メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5匹目 『 Are you ready ? 』




城尊公園。

過去に一度だけマスターと散歩に来たことのあるその場所は、どこか寂しさを漂わせる場所だった。

だだっ広い丘をぐるりと散歩コースが囲み、さらにその周りを雑木が囲む、ごく普通の公園。

昼間からマスターと一緒に出かけたということは、その日は日曜日だったのだろう、けれど思い出される風景には、あまり人がいなかった。

すっかり色褪せてしまっている木造のフィールドアスレチック。

人の代わりに落ち葉が横たわるベンチ。

時折すれ違う人達は、胸ポケットに入った 『 人 形 』 と話をするマスターを訝しんでいた。

緑に溢れた景色が灰色に見えたのは、空が厚い雲に覆われていたことだけが原因ではなかったと思う。

城尊公園のいちばん高い場所、二階建ての簡素な造りの望楼からは、随分と遠くまで見渡すことができた。

欄干に座った私の隣で、マスターが一方を指差した。

その先に、私達が住む寮が小さく見えた。

この時は起動してひと月も経っておらず、普段外を出歩くことも少ない私は、その場所に住んでいるという実感を持てなかった。

マスターが住んでいる町ならば、私も好きになろうとして。

その時の私には、どうしてもそれができなかった。

そして今、再び同じ場所から町を見下ろしている。

午前二時を回ったくらいだろうか。

人の姿は当然無く、虫達の雑多な鳴き声と葉擦れの音だけが聞こえてくる。

多くもなく少なくもない夜空に灯る星々と、ぽつんと浮かぶ薄い弧を描く月は、電灯の少ない城尊公園の遊歩道を微かに照らしている。

眼下に散りばめられているのは蛍光灯の明かりと、それらに照らされた建物の輪郭。

マスターは今、どんな夢を見ているのだろう。

スカートの影に足が沈んでしまいそうな不安を覚え、頭の中でマスターの姿を思い描いた。

マスターには、今日のことを話していない。

不要な心配をかけたくなかった。

昼間のうちに睡眠をとり、夜、マスターが布団に潜って寝息が聞こえてきた頃に装備を整え、寮を抜け出した。

頑丈に私の頭を守るヘルメット、出力・精度共に申し分のないアーム、武器にも防具にもなるスカート、脚力を大幅に上昇させるレッグ、そして取り回しやすい盾と、長さの異なる二振りの剣。

どれもアルトレーネ型の標準的な武装で、私の身体によく馴染む。

けれど、これらの武装も、私を不安から守ってくれる鎧にはならなかった。

目を凝らしてみたけれど。

マスターが眠っている寮は、影になっていて見えなかった。

「マスターが恋しいにゃ?」

マスターに心配をかけたくない、なんて強がってみても、臆病な私はマスターの側にいたかった。

マスターが恋しい。

私がオーナーを慕うよう作られた神姫でなかったら、こんなに苦しい思いをしなくても済むのだろうか。

もしも、私が神姫ではなく人間として生まれ、人間としてマスターの前に立ったら、私はマスターを好きになるのだろうか。

もしも、私が神姫ではなく人間として生まれ、人間としてマスターの前に立ったら、マスターは私を好きになってくれるのだろうか。

マスターがくれた 【アマティ】 という名前。

有名なヴァイオリン製作者の一族から借りた名前という。

けれどそれよりも、日本の神様 【アマテラスオオミカミ】 に響きが似ているから選んだ、とも言っていた。

私には大仰すぎる名前。

私が、私であるための名前。

「心配するにゃ。 コトが終わればオマエは用済みにゃ。 けど――」

遠く離れていても、声が聞こえなくても、私はマスターの神姫だ。

それ以上でも、それ以下でもない。

だから、私は。

「すべてが終わった後、オマエが五体満足でいられるという保証はできにゃいけどにゃ」

一秒でも早くこの疫病神を倒して、マスターの元に帰るんだ。













| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー