メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すとれい・しーぷ006


どこか異国のにおいさえ漂う街。
ルキスはきょろきょろと辺りを見回した。
「あまりょろきょろしていると、田舎物だと思われるぞ」
ルキスの様子を見た紅は苦笑して彼女のおでこを指でつついた。
私たちは、住み慣れた街を少し離れ、この地に来ていた。


オーナーの人嫌いを治すための、紅の提案はごくこく簡素なものだった。
『とにかく外出する』
ショック療法ともいうのだろうか、人慣れするには、人と触れ合うのが一番。
確かに利に適ってはいるが、本当に大丈夫なのだろうか・・・
そんな事が、ルキスにわかるはずもなく、しかし、他に提案があるわけでもないため、その案に乗ることにした。
目的地を決めたのは紅。何でもバンド時代の仲間、碧がこの地で漁師見習いをしているらしい。
話によると、オーナーと紅は大学進学、碧は漁師に、とそれぞれ別々の道を歩んだそうだ。
約2年ぶりの再会に、オーナーも僅かに期待を寄せていたのだろう。
二つ返事で外出を許可した。そして今に至る。


・・・今に至るのだが・・・
「・・・本物の迷い羊になちゃったな・・・」
真夏の蒸し暑いなか、オーナーは長い髪を風に舞わせ控えめに呟いた。
ふわふわのウェーブロングに清楚ながらもフリルをあしらった涼しげなノースリーブのワンピース。
日焼け対策に、と腕にはめたロング手袋は黒。その上からブレスレッドや時計を着け固定。
足元はヒールの低いサマーブーツで固めたその姿は、低い身長とあいまって、天使と形容するにふさわしかった。
ただし、視線を隠すのを目的として装着された、大きめのサングラス意外は。
日傘の影が僅かに揺れる。おそらくは、同伴した紅を探しているのだろう。
ルキスもまた辺りを見回した。
そこはなかなかに活気のある商店街。
住人の威勢のいい声が響く中、夏休みのせいもあって、ちらほら学生の姿も見える。
「紅が来るって言っておいて本人が迷子になるなんて、信じられないな・・・」
ルキスは耳を疑った。迷子になったのは自分たちの方だと思っていたからだ。
加えて、自分のオーナーが毒を吐く姿を初めて見たのだ。
それでも、部屋に閉じこもっていたときの瑠璃よりは幾分元気に見えるのは気のせいではないらしい。
そのことを少し嬉しく思いルキスはまた紅を探しはじめる。


結局紅は見つからないままだらだらと時間だけが過ぎていった。
日は真上に昇り、正午を示す。
「あ、あの、オーナー、少し休まれては・・・?」
紅のいない不安感からかオーナーはあれからずっと歩き詰めだった。
その表情には生気が感じられない。次第に脚もふらつき始める。
炎天下の中、当てもなく慣れない環境を歩きまわる。
オーナーの弱った精神的安定を喪失させるには十分すぎる状況。
ルキスの言葉には耳を貸さず、歩き続けるオーナーの脚にも、もう限界がきていた。
倒れる!衝撃に耐えようとルキスが目をつぶった。
しかしいつまで経ってもその瞬間は訪れなかった。
「おい、しっかりしろ!」
オーナーを助けてくれたのは、知らない男の人だった。
いつまで経っても目を開かないルキスを不思議に思った男の人は、自分の神姫に小さく合図を出す。
「メル、頼む」
「はいですみゅ!」
甘ったるい声でみゃ、みゃ、と仕切りに肩たたいてくる。
ルキスはおそるおそる目を開ける。
ルキスの肩を優しく叩くのは、マオチャオ型の神姫。
「見た事ない神姫だな・・・オーナーさんのオリジナル、か?」
男はオーナーを横抱きにしながら呟くと、マオチャオとともに手のひらに乗るよう促す。
どうやら悪い人ではないらしい。私はマオチャオと一緒に彼の手のひらに乗った。
と、直後声を上げたのは、マオチャオだった。
「セトくん、この子、アーちゃんリーダーですみゅ」
マオチャオ型にしては落ち着いた声色で、オーナーの顔を覗き込む。
彼女のことを知っているということは・・・


瀬戸 碧。それが彼の名だった。
“STRAY SHEEP”ドラム兼筋肉担当。否巨人、否お世話係り担当。
「・・・ごめん、ありがと」
気絶から覚醒したオーナーは、直ぐに碧に気づき礼を述べた。
「瑠璃、お前、喋れるように・・・!」
「セトくん、それは後でにするのですみゅ!リーダー、脱水症状が出掛かってますみゅ!」
マオチャオは冷静に判断すると、その場の全員に移動を促した。
移動した先はレトロな老舗、といった感じの食堂。見ようによっては古びても見える。
『明石食堂』という名称であることが、入り口の暖簾からわかった。
店内に入るなり、15センチの店員が挨拶をする。
「いらっしゃいませ!何名様で・・・あら、瀬戸さん・・・!?」
メリエンダ型の神姫が常連らしい碧の名を呼んだが、彼の抱えている者を見て、直ぐに異様だと気づいたのだろう。目を丸くして、開いた口元を手で覆った。
「彼女脱水症状が出掛かってて、よかったら水をもらえないか?」
碧の言葉に、メリーと呼ばれた神姫は、文字通り飛ぶように厨房へと入って行った。


「体内の水分も正常に戻りましたし、奥で休んでいただいてます。もう大丈夫ですよ」
メリーはにこやかに店の奥から出てくると、ルキス達のテーブルまでやって来た。
心の底から安堵のため息をもらすとルキスは恩人のメリーに向き直る。
「あ、あの・・・ありがとうございます・・・!」
そして、碧とマオチャオにも。
「お二人も、その、ありがとうございました!」
深々と、それもヘッドが地面に着く勢いで頭を下げるルキスにマオチャオは笑顔を向ける。
同機と同じ屈託のない笑顔。それでいて口調は冷静だ。
「あたしはメルクリウスといいますみゅ。みんなメルって呼ぶから、貴女もそう呼んで欲しいですみゅ」
そこまで言われて、ルキスは自分が名乗っていないことに気づいた。
「わ、わたしはルキスと申します!」
慌てたふためくルキスを見て、メリーはくす、と可憐な花びらの如く笑うと、スカートの端を指でつまんで恭しくお辞儀をした。
「メリーと申します。ここ、明石食堂でウエイトレスをしております」
可憐な花は顔を上げると、なぜだかその両眼を大きく見開いた。
その視線はルキスの胸を捉えていた。怖い。そうルキスが身震いした直後、奥からメリーのオーナーと思しき男性の声が聞こえた。
「さっきの子起きたぞー」
メリーのオーナーは優しい人のようで、その事は彼女を呼ぶ声色で何となくわかった。


メリーと、そのオーナーが食堂の仕事に戻って行く。その姿にオーナーは一礼してから席に着いた。
「紅から連絡があった。はぐれたって。んで探してたら案の定ピンチ」
碧は茶化すように笑うと、ルキスに向き直る。
「神姫、起動できるようになったんだな・・・って事は、この子のCSCは?」
「・・・うん、ユノのCSCだ」
強い衝撃。ルキスのCSCは、ルキスの物であって、ルキスの物ではなかったのだ。
胸にあるCSCにカバーの上から触れると、オーナーの声が降ってきた。
「・・・でも、CSCがユノでも、この子はルキス。ユノと重ねようとも、そうなって欲しいとも、望まない。ルキスは、ルキスのままで、私のそばにいて欲しい」
今はその言葉が一番嬉しかった。自分に自信がなかったから。
か細いながらも、きっぱりと言い放ったオーナーに、碧はにぃと口を吊り上げる。
「やっぱ、病んでも、アベルはアベルだな。」
「アーちゃんリーダーは健在ですみゃ」
メルも合わせて笑った。どうやらメルも昔のオーナーを知っているようだった。
「紅とはこの先のゲーセンで待ち合わせしてるからさ、行こうか」
碧の言葉に一行はそれぞれ席を立つ。勿論、明石食堂のみんなへの挨拶も忘れずに。
最後まで、メリーの視線はルキスの胸パーツを射抜いていたが、ルキスは知らん振りを決め込んだ。



一行は待ち合わせのゲーセンにたどり着いた。オーナーにとっては2年ぶりのゲーセン。
分煙が甘いのか、入り口をくぐるとタバコのにおいが微かに鼻腔を突いた。
ふと、夏休みの学生で盛り上がる一角が目にはいる。
そこには一際目立つ筐体と、神姫オーナー達の姿。
「バトルロンドですみゅ」
不思議そうな顔をしたルキスに、メルは小声で言った。
「あの筐の中で、相手の神姫とバトルしるのですみゅ。勝てば官軍、負ければ修行、ですみゅ」
よく意味はわからないものの、とにかくあの中で痛い事をする、というのは理解で
きた。
「わわわ、わたし、痛いのは嫌です・・・」
今にも泣きそうな声で放ったルキスに碧は少しだけ笑った。
「バーチャルの世界だから、本当に怪我はしないよ。それに・・・」
ここからは小声。まるでオーナーに聞かれまいとしているかのような。
「瑠璃がユノのCSCをキミに入れた、って事は、いずれ戦うつもりだからだと思うよ。ま、最初は勝たなくても大丈夫」
まるで無邪気な子供のいように笑った碧は手近なベンチにオーナーを座るよう促せば、直ぐに踵を返した。
「ジュースでも買って来るよ。瑠璃は炭酸以外、だろ?メル、瑠璃を頼むな」
そういい残すと、オーナーの手にメルを託し、人混みの中に消えていった。
「っ、待って・・・!」
また取り残された不安から、オーナーは手を伸ばす。が既に碧の姿はなかった。
「アーちゃんリーダー、あたしとルキスが着いてるから、大丈夫ですみゅ」
メルは本当にマオチャオ型なのか、と疑うくらいに落ち着いていて。
そっと不安がるオーナーの指先を優しく撫でた。きっと彼女のオーナーの碧に似たのだろう。ぼんやりとそんな事を思った。


碧の帰りを待つ間、オーナーはおとなしくベンチに座っていた。
何をするわけでなく、ただぼんやりと。
「ルキルキ、もし戦う事になった時のため、アーちゃんリーダーの戦いのメモリーログを見ておきますかみゅ?」
ルキルキ、とはどうやらルキスのことらしい。メルは性格こそしっかりしているものの、喋り方はマオチャオ型そのものだった。
ルキスはバトルそのものには興味こそなかったが、昔のオーナー、それ以上にユノの存在が気になったため、こうこく、と頷くと、メモリー共有用のケーブルをおとなしく自分に繋いだ。
自分の意識が、メルの中に溶け込む。外の世界と遮断され、乾いた荒野の記憶が身体を満たした。


外の世界では、オーナーとメルが見つめ合っていた。沈黙を破るのは、メル。
「アーちゃんリーダー、あたし、またリーダーと戦いたいのですみゅ。だから、ルキルキと一緒に・・・」
そこまで言いかけて、メルの身体が宙に浮く。きゃぁ、と小さな悲鳴を上げたメルを掴んだのは、ゲーセンにたむろする不良高校生グループの頭だった。
「バトロンしないなら、神姫2体も連れてんじゃねぇよ、ガキ」
ぐりぐりとメルの頭を無骨な親指で遊びながら不良はベンチから見上げるオーナーを睨む。
彼の肩に乗ったアーンヴァルも冷たい視線でルキスを見下した。
ガキ、という言葉は、オーナーの身長の低さが原因の判断だろう。おそらく、中学生と思われてのこの仕打ち。
オーナーは震えていた。恐怖ではなく、怒りに。
きっと恐怖の殻を破り、本来のすぐ熱くなる、という性格が頭を擡げたのだろう。
・・・子供扱いが沸点とは、それはそれで低すぎる気もすりが・・・
「こいつ返して欲しかったら、賭けバトルしようぜ。もち、俺のBETはこのマオチャオで。お前はそのちんちくりんでも賭けるんだな」
不良の申し出にオーナーは躊躇する。相手には何のリスクもない卑怯な賭け。
しかし今の言葉で沸点を爆発させたのは他でもないルキスだった。
ちんちくりん?オーナーに頂いたこの体が、ちんちくりん?
絶 対 潰 す 。
「そ、その勝負、受けます!絶対、その、負けませんからっ!」
思いとは裏腹に出た言葉は締まりのない弱気なもので、ルキスは後悔を滲ませ、俯いた。
「あの、すみません、オーナー・・・わたし、許せなかったんです、その・・・オーナーにもらった身体、馬鹿にされた・・・から」
オーナーは優しく頭を撫でてくれると、ベンチから立ち上がった。
「・・・そういう事だ。後悔するなよ」
控えめに怒りを滲ませるオーナーの声は、既に不良たちを身震いさせていた。
そんな様子を見てほくそ笑んだのは、マオチャオ型のメルだった。


筐体の前に立つと、オーナーは少しの間動きを止めた。
バトルロンドをプレイするために必要なものがない事に気づく。
「ICカード・・・ない」
その言葉に不良は嘲笑を、ギャラリーにはどよめきが起こる。
ギャラリーの誰かが囁いた。至極嫌悪感を滲ませた声だ。
「あいつ、また初心者狩してるよ・・・あの子も可哀想に・・・あの褐色の神姫も取られちゃうぞ」
オーナーはそれを無視してインフォメーションブースの前に立った。
その指は迷うことなく新規登録の文字をタップする。
と、情報入力画面。そこでもオーナーの細い指は迷わない。
ルキスの名前を登録し、彼女の素体を光の網の中へかざすと、すぐに引っ込める。
と、ここでオーナーの指が止まる。
“オーナー名を入力してください”
この文字に僅かに表情を曇らせると、指を引っ込めた。
何度か名前を入力するも、少し考えては、消してしまう。
何度も、何度も。
「オーナー・・・?」
不安がるルキスの声は背後からかけられた男の声にかき消される。
「瑠璃、お前、何して・・・!」
碧だ。ジュースの缶を両手に持ち唖然とオーナーを見ている。
意外だったのだろう。こんなに早い段階からバトルに復帰しようとするなんて。
オーナーは振り返る。至極ゆっくり。そして声を発する。控えめな、芯の強い声。
「オンの時に、その名前を呼ぶな。ゲーセンに入ったら、オンだって、昔言っただろう」
迷いを振り切ったようなその表情に思わずギャラリーの面々はドキリとする。
そしてオーナーはまたインフォメーションブースへと向き直り、名前の入力わ始める。
その指にもう迷いはなかった。


オーナーブースに戻ったオーナーをにやにやと見つめる不良。
肩のアーンヴァルも心なしか唇をいやらしく持ち上げ挑発しているように見えた。
「逃げたと思ったぜ、早くセットしろよ」
不良の言葉に従うようにオーナーはICカードリーダーに発行されたばかりのカードを通す。
大型のディスプレイに表示された情報に、観衆はまたざわめいた。
「うそだろ・・・死んだって噂じゃ・・・」
「そうよ、だってあの人はストラーフを使ってたわ!」
「語りかよ」
オーナー名:アベル
その名を知らない神姫オーナーは、ここ2年の間に新しくオーナーになった者だけ。
「狂い羊・・・アベル・・・」
そう、震える声で発したのは、碧だった。
さすがの不良も動揺している。
追い討ちをかけるかのように、捕縛されたメルは笑った。
「ふみゃぁ、お兄さん達、終わりですみゅ。彼女は本物の狂い羊ですみゅ」
「るせぇ!どうせ語りだろ!そんな有名プレイヤーが今、この場でライセンス登録するわけねぇ!」
取り乱す不良をよそに、オーナーはルキスをアクセスポッドに優しく寝かせた。
メインボードに入れられた装備は未知のデスクにあった白い武装だった。
オーナーは少なからず、復帰する気はあったようだ。そうでなければ武装を持ち歩くはずがない。ただ、踏ん切りがつかなっただけなのだ。
その点に関しては、きっかけを与えてくれた不良に感謝している。
脳のアドレナリンが溢れ、むず痒さに口元が緩む。
「っくくくくく、ぁはははは・・・!」


狂い羊の復活祭が始まった。
生贄の天使は己の末路も知らずほくそ笑む。
羊はそれを見逃さなかった。








【御礼&お詫び】

今話は、ばるかん様の作品武装食堂とコラボレーションさせて頂きました。
日常中心神姫SSを書かれる方としてとてもリスペクトしております。
同じ日常系を書いて(いるつもり)のですが、ひつじには出せないほのぼの感を、少しでも分けて頂ければ、と思いまして・・・
当初は歌を謳う決心がつかないオーナーと、寺田さんを思い出して寂しくなっちゃったガブちゃん(ひつじはガブちゃん推しです)が出会って・・・っていうネタを妄想していたのですが、ラストのレクイエムの詩が思いつかず断念してしまい・・・orz
ならば散々ネタになっている、メリーちゃんのおっぱいについてを!と今の形に落ち着きました。


ばるかん様、無断でコラボレーションしてしまったことをこの場を借りてお詫びさせて頂きます。
本当にありがとうございました。
武装食堂の連載の方、応援しておりますので、無理をなさらず頑張ってください!






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー