メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

終章:疾走姫

「ば、バカな……。ただの素人にこの俺が……」
 健二は驚愕の表情で勝敗を見つめていた。それもそうだろう。まさか初心者のオレが勝つなんてオレも未だに信じられない事実だ。
「マスター……」
「ヤツを追い求めすぎた結果がこれなのか……」
「え……」
「アミー。どうやら尊の影を見るだけじゃ、ヤツは倒せないらしい。もっと違う世界が俺達には必要そうだ」

 話から想像すると、蒼貴のシミュレータがこれまでの彼の全てだったらしい。多分、その蒼貴って神姫にいつか会った時に確実に倒そうと日々努力を積み重ねてきたんだと思う。それ程までに彼はそれに執着していたらしい。
 でもそれは違うことだと俺達が? ……わからなかった。何か特別なことをした訳じゃないし。

「お前、名前はなんて言うんだ?」
「響。天野響です」
「普通に話してくれていいさ。俺の名前は日下部健二だ。……響。楽しかった。またここで会ったら戦ってくれないか? 今日は負けたが、次はもう少し、いい戦いをしてみせるさ」
「ああ! また戦おうぜ! 日下部さん!!」

 話が終わると俺達は握手をした。その時の健二は心なしか、目に火が灯った様な顔をしていた。
 どういう形なのかはわからなかったが、オレは健二を元気づけられたようだ。
 この戦いで何か道が決まってくれて何よりだった。こんなオレと百日のデビュー戦だけど……。
 でも、これからオレ達は戦いでどんな事をわかりあう事ができるのか、楽しみになってきた。



「こんな感じの話です! オレと百日の出会いとデビュー戦!」
「なるほどな。なかなか面白い話だったぜ。……ありがとうな」
「はい! オレ達、これからも頑張ります!」

 響と百日の話を聞いて、俺はその経緯に納得し、頷く。
 これまでの俺の知り合いが総登場し、何故か通り名ができてしまっているのかに疑問を覚えるものの、その皆がそれぞれの道を行く事を知る事ができた。
 蒼貴の元オーナー 健二はこの二人のおかげで立ち直り、悠はイリーガルの恐怖を克服することができた。
 そうしてくれた二人に心から感謝したく思う。そして、これからの成長も願おう。

「さて、話はしたぞ。紫貴、私と勝負しろ! 今日こそ私が優れている事を証明してやる!!」
「オーナーが会えたからってすぐに勝てるわけないでしょ。私のミコちゃんは完全無欠の双姫主よ? それをわかってて言ってる?」
「だからどうした!? そんな事で恐れる私と響ではない!」

 何やら話が終わるや否や百日が紫貴にバトルロンドで勝負する事をもちかけてきた。
 響の影響からか、随分と気合いの入った性格になった様だが、根っこは全然、変わっていない。
 打倒紫貴。それが彼女の最大の目標のようだ。
 おまけに紫貴が煽ってくれたおかげでこれから神姫センターという空気が生じてしまっている。どうにかして逃げたいとこだが……。

「いいな! 百日! オレもお前のライバルってヤツと戦ってみたいぜ!」

 響も賛成のご様子だ。避けられそうにもない。

「ミコちゃん! 今すぐバトロンに行きましょう! この脳筋コンビに格の違いを教えてやるのよ!」
「尊! 勝負してくれ! この高飛車を倒したいんだ!」
「尊さん! オレからもよろしくお願いします!」

 蒼貴が味方に付いてくれても二対三。多数決でも勝てやしない。どうしてこうなったんだ……。

「オーナー……」
「ああ。どうも腹をくくれって事らしい。いいだろう。ただ戦うのもいいが、お前の言っていたポーラスターでアクセルロンドってルールがシミュレータで実装されているらしいからそれをしにいこう」

 アクセルロンドとはアーク、イーダを開発したOMESTRADA社が考案し、推進している武装を用いたバトルレースでコースの中で走行、もしくは飛行をしながら戦闘を行って敵神姫を撃破、もしくは先に指定された周回を走った方が勝ちとなる新しいルールである。ルールとしてはまだ新しいが、ゴールという勝利の選択肢を用意する事で異なるバトルの可能性を提示し、バトルロンドに迫る勢いで流行が拡大しているそうだ。
 丁度、百日と紫貴両方がそれにすぐに対応できる装備になっている。試しにやってみるにはいいだろう。

「いいっすね! それにします!」
「OK。それで行こう」

 話の区切りをつけると俺は響達と一緒に歩き出す。門出を祝うのにバトルというのもおかしなものだが、彼らはそれを望んでいる。
 それがいいのならそれがいいのだろう。

 今日も良い一戦を。そう、願おう。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー