆発。













「………うわぁ」

予想以上の威力ね、これ。
相手の姿は消し飛んでた。

「手榴弾4個でこうなるのか…」
「結構な威力だね……アサルトライフルに付けるのやめない?」
「……だな。まぁうまくいったから今回は良いってことにしておくか」
「案外うまく行くもんだね……リアとライフル本体で隠してショットガンで手榴弾誘爆させるなんて」

散弾な上にちゃんと確認してたから細かく動いてる相手より当てやすかったし。しかも相手のほとんど足下から起爆だったから逃げようが無い。
近づけないし、奇襲も望みが無いんなら罠にかける。マスターが考えそうな事だった。
確かに、追ってきてて階段しかないなら通らざるを得ないからね………よく思いつくと思う、こんなめんどくさい作戦。

最後に、ジャッジが勝利を告げてきた。


 ̄ ̄――__―― ̄ ̄――__



「」
「あー、何かすまん」

反対側で何か雄司が真っ白に燃え尽きてた。文字にすれば括弧のみの状態である。

「ん、ん~……疲れたわ」
「お疲れさん、ユイナ」
「お疲れ様なのです!」
「いや~、なかなか良い爆発でしたね~」
「一撃とは思わなかったわ」

あー、あれは俺も予想外だった。爆発物って怖いな本当。

「」
「……おーい、帰ってこーい」

駄目だコイツ、再起動しない。


さて、どうしたものか…



つ づ く !
※※今日の戦術レポート
対 遠距離射撃型ランサメント 対戦者 ユイナ 勝利
遠距離戦を改善すべきと考える。トライクをもう少しうまく利用したい。
最終的には勝利したが、利点を活かせなかった感がある。ただ、罠を仕掛けるのは良い案ではあった。
後、アサルトに手榴弾をくっつけるのは危険と悟った。別の場所を考えておく
※※




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー