メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すとれい・しーぷ004


時は今より3年前に遡る。高校3年生、17歳の夏の事だ。
私はいたって普通の市立高校に通っていた。
身長が極端に低い事と、神姫が好きな事以外は普通の女子高生。
そのはずだった。
小学生からの腐れ縁でずっとクラスの同じだった、甲斐田 紅が話しかける。
「なぁ、お前、予想してたか?俺たちがメジャーデビューなんて」
「オレはしてなかったな・・・まさかこんな事になるなんて」
紅への返答を横取りしたのは、がたいのいい巨人、もとい瀬戸 碧。
身長は190近くあるらしい。紅も183と高い方だが、レベルが違う。
ちなみに私は150あるかないか。二人は私から見れば巨人国の人間だった。
・・・巨人国なんてものが存在するかは置いておいて。
碧とは高校に進学してから仲良くなった。
面倒見のいいことから、すぐ熱くなる私や、クールぶっているが、どこか抜けている紅の世話係り、という立ち位置。
今では気づけば3人、いつも一緒にいる。
「私も、予想してなかった、かな・・・きっと神様がくれたチャンス、なのかも知れない」
「はっ、さすが、我がチームの作詞担当アベル!言う事がくさいなー」
茶化す碧に、紅も合わせて笑った。
「オフの時にその名前で呼ぶなーっ!」
それがささやかだけど、私の幸せな日常だった。


“STRAY SHEEP”この時代の神姫ユーザーは知らない者のいない程有名なバンドグループ。
カイン(甲斐田 紅)、セト(瀬戸 碧)、そして私、アベル(安部 瑠璃)で構成される、スリーピースのアマチュアバンドだった。
ゲーセンや、ホビーショップで遊ぶついでに、ライブと称して曲を披露していたら、いつの間にかそれが、遊ぶ事よりメインになっていて。
去年の冬、わたしたちに目を付けた音楽事務所から、正式のメジャーデビューを、とのお声がかかったのだ。
最初は、嘘だと思っていた。何かのドッキリだ、と。
しかし、レコーディングや、CDの発売に伴い、それはだんだん実感を持ってわたしたちに歩み寄って来た。


「ただいまー!」
ぱたぱたとせわしなく足音を立てながら、家族への挨拶もそこそこに私は自室を目指す。
「こら、オーナー、手は洗ったのか?お母さんに挨拶は?」
部屋で私を迎えたのは、パートナーのユノだった。若干オカン気質なのは、私がずぼらなせいだろう。
「えへへ、まだでしたっ!手洗って、おやつ持ってくるね」
ユノは悪魔型の神姫。15センチながら、私達と同じように感情を持ち、生活する。
加えて、戦ったりも。
おやつのドーナツを抱え、わたしはユノのもとへ一目散に戻った。
話したい事がたくさんあったのだ。
「はい、ユノ!お母さんが、ユノのおやつに、って!」
片手に握ったジェリカンをユノに渡しながら、ソファへ腰かける。
「ありがとう。お母さんにも伝えておいてくれ。・・・今日はえらく上機嫌だな」
ジェリカンをちびちびと飲みつつ、私を見上げるユノもなんだか楽しそうだった。
「ふふん、今月はSTRAY SHEEPがデビューして、半年なんだ!だから、来週、半誕生ライブをゲーセンでやる事になったんだ!」
夢を見るかのように私はうっとりと言った。
それにライブの日は、私とユノが出会ってちょうど2年になるのだ。
でも、そのことはユノにはまだ秘密。ドッキリパーティーを家族で仕掛けるのだ。
きっといつもクールなユノも、目を丸くして驚いた後、涙を流すのだ。
私はそんな光景を想像しながら微笑みをユノに向けた。
「ライブの後、バトルもしようね!新しい武器、試したいんだ!」
小さなメモリースティックに入ったデータをちらつかせながらウインク。
それにユノは呆れながら、しかしどこか嬉しそうにため息をついた。
「ふふ、わたしのオーナーであること、それ以上に、“狂い羊(マッドシープ)”の名に恥じない戦いをしてくれよ」


。。。。。。。。。。


「そして、ライブは成功した。ここまでは、紅も知っている」
瑠璃とは比べ物にならないくらい弱々しい声で、オーナーは呟く。
僅かに肩が震えているのは気のせいでは、ない。


窓の外はオプシディアン。
長い沈黙を破って、オーナーは続きを話はじめた・・・

。。。。。。。。。。

幸せ、なんて簡単に壊れてしまう物。
私はあの日の呪縛から、まだ逃れられていない。


半誕生ライブの帰り、私は公園で蠢く影を見た。
ライブ成功の気の緩みか、はたまた後に控えるユノのパーティへの興奮か。
好奇心に負け、私はその場で足を止めてしまった。
「っ、オーナー、後ろだっ!!」
ユノの声が響いたと同時に私は後頭部への強い衝撃と共に気を失った。





「やめろ、やめ・・・!!やめてくれぇぇぇ!!」
ユノの叫び声が聞こえた。それも、怖いくらいに我を失った狂った叫び。
はは、そんなんじゃ、どっちが狂い羊か、わかんないよ、ユノ。
覚醒しない脳はぼんやりと現実を否定する。
「おい、愛しのオーナーが起きたぞ」
酷くしゃがれた声で、眼鏡の痩身の男が楽しそうにユノに言った。
ユノのすすりなく声。私の脳は一気に覚醒し状況をとらえる。
何時間気絶していたのだろう、あたりは暗闇が侵食してきて、周りが見えない。
しかも私は、数人の男に羽交い絞めにされ、身動きひとつ取れない。
最悪だ。
男達に聞こえるようわざと盛大な舌打ちをかますと、ユノを掴んでいた男が私の前に立った。
「お前の神姫が、言いたいコトあるってよ」
ずい、と目の前に差し出されたユノは粘着質の白濁にまみれ、すすり泣いていた。
さすがに私も、もう高校生だ。その独特のすえた臭いで、ユノが何をされたのか、すぐに理解した。
「下衆が・・・社会不適合者のうえ、ロリコンかよ、マジ最低だな!」
今出せる最大級に低い声で男をののしる。それでも男は楽しそうだった。
「お、オーナー・・・私は、汚されてしまった・・・もう、オーナーとはいられない・・・」
泣き止まないユノはいつものように強気な物言いでなく、今にも消えてしまいそうなくらいに小さな声を絞り出した。
「んだ、そうだ。このストラーフはありがたくオレ様がいただいて行くわ。勿論、愛玩用として、な」
くい、と眼鏡を持ち上げる姿が鼻につく。
「っざけんなよ!ユノを返せ!このロリコン野郎!!」
他の男に羽交い絞めにされたまま、私は男につばを飛ばす。
さすがに、その行動に腹を立てたのか、眼鏡の男は額に青筋を浮かべ、私の前に戻って来た。
すかさず男は私の頬を張る。
パァァンと乾いた音が公園にこだました。
「いいことを思いついた。お前もユノ・・・ったか?この神姫と同じように汚してやるよ」
それを合図にして、私を押さえていた男が、私を地面に叩き伏せた。
「っが・・・」
落下衝撃に加え、男の拳により、私の内臓は悲鳴を上げた。
だが、そんなの関係なかった。
束縛から逃れ、これを好機と見た私は眼鏡の男に殴りかかるため、拳を振り上げる。
しかし、私はすぐに動きを止めることになった。
口内に、冷たい金属が当たる。・・・カッターだった。
「これが何か、わかるだろ?抵抗してみろ、お前の自慢の喉はズタズタになるぜ。ア ベ ル ち ゃ ん 」
知っている、この男は私が歌謳いだと言う事を。
メジャーデビューして有名になったことが裏目に出た。
男は狂気の笑みを湛えカッターの刃をしまったままそれを私の喉の最奥に押し当てる。
このまま刃を出されれば、私は終わるだろう。
そう考えたら、自然と涙が溢れた。


服を裂く音が静かな闇に誇張され、辺りに響いた。
口にカッターを押し込んだまま、男達は視姦するように私の胸を眺める。
唐突に、眼鏡の男がその乳房を鷲掴みにして、揉みしだきはじめる。
最初はやわやわ感触を楽しむかのように。次第にその手つきは乱暴なものに変わっていく。
「・・・ったい・・・」
「ふん、さすがに現役女子高生、というだけはあるな。張りがある。そして何より柔らかい」
男は高級料理を吟味するかのように呟き、乳房の突起に手をかけた。
くりくりと先端を人差し指で撫でるように触れば、望んでもいない快楽に敏感に反応し、血液が集まる。
「っくくく、感じてるのか?こんなに乳首を充血させて・・・これじゃあ襲ってください、っつてるようなもんだな」
笑いをこらえきれなくなった男が、私を辱めようと、わざと淫らな言葉を煽る。
関係ない。私はできるだけ意識をカッターに集中させ、快楽をやり過ごす。
それが面白くなかったのか、男は舌打ちをし、私に乳房に顔を近づけ、先端をべろりと舐めた。
不快感から、声が出そうになるのを抑える。
それでも男の舌は止まらない。
吸い付くように口内で乳首わ嘗め回し、時に歯を立て、音を立てて唾液をすすった。
確実に私を堕としにかかる。
「そろそろ、下もいいか?」
するりとショーツに差し込まれた手が、蛇のように内部で蠢いた。
「ん〝ん〝ん〝ん〝っ・・・!」
初めてもたらされるその感覚に私は声を上げた。
楽しそうに男が笑う。
ショーツ内で蠢く蛇は、さも私の良いところを知っているかのように這い回る。
執拗な愛撫に私の陰部はしとどに濡れ、内股を伝い地面を汚していた。
「じゃあ、そろそろ挿れるか・・・」
男のベルトのバックルが鳴る。次いでジッパーを下げる音。
私の尻に当たるそれは、既に硬くそそり立っていた。
「・・・いぁぁ・・・!!」
恐怖のあまり歯がガチガチとカッターとぶつかりけたたましい音楽を奏でる。
男は笑いながら、私の身体を穿つ。そこに躊躇は感じられなかった。
肉を裂き体内に侵入するそれは酷く脈打ち、熱い。
まるであぶり鏝で身体をかき回されているような感覚に陥る。
「あ〝あ〝あ〝あ〝----!!!!」
はしたなく呻く私に興奮したのかは、わからない。
男の陰茎が激しく脈打ったと思ったら、そこから信じられない程の質量の熱が私の中に放たれた。


それからすぐに、私は解放された。
虚ろな瞳に映ったのは、私と同じように虚ろな瞳をしたユノを抱えた男だった。
もう座る力すら残っていない。
「ここまで耐えたご褒美に、これは返してやるよ」
地面に投げ出されたのはユノのレッグパーツ。
カン、と乾いた音とともに地に落ちたそれを目で追うと、男は私のすぐそばにしゃがんで、口に差してあったカッターに手をかける。
ようやくこの恐怖から開放される。
そう思ったのもつかの間、カチカチカチカチ、と小気味よい音と共に私の喉はいとも簡単に裂かれた。
「あ、間違えちゃった」
男はそう言うと、カッターを抜きとり、ユノを抱えて、何処かへ消えてしまった。
私は無残にも、地面に叩きつけられたユノの残骸を握りしめ、声にならない叫びで泣いた。
喉が裂けても、関係なかった。
私の意識は消えていく体温を追って、闇へと消えた。







ユノ、今日で2年目だよ。
これからも
よ ろ 
し 







.




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー