メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




 戦場で神姫達が戦っている。
 大地の上で迎え撃つのは黒いストラーフ。
 蒼空を背負って挑むのは白い飛鳥。

「行け、アイゼン!!」

 少年の声に答え、悪魔型が銃を乱射する。

「頑張れ、かわせ!! お前ならできる!!」

 北斗の声が飛鳥を加速させる。
 が。
 その直後に被弾。
 アッサリ墜落した。



アスカ・シンカロン16

~進化~




「ま、こんなモンでしょ」
「……らくしょー」

 やる気無さ気に、けだるそうな返答を返すストラーフ、アイゼン。

「うぅぅ……」

 敗北と、それに伴う賭けの代価(ジュース全員分)に膝を突く北斗。

「全く。島田の神姫は強いって分ってたでしょ? アンタが勝てる訳ないじゃない……」

 背後には、予測済みだと言わんばかりの夜宵が苦笑する。

「こいつはただの神姫じゃ無ぇ!! 勝ち目は充分あったはずなんだ!!」
「またロクでもない戯言を……」

 はぁ、と溜息を吐く夜宵。

「全くだよ、北斗ちゃんは何時でも根拠の無い自信に満ち溢れているんだから……」

 その隣に、瓜二つの容姿の少女。明日香。

「だ、だけど。アソコで爆弾が直撃していれば!!」
「島田くんは、ずっとそれを待っていたんだよ」
「最初から最後まで読まれてんのよ、アンタの手の内」
「そんな、馬鹿な……」

 項垂れる北斗の頭に飛んで来た飛鳥が腰をかける。

「全く、格の違いも分らんと。猪突猛進に突撃ばかり指示されても負えんわ」
「うぐぅ、お前まで!?」
「……ま、元気出せ肉達磨」
「誰が肉達磨だ!!」

 アイゼンの慰め(?)に激高する北斗。

「吠えるな、暑苦しい」

 すかさず頭上の飛鳥がゲンコツ(神姫とは思えない威力付与)で北斗を黙らせる。

「北斗ちゃん、大人気無いんだよ」
「神姫相手に本気で怒って如何するのよ?」
「……そうやってヨユー見せてると、網にかかった魚も逃げちゃうと思う。
 ……特にコイツは網にかかっている自覚ないし」
「うっ」
「痛い所を突かれたんだよ」

 北斗からすれば意味不明なアイゼンの言に、同時に顔を顰める双子。

「けどまぁ、いざとなったら北斗ちゃんは如何にかしてくれるんだよ」
「そこは心配してないんだけどね」
「「あはははは」」

 つい最近まで沈みがちだった筈なのだが、
 何がどう吹っ切れたのか、双子は今日も絶好調だ。

「あれ等は何時でもああじゃな。おぬしの苦労が忍ばれるわ」
「ホント、おかしな子だよね。キミ」

 彼の記憶では、北斗と双子の関係が変わり始めたのは、この飛鳥を購入してからだ。
 何処と無くおかしな部分のある神姫だが、双子がらみの件がこの神姫を契機に改善されたのであれば、この際『記憶に整合の付かない部分がある』事など放置してもいいかと思う。

 神凪北斗が神姫を買うのであれば、もっと以前に買っているはずだとか。
 事前に相談されない筈も無く、そうなれば自分は飛鳥など勧めないはずだという事とか。
 そして何より、アスカと言う名前の神姫を、明日香という幼馴染の居る北斗が買うと言うのはどう考えてもおかしい。
 …とか。

「でもまぁ実際、ちょっと調べてみた位じゃ何も出そうにないしね」
「あまり細かい事を気にするでないぞ、少年」
「相変わらず偉そうな奴だね、ホント」
「そらそうじゃろう、なぁ北斗?」
「まぁなにせ」

 苦笑する悪友に、ようやく立ち上がった北斗が言った。

「……コイツは神様だからな」

 と。


 結局の所、双子にはあのIFの歴史の記憶が無い。
 本来ならば北斗にもその記憶は残らない筈だった。
 だが北斗は自分達に助力をしてくれた存在を忘却の彼方に追いやりたくは無く。
 結果として神と同居する事を願いとした。

 単にお礼の一つも言ってお供え物をする為に。

「北斗。次はタッグで出ようよ」
「おうよ、行くぞ秦歌(シンカ)」
「良かろう」

 ニヤリと笑って、飛鳥が箒を肩に担ぐ。

「さて北斗。存分に楽しむとしようではないか」
「おうよ!!」

 そういう訳で、今でもこの神様は飛鳥の中に居る。


 了。






 以上となります。
 後はまぁ小ネタを一つ位用意するつもりです。

 ご意見、ご感想、質問など御座いましたら是非どうぞ。

 ALCでした。










-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー