メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜、ふと目が覚めた。
わたしのスリープはすぐに起きれるようになっていて、このように途中で起きることだってある。人間ぽい感覚で活動できるからわたしはこうしてる。

ベッドを見ると形人がいない。どうやらトイレに起きたらしい。半開きの扉から廊下に顔を出すと、人間の足音でない別の音が聞こえた。
「なんだろ?」
ジーナスはクレイドルで(とは思えないボロ布の布団?を被って)寝ている、じゃあ誰だろう。


ここで足音が消えた。そんでもってすぐ近くに気配が………あれ?



「………」
「「「!!!」」」

横をむくと、目が三対。
そして一番手前の目の主は、わたしをフライパンのようなもので殴ろうとしていた。

「……誰?」
「「「どうもー、ドロボウ神姫三人衆でーす♪」」」



~・~・~・~・~・~


「ふぅ……スッキリした」



ボンッ!(爆発音)



「な、なんだってー!?」
用を済ませてトイレを出た形人のに謎の爆発音が聞こえた。

音源である部屋の前に駆けつけると、半開きのドア前のフローリングが焦げていた。
「いや、何これ?」
部屋に入ると窓が割れ、ヒカルがいない。
「何事なんだ」

「隊長は知っていますか? ここ最近世間を騒がせている泥棒神姫を」
「いや、知らん」
「そうですか、では行ってきます」
そういうとジーナスは割れた窓から外へ飛び出した。

「いや、今何起きてんだよ?」

泥棒神姫?そんなもんあるのか。






近くの児童公園、三人のドロボウとヒカルはそこで対峙していた。

「流石サゥ、骨のありそうなヤツがいる場所を選ぶなんて相変わらず目利きがいいね」
「わたしはー、そんなつもりじゃなかったんですけどねぇー」
「というより好戦派のワゥはとにかく、ぼくたちは戦いたくないんですけどね」

この三人―ワゥ、テェウ、サゥ―の外見はほとんど差異がない。
黒色のドレスを象ったアーマーは、縁をそれぞれの暗色系の個人色で色分けされている。
なんの型式かわからない顔だちを彩る髪の色も各人のパーソナルカラーとなっていた。

「ドロボウって言ってたけど、あなた達はいったい何なの!?」

「ゥェッホン! 何を隠さずともこの我ら三人、天下無敵の盗っ人三人衆!!」
「手持ちの武器をよこさねばめった打ちにしますよ」
「テェウー、あの子は短銃しかもってないみたいですよー?」

「短銃? なめてるよね」
「「「……?」」」
「今見せよう、新しい武器(ちから)!」



カチ



「……あれ?」


カチカチカチ


「あ、弾入れ忘れた」
「「「でひゃーっ!?」」」
馬鹿三人が盛大にコケた。

「あー。ちょっと待ってて、今別の武器を………ダメ?
そんな事いわないでさあ……ねe


う わ ひ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ っ」



~・~・~・~・~・~・~



「はぁ……こんな事だろうと思いました」
十数秒後。ジーナスが到着すると、そこには袋叩きにされたヒカルが転がっていた。
そして三人は「弾が入ってない銃」をいじっていた。

「なんだコレ。ホントに見たことない形式だな」
「同人メーカーからの商品ですかねぇ~?」
「…サゥ、それはせめてサードパーティと言うべきです」

バカバカしい。そう感じながらもジーナスは三人に声をかけた。

「あなた方、少々お時間をいただけますか?」
「「「あ。」」」


三人は一斉に振り向いた。

「わ!? 変なのがきた!」
「銃火器……油断なりませんね」
「あらあら~? オートバイが似合いそうな人ですね~」

「黄色い人、褒め言葉感謝します。しかし法律上縛りがないとはいえ、不法侵入と器物損壊はいただけませんね」
「ふほ……え?」
「ワゥ、そんなことも知らないのですか」
「今まで私たちがしてきた事ですよ~?」

「とにかく、お縄をちょうだいさせていただきますよ? こういうのは結構ポイントが貰えるんですよ?」
「嫌だと言ったらどうする?」
「というよりも選択肢は一つしかないですね」
「ですよね~」

三人は揃って自分のスカートを叩いた。するとお約束通りポロポロとBB弾のような玉が地面に落ちた。
「煙幕ですか」
サッとゴーグルを装着する。が


閃光


「しまった」
「「「逃げるが勝ちーっ!!」」」
閃光弾が炸裂し、目がくらんだ。そして定番のセリフを口走る声は遠ざかってゆく。

「逃げられましたか」

視力が回復した頃には、当たり前のように三人はいなかった。


~・~・~・~・~・~・~


「泥棒神姫ね……。世ン中色々あるし、神姫だってロボットである以上はオーナーの命令に従うだろうし……でもアシモフ・コードはどうなってるんだ?」
ベッドに座り込んで、ジーナスが言った「泥棒」について深く考えてしまい、僕は眠れなくなっていた。

「戻りました」
と、ジーナスが戻ってきた。ヒカルを引きずりながら。一体外で何があったのか。
「あ、先輩。今のつぶやきですが……」
「え。口に出てた?」
「出てました。先ほどの泥棒はオーナーがいないようですよ。……ではおやすみなさい」

そう言うと、ヒカルをクレイドルに放り込んで自分も毛布に包まってスリープしてしまった。


「おい、僕の疑問を増やさないでくれよ……」
僕は余計眠れなくなった。なんだよオーナーなしに動く神姫とかよ……?


~・~・~・~・~・~・~


「い……いなくなったか?」
「そのようですね」
「……案外抜けてるのかも~?」

三人は児童公園の砂場の中に潜んでいた。土とんの術ならぬ砂とんの術か。
「変な奴に感づかれちまったな」
「噂によるとこの町は他にも一芸長けた神姫や専門のハンターがいるらしいですよ~?」
「そろそろこの町も潮時ですね」


そう言いつつ、どこかへと歩いてゆく三人。とここでワゥが急に振り向いて一言叫んだ。


「アイル・ビー・バァァァク!!」




そう言われてももう出番はない。あしからず。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー