メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ 小さな小さな総帥様



その街では、一番の交通量を誇る交差点に『ミッシェル・サイエンス』のビルはある

十階立てという、中心街にあるビルとしては規模が小さめなビルの、居住用に改装されている最上階に凛とした声が響きわたった

「総員! 起床!」

ピンクの髪、ネコミミのような帽子、眼帯

ボディは武装ではなく軍服に身を包んでいる



武装神姫、戦車型ムルメルティアと呼ばれる彼女の一言で他のクレイドルで体を休めていた他二人の神姫がスリープモードを解除する

「…おはようございます、少佐」

同じように軍にを身を包み、バイザー付きのヘルメットを目深にかぶったフォートブラッグ型の神姫が自らが少佐と呼んだムルメルティア型に向き直って姿勢を正して敬礼をする

「…うむ…おはよう、大尉」

少佐もまた大尉と呼んだフォートブラッグ型に敬礼を返す



「……おふぁようございましゅ、しょうしゃぁ」

二人に比べて少し…いや、かなり着崩れをした軍服に身を包み、金色のショートカットヘアもボサボサになってしまっているゼルノグラード型の神姫が眠そうな目を擦りながらゆっくりと起き上がり、呂律の回っていない挨拶をしながら少佐に緩やかに敬礼をする

「…曹長、十五秒の猶予を与える…やり直せ」

その言葉と同時の少佐の睨みが効いたのか、曹長と呼ばれたゼルノグラード型は軍服を整え、自分の両頬を軽く叩いてから背筋を伸ばし、少佐に敬礼をした

「申し訳ありません! お早う御座います! 少佐!」

「…よろしい…おはよう、曹長」

少佐もまた曹長に敬礼を返した

……どうやら、少佐はボサボサの髪を見逃してくれたらしい……



日課の挨拶が終わり、次に三人が取る行動もまた日課となっている

「…では、総帥の所へ行くぞ」

少佐の一言で三人は行動を開始する

目的は別室にいる彼女らのマスター…『総帥』に挨拶をしに行くためだ

行動を開始した少佐に曹長が続こうとしたとき、後ろから大尉に方を掴まれ止められた

「…総帥の所へ行く前に、身だしなみくらいは整えて行くんだな」

曹長の方を掴む反対の手は、自前の櫛(神姫サイズ)が握られていた

「自分たちは戦闘をメインコンセプトに作られた『武装神姫』であるが、それと同時に『女性』だ…自分ならば、軍服よりも優先して整えるのだがな…」

言いながら大尉は曹長のボサボサの髪に、静かに櫛を通し始めた

……どうやら、大尉はボサボサの髪を見逃せなかったらしい……







三人のいる部屋は、人間サイズの物が何一つ…クレイドル接続用のパソコン以外は…置いていない

つまり『神姫のために用意された部屋』なのだ

出入り口は人間用のドアと、小さな神姫用のドアの二つある

総帥の『こだわり』がそこかしこに見て取れた

三人は神姫用のドアから通路に出るとまっすぐ総帥の部屋へと向かった

『社長室』と書かれたプレートが下がっているドアの前に差し掛かるとき、反対側から歩いてくる小さな姿が二つあった

「今朝も定刻通りだな、B」

少佐が話しかけると、前方から近づく影の動きが止まった

「当たり前でしょ? 少佐だって変わらないじゃない。ねぇD?」

「…………」

向こうから聞こえてきたBと呼ばれた声の主はインカムを装着し、二本のおさげが揺れ、体にはピッチリしたボディスーツを着込んだヴァッフェバニー型だった

後ろでは、ヘアスタイルはポニーテールだがBと同じボディスーツを着込む、Dと呼ばれたヴァッフェドルフィン型が無言で頷いている

「…ま、何はともあれ…おはよう少佐」

「うむ・・・おはようB、そしてD」

互いに挨拶を交わした後、五人はドアの前に一列に並んだ

ここにもある神姫用のドアの前に少佐が一歩進み、ノックを三回する

「南十字隊少佐、α! 以下二名! 及び特殊部隊二名! 入ります!」

少佐の凛とした声が廊下に響いてから約二十秒後に、ドアの内側から「どうぞー」と高めの声が聞こえた

「失礼します」と少佐が一言断って入室すれば、そこは『社長室』というプレートに相応しくない洋風のダイニングルームだった

中央の広いテーブルにはトーストにミルク、サラダといった洋風の朝食があり、席に着いてそれを食べている人物こそ彼女たち五人のマスター…総帥である

腰まである栗色の長髪が背中あたりで大きく真っ赤なリボンで留められ、大人用の白衣は袖も裾も丈が余ってブカブカだった

イスに座っているのだが、足が床に届かず、所在のないつま先がブラブラと宙をさまよっている

たっぷりとバターを塗ったトーストをかじりながら、くりくりとした大きな目は部屋に入ってきた五人を見ている

……誰がどう見ても『総帥』や『社長』という呼び名に相応しくない子供である

しかし五人の神姫は横一列に並び、一糸乱れぬ挙動で敬礼をする

『お早う御座います! 総帥!』

五人の声がきれいに重なると、総帥はかじっていたトーストを皿に戻してにっこりと笑った
(実は、Dの声が聞ける数少ない機会だったりする)

「うん、おはようみんな」





この瞬間から、ミッシェル・サイエンスビル最上階にある高城家の一日は始まるのだった……











| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー