メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……なんか、改めて向き合うと緊張するもんだな」
「そうですわね」

 家に着き、俺とヒルダは自室で向かい合っていた。何故か正座で。
 ヒルダは居間に置かれている座卓の上に座りながらこちらを見上げていた。
 バイザー越しなので視線は感じ取れないが……ちょっとおびえているようにも見える。……無理もないか。自身の中の別人格を意識的に呼ぼうとしているんだから。
 しかしまあ、あれだ。こうやってにらめっこを続けていても埒が明かない。

「……ヒルダ、頼む」
「はい、ですわ」

 ヒルダがルナピエナガレットに手をかけ、ゆっくりと外す。
 こちらを見据えた蒼い目は瞬きをした瞬間に紫水晶へとその色を変えた。

「……あら。ワタクシを貴方自ら呼びだすなんて、めずらしいですわね」

 あきらかに居丈高な口調。そして高圧的な態度。
 間違いなく、「裏」のヒルダだ。

「さて、一体何の用ですの? ワタクシを呼び出したのですから、理由があっての事ですわよね? 筐体のなかでないのならリアルファイトですの?」
「別に戦うために呼び出したわけじゃないさ。茶飲み話ぐらい付き合ってくれ。お前は俺のパートナーなんだからな」

 ヒルダの物怖じしない態度にこちらも緊張が和らいだ。
 正座が馬鹿らしくなり、崩しながら答える。
 彼女は一瞬ぽかんとした。

「どういう風の吹きまわしですの?」
「……と言うと」
「戦いもないのにワタクシを呼び出すなんて、貴方らしくありませんわ」
「俺らしくないって……」

 そもそも俺が望んでこいつにバトルに出てもらったことは一度もないのだが。まあそれはいい。

「俺がお前の存在を認知してからまあ半月ぐらいたつわけだが、表のヒルダと会話をしたことはあっても、お前とは滅多に、いや、全く話す機会なんてなかったからな。バトル中のお前は俺の話を聞かないし」
「ワタクシを扱うに足らぬマスターの言うことなど聞く耳持ちませんわ」

 お前はあれか。高レベルか。ジムバッジが足らんのか。八つ目を手に入れないと言うことを聞いてくれないのか。

「それに。茶飲み話と言っておきながらお茶がないのはいかがなものですの?」
「……それもそうだな。淹れるか」
「ワタクシは紅茶がいいですわ」
「そんなハイカラなもん家にはねーよ」

 緑茶で我慢しろ。

◆◇◆

「意外と美味しいですわね。粗茶ですけど」
「やかましいわ」

 スーパーで買った一山いくらの茶葉でもうまく淹れればそこそこうまいものである。
 一人暮らしを始めて約半年、慣れれば美味い茶を淹れることなど造作もない。
 ヒルダは彼女用にと購入したプラスチックの湯呑を使って茶を啜る。

「……そう言えば神姫は飲み食いできるって愛に聞いてなんの疑いも持ってなかったが、いざ目の当たりにしてみると不思議だよな」
「一応、飲むことはできますわ。濾過されて冷却系に回されますの。固形物も摂取は可能ですが、色々と面倒なのであまりワタクシは好きではありませんわ」
「面倒、とは」
「分解に莫大なエネルギーが必要ですの。エネルギーを得るための行動にそれ以上のエネルギーをかけるのは不毛でしょう?」

 それは道理。もともとは人とのコミュニケーション用として考案された機能らしいからな。実用性は皆無だろう。

「食事が趣味って神姫の話を聞いたことがあるが」
「味を感じることはできますもの。ワタクシ達のAIは人間に近い思考をとりますから、美味しいモノを食べて嬉しいと感じるのは当然ですわ」
「そりゃそうだな」
「……さて、ごちそうさまですわ。戦いがないならワタクシはこれで」
「おいおいおいちょっと待てコラ」

 バイザーをはめてさっさと交代しようとするヒルダに俺は待ったをかける。

「何ですの?」
「茶を飲んだだけでもう変わる気かお前」
「……お代でも取る気ですの?」
「誰がそんなもん取るか」

 うちに勝手に来て菓子漁って帰るどっかの馬鹿はそろそろ警察に突き出してもいいとは思うが。いやそうじゃなくて。

「お茶を頂いた。話をした。茶飲み話という条件はこれでクリアしていますわ」
「お前についての話をしようと思ってるのにお前がいなくなってどうするんだよ」
「ワタクシの話ですの? 茶飲み話と言ったのはそちらでしょう?」
「言葉の綾だ。本当に茶だけ飲んでどうする」
「ではさっさと本題に移りなさいな。ワタクシ、回りくどいのは嫌いですわ」

 本題……ねえ。
 俺はため息をつく。
 いろいろ聞きたいことはあるが……とりあえず。

「お前はもう一人のヒルダの事を認識してるか?」
「もちろんですわ。彼女が表に出ているとき、私も意識はありますもの」
「……はっきりと意識があるのか?」
「いいえ。夢うつつといった感じですが」

 これは表のヒルダと一緒か。まあこの程度は予測範囲内だな。

「初めて起動した日がいつかわかるか?」
「二〇三七年十一月十三日ですわ」

 正解。つまり、表のヒルダが自我を持った瞬間、こいつも生まれたってことだ。……こりゃ単なるバグなんかじゃなさそうだな。

「初めて戦った相手は?」
「……さっきから何を言ってますの? 愛の持つアルトレーネに決まっているでしょう?」

 そう。愛にそそのかされてイーダ・ストラダーレ型を購入し、その場で起動させられてすぐにバトルにもつれ込んだのだ。
 バトル終盤、リーヴェの放ったゲイルスケイグルがヒルダの顔をかすめてバイザーが破損。そしてこいつは覚醒し、暴走した。
 あの時の愛の唖然とした顔は写真に収めて送りつけてやりたいほど貴重なものだったが、あいにくその筐体の向かい側で俺も同じ顔をしていたに違いない。
 そしてその時のリーヴェとヒルダの痴態の録画映像が、アングラで高値で取引されているとかいう噂を聞いたことがある。信じたくもない。
 ……次の質問はこれにするか。

「何でお前は戦う神姫全員にセクハラしやがるんだ。今日で被害数が二十を突破したぞ」
「敗者は勝者にとっての供物でしかありませんわ。それをワタクシがどうしようとワタクシの勝手でしょう?」
「相手の感情は無視かよ。それじゃ立派な強姦だろうが」
「敗者は地べたをはいずり回って泣くのがお似合いですわ」
「それはお前個人の考えだもんでとくに言及はしないが、地べたに押し倒して鳴かせるのはいかがなもんかと」
「あら、うまいこと言いますわね」
「褒められても全く嬉しくねーよ」

 そしてうまいこと言ったつもりでもねーよ。

「というかあれだ。何でセクハラばっかりしやがる」
「趣味ですわ」
「趣味て」
「他に大した趣味もありませんので」
「なんでだよ。探せばいくらでも見つかるだろうが」
「バトル以外で表に出ているのは『彼女』ですし」
「……それはそうだが」

 確かに、今日初めてバトル以外で俺はこいつを呼び出した(呼び出したこと自体が今日初めてだが)。そういう意味では、俺はこいつをヒルダという檻の中に閉じ込めていたともいえる。

「……まあ、確かに。それは悪かった」
「別にかまいませんわ。ワタクシとしては、勝つことさえできればよいのですから」
「正直なところ、それはどうかと思うが」
「何故ですの? 武装神姫は戦うために生まれた存在。戦うことに意義を見出し、勝つことで価値が生まれるものですわ」
「戦うことは確かにお前たちの根幹をなすものだろうが、武装神姫は元々人間のパートナーとして生み出されたもんだろう。それについてはどうなんだ」
「そんなもの、ワタクシの知ったことではありませんわ」
「おいおい……」

 つまり俺とコミュニケーションを取るつもりが皆無である、ということか。厄介な。

「なんでそんな俺を毛嫌いしくさる。神姫はマスターに対して絶対とはいわんが従うものなんじゃないのか」
「先ほどから申し上げています通り、ワタクシは貴方をマスターとして認識しておりませんので」

 認められてねーってか、くそったれ。
 まあ確かに、イーダ型の基本的な性格は高飛車なものだし、むしろヒルダの性格が本来のイーダ型のそれとずれていると言ってもいいから、元々こんなもんなのか?
 ……神姫オーナーとしての経験値が少ないせいか、よくわからん。

「じゃあどうすればお前は俺の言うことを聞くんだよ」
「未来永劫、ありえませんわ」
「歩み寄りの精神ぐらいみせろよ!」
「貴方がワタクシに適応なさいな」

 くっそ、プリインストールされた性格とは言え、腹が立つな。

「では、お話はすみましたね? ではこれで。次は戦いの場でお会いしましょう」
「あ。てめ! こら!」

 あわてて掴みかかったが、時すでに遅し。俺の右手のひらの中ではバイザーをつけたヒルダがびくりと肩を震わせて俺を見上げていた。

「マ……マス、ター?」
「……すまん、逃げられた」

 ため息をつき、ヒルダを離してやる。ヒルダは俺の剣幕に心底おびえていたようだが、呼吸を整える。

「……くそったれ」
「……結局、どうでした? あの……『彼女』は」
「全く話を聞かなかったよ。なんとかしてあいつの手綱を握る方法を考えなきゃな」

 茶をもう一杯淹れながら俺は呟く。ヒルダのにも淹れてやると、彼女がおそるおそる喋り出した。

「あの……マスター。差し出がましいようですが、提案があります」
「……提案?」
「はい。彼女に言うことを聞かせられるかもしれない方法です。かなり荒療治だとは思うのですが……」

 バイザー越しに見上げてくる彼女の視線は、どこか決意めいたものを感じた。
 俺はぐっ、と湯呑をあおると、彼女に言葉の続きを促した。

◆◇◆

「はああああああああっ!」
「くふっ、くふふふっ」

 翌日、俺たちはゲームセンターへと足を運んでいた。
 今回の対戦相手はリーヴェ。こちらから挑戦した形になる。
 開始三分ですでにバイザーは壊れ、裏のヒルダが表出してリーヴェに襲いかかっていた。
 ……まあ、今回は想定の範囲内なんだが。
 一応、こちらから指示を出しているものの、ヒルダは全く従う気配がない。それでもその一挙手一投足は着実にリーヴェを追い詰めていく。

「く……流石ヒルダちゃん、間近で見れば見るほど感じるすさまじいまでの戦闘センスですよー!」
「御褒めにあずかり光栄ですわ。再び貴女を這いつくばらせて差し上げます!」

 下から打ち上げられるエアロチャクラムを副腕に搭載したシールドで打ち払い、リーヴェは距離を置く。させじと突出するヒルダ。
 しかしヒルダが自らの間合いにリーヴェを捉える前に、リーヴェはすでにシールドと大剣ジークリンデの柄の結合を終えていた。
 シールドが展開。内部からエネルギーの刃があふれ出すと同時に、リーヴェはそれを投擲する――!

「――【ゲイルスケイグル】!」

 副腕から豪速で放たれた槍は一直線にヒルダへと向かった。極至近距離で放たれたそれをヒルダは避けきるすべがない。

「!!」
「――くふふっ」

 しかしそれをヒルダは素体にあたらないレベルの挙動で避けた。左のエアロチャクラムが接続パーツごと千切れ飛んだが、ヒルダの突進自体は止まらない。
 ヒルダは右手首の袖を展開。リーヴェにアイアンクローを叩きこんだ。
 途端にリーヴェの膝から力が抜け、地についてしまう。

「し、しま―っ」
「くふふふふっ。それでは頂きますわ――?」

ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!
――Surrender B side. Winner Liebe.

 いつものように鳴り響いたサレンダー。
 しかし、それによってジャッジシステムが告げた勝者の名はヒルダではなく。

「――え――」

 ヒルダの身体が一瞬にして0と1へと分解され、空へと還っていく。
 リーヴェはそれを見送り、呟いた。

「幸人ちゃん、ヒルダちゃんは手ごわいのですよー。頑張ってくださいねー」

◆◇◆

「……これでよかったわけ? 本当に」

 向こう側の筐体でリーヴェを回収しながら愛は言った。

「大丈夫だろう。ヴァーチャル空間で裏ヒルダが現れても、ゲームが終わればその意識は自動的に封じられる。あとは根競べだ」

 俺はヒルダを胸ポケットに入れて答える。

「ヒルダ、もう一人のお前の事何かわかるか?」
「……多分ですけど、すごい怒ってます」

 だろうな。だけどこっちもそれが目的だし。
 勝つことを至上とし、固執する裏ヒルダに手綱をつけるには、そのプライドを叩きつぶすほかない。
 そのための方法としてヒルダが提案したのは、裏ヒルダが暴走しそうになった瞬間、俺がサレンダースイッチを押すことだった。
 ……行き過ぎて暴走しないよう、調整は要るだろうが。
 ヒルダの勝率も落ちるし、俺自身にはデメリットしかないが他に方法も思いつかない。行き当たりばったりの作戦であることはわかっているが……。
 あれだ。裏ヒルダの手綱を握るための先行投資だと思おう。普通に勝つなら勝たせてやればいいんだし。

「さて、これが吉とでるか、凶とでるか……」

 俺はため息をついて、再び筐体の前に座った。
 幸い、対戦相手に関しては断った面子にこちらからメールを送ることで事欠かない。
 もちろんこちらの作戦に関しては伝えて了承を取ってある。
 あとは裏ヒルダが折れてくれるのを待つだけだ。
 俺はそう思いながらヒルダをエントリーポッドへと送りこんだ。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー