メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 闇夜に咲く白い影が一対。
 飛鳥とストラーフ。
 その小さな背に北斗の巨体を庇うように、片腕の無い飛鳥がそこに居た。



アスカ・シンカロン13

~唇乎~




「お前……」

 今日の戦いの後、クレイドルで眠りについていた筈だ。
 起こさなかったのだし、神姫ならば充電も終わらぬうちに勝手に起きる筈も無い。
 だが、彼女はここにいる。

「私は多分。このときの為にここに居るんだと思うから……」
「……」

 ソレがどちらなのか。
 まだ北斗の中で結論は出ない。
 でも。

(どっちがどっちなのか。当てなきゃダメなのか?)

 ソレが最後の鍵なんだろうか?
 どちらなのか、という問いかけは既に無意味。
 神姫は明日香を名乗り。
 少女は夜宵を名乗った。
 真偽は定かでなく。
 知っていた筈の彼女たちの事が分らなくなる。

「……邪魔をスル。ヤツの差し金カ」

 悪魔の正体なのか、耳障りな金属音すら混じり始めた声で白いストラーフが怨嗟を上げる。

「……最初かラ。お前が素直に死んでいれバ。……こんな面倒ナ事をしないでも済んだのニ」
「私は。北斗が選んでくれたらそれでいいんだよ。……北斗ちゃんの選択が一番大事だって事だから!!」

 目の前の神姫は、明日香とも夜宵ともつかない。

「……私は、どっち?」

 腕の中の少女は、明日香とも夜宵ともつかない。

 考えろ。
 思い出せ。
 ヒントは何処かにある筈だ。
 俺が気付けるヒントは、もう出ている筈なんだ。

「同じだヨ。お前を壊せバ同じ事ダ!!」
「私は死なないし、北斗ちゃんも殺させない!! 北斗は私の一番大事な人なんだよ!!」

 剣と爪が交錯する。

「敵うと思っているのカ、人間如きガ。この私ニ!!」
「……北斗が居てくれるなら、私に不可能は無いんだよ!!」

 ストラーフの顔面を、飛鳥が着陸脚で蹴り飛ばす。
 バイザーとレッグの双方が砕け、部品を撒き散らして四散する。

「……ねぇ、北斗ちゃん。……私は、どっち……」

 思い出せ。

  何を。

 悪魔は信じてはいけない。
 神には頼ってはいけない。
 幼馴染は優しい嘘をつく。

  だけど。
  今必要なのは。
  痛くても辛くても良い。
  真実だ。

(……本当はさ。弥涼姉が死んだ時点で、妹も死ぬと思ってたんだよね、僕は……)

 つまり、片方死ぬと。
 両方死ぬ。

(少なくとも、妹(カタホウ)だけ無事に残る可能性は、ゼロだと思ってた)

 少なくとも。
 無事には残らない。

(でも、現に姉だけ死んで妹が生きてる。……そのバランスを取る為に神姫を受け皿にした……)

 バランス?
 何の?

(明日香は夜宵で、夜宵は明日香だよ)

 もう認めるしかない。

 明日香は夜宵で。
 夜宵は明日香だ。

 明日香=夜宵。
 明日香→夜宵でも、夜宵→明日香でもない。

 そう、近似ではないのだ。
 似ている訳ではなく……。
 この双子は、お互いを完璧に演じきれる。
 だが、100%完璧な演技は最早演技ではない。
 演技とは、完全でないから演技なのだ。
 素でそうではないから演じるのだ。

 だったら。

 ソレが結論だ。


 この双子は完全に100%互いを演じれる。
 完全に演じられるということは。
 演じるまでも無く『そう』だと言う事。
 それが可能で有ると仮定せねば最早説明がつかない。
 それが、できるのだ。

 できる事を、しなかった筈が、無い。

「わかったよ。お前ら本当は “区別が無い” んだな」
「……ぁ」

 腕の中で、微かに少女が反応した。

「明日香は夜宵で、夜宵は明日香だ。……何の事は無い、こんな事件が起きるよりずっと前に、あいつは俺にヒントをくれてたんじゃねぇか」

 弥涼、もしくは双子と呼び、決して『名前』で区別しなかった友人。

「お互いがお互いを演じ切れるなら、互いを使い分けられるんだ。お前らは好きな時に明日香になり、夜宵になれる」
 片方が死ぬ前は記憶だって共有していた筈だ。
 でなければ人格は同じにならない。

 思い出せ。

(「ん~、あ~。北斗?」)

 最初に飛鳥が目覚めた時、『北斗』と呼んでいた事を。

 思い出せ。

(「おまえ、まさか。明日香、なのか?」)

 こちらが『明日香』だと限定したから。飛鳥は明日香になったんだ。

「……俺が決めてたんだな……。今までもずっと。お前らがどちらなのか。俺の反応に合わせて、使い分けてたんだな……」
「……」

 たとえば。
 常に互いの変化を察知できる双子が居た場合。
 片方が見聞きしたことが、もう片方にも伝わる場合。
 量子で結ばれた双子は。
 最早双子ではない。
 二つの身体を持つ一人の人間だ。
 だから。

 彼女たちは自分の中に無い『個』を外側に求めた。

 それが。

 結論。

 明日香/夜宵は、二つの身体に一つの人格と記憶を持った個人だった。








 一応この双子の事はオカルトではなく、SF的に説明できます。
 長くなるので興味のある人は『双子の量子論』とかググって見るのも良いかも。

 分りやすく説明するなら。
 オンラインゲームを遊んでいるプレイヤーを想像すると良いかもです。

 ゲームの中が、現実。
 使うキャラクターが、人間。
 プレイヤーが、精神とか意思とか。

 弥涼姉妹の場合。一人のプレイヤーが二台のパソコンから同時にログインして、
 二人のキャラクターを同時に操作しているとお考え下さい。
 この二人のキャラクターは外見からパラメータまで完全同性能です。 

 他のキャラから見ればこの二人は単なる同性能キャラですが……。

 さて、もしこのゲームに相手の名前を表示する機能が無かったら?
 キャラの識別を視覚や聴覚だけで行わなければいけない場合……。
 はたして貴方ならこの二人のキャラの区別が付くでしょうか?
 つける必要を感じるでしょうか?

 …という少し哲学なお話でした。

 多分ドン引きされていると思うけどもう止まらない。
 あと三話でエンディングです。



 これが終わったら中断してる神姫SSを書く作業に戻ります。
 書き始めてからニ、三話名乗るの忘れてて今さら言い出しづらいALCでした。






































-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー